新居や転居は運気を高める最大のチャンス

「不運が続く」と嘆く人たちの家相を拝見すると、間取りが凶相のうえに、そこへ引っ越してきた時期と方位も悪かったというケースが少なくありません。風水家相学では、自然界の気を十分取り入れられる住まいを吉相、逆に気が滞るような住まいを凶相と考えます。

一方の時期と方位の吉凶は毎年変わりますし、その人の「本命星」によっても異なってきます。どんなに環境がよくても、便利でも、そのようなことを知らずに転居すると、病気や事故、倒産、失業など、さまざまなトラブルを招いてしまいます。

新築や転居を計画されている方のために、よい時期と方位の見方、土地やマンションの選び方、設計するときの注意点などをわかりやすく解説し、金運、仕事運、健康運、恋愛・結婚運など、願い事別の転居方位や家相の見方についても紹介してあります。ただし、分譲住宅やマンションの場合は、現代の住宅事情から100%吉相の住まいを求めることはまず不可能です。

そのため、トイレやキッチン、浴室、玄関などの気を乱しやすいところに問題がなければ吉相とみなします。また、方位と時期は、今は悪くてもやがては自分にとって吉となる年が巡ってきます。新築・転居するときは、不運を断ち切り、運気を高めるチャンスです。家相、方位、時期のどれもができるだけ吉になる住まいを選んで、開運を図ってください。

投稿日:2020-06-25 更新日:

執筆者: