糖質カットマニア

より健康になるための糖質カット作戦

炭水化物

炭水化物 なし でも健康を維持できる

投稿日:2022年6月30日 更新日:

炭水化物 なし でも健康を維持できるという情報をお届けします。ダイエットには炭水化物を抜くという方法が一番手っ取り早いことは誰もが知っています。3食のうちご飯だけを抜いておかずだけ食べていれば通常1~2週間でかなり体重は落とせるはずです。しかし、それが体にどういった悪影響を及ぼすのかが心配だという人も多いはずです。糖質カットを行うことで体への悪影響はないのか、健康に影響がないのか正しい情報をお届けします。

炭水化物 なし でも健康への害はない

炭水化物 なし

炭水化物 なし

結論から言うと炭水化物は摂らなくても体には影響ありません。だから心配しなくて大丈夫です。私たちが毎日食べている米飯やパン、うどん、パスタなどの炭水化物。これらの「主食」を控えれば、肥満や糖尿病などさまざまな生活習慣病が予防・改善できることがわかっています。よく言われますが現代人は食べ過ぎという現代型栄養失調症状態にあるのです。昔の人のように長時間、歩いたり、力仕事をしていた時代には炭水化物が代謝されてエネルギーとして利用されましたが、現代人には、有り余るエネルギーでこの余ったエネルギーが逆に悪さをして病気を招いたり、肥満の原因になったりするのです。
江部康二医師の京都・高雄病院では10年以上糖尿病患者さんの治療に糖質制限食を治療に取り入れています。

たんぱく質や脂質からブドウ糖ができる 炭水化物 なし でも大丈夫

栄養素の中でも「たんぱく質」「脂質」「糖質(炭水化物)」は3大栄養素といわれ、必ず摂らなければならないとされています。さらに、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」によると、たんぱく質は15〜20 % 、脂質は20〜25 % 、炭水化物は50〜60 % の割合で摂取すると、メタボが予防でき健康が保てるとしています。これを見る限り、最も重要とされているのは炭水化物です。しかし、それほど糖質(炭水化物) は必要なものなのでしょうか。それぞれの栄養素の働きを見ていくと、必ずしもそうでないことがよくわかります。

たんぱく質は筋肉や骨、内臓、血液、皮膚、髪の毛、爪などあらゆる部位の構成成分です。食事から摂ったたんぱく質は、体内で消化・分解されてアミノ酸やペプチドとなって肝臓に送られ、血流に乗って全身に運ばれます。

人体のたんぱく質を構成するアミノ酸は約20種類。そのうち体内でつくれない「必須アミノ酸」は9種類あり、それ以外は体内で合成することができます。

私たちの細胞は常に新しい細胞と入れ替わっていますから、たんぱく質が不足すると新陳代謝が悪くなり、若さを保つための機能も低下してしまいます。

また、ホルモンや酵素のほか、神経伝達物質、免疫物質などの原料としても欠かせない栄養素といえます。

脂質は、肥満の原因と悪者にされがちですが、効率の良いエネルギー源であり、細胞膜の成分となって細胞を守っています。また、ホルモンや赤血球のヘモグロビン、胆汁酸などの原料にもなり、生命活動に欠かせない物質です。
コレステロール 脂質とは

さらに、血管を柔軟にして動脈硬化の予防にも役立っているほか、体温を維持したり、臓器を体外からの衝撃から守るクッションの役目も果たしています。脂質も、たんぱく質と同様に健康維持に欠かせない「必須脂肪酸」があり、不足すると血管がもろくなったり免疫力が低下したりします。

これらに対して糖質(炭水化物) は、体内でブドウ糖に分解され、エネルギー源として利用されているだけです。その証拠に、必須アミノ酸や必須脂肪酸のような、必須糖質はありません。なぜなら、糖質がなくてもたんぱくや脂質からブドウ糖をつくることができ、十分にエネルギー源になりうるからです。

したがって、脳にもしっかりブドウ糖を供給できるのです。
炭水化物 なし は健康面で危険ではないか、という質問は多くの場面で非常に多い質問のひとつですが、1ミリリットルの血液中の血糖値×血液量で計算すると、成人が1 日に必要な糖質量はだいたい 4g程度。どんな食材にも微量の糖質が含まれていることを考慮して、1日に4gの糖質を摂っていれば、生命活動に何ら問題は生じないことが確認できています。

もし炭水化物を食べ過ぎてしまったときには 糖質カット酵母 パクパク酵母くん があれば大丈夫。

-炭水化物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした