風水家相を知る

部屋の色も運勢を左右する

投稿日:2018-02-12 更新日:

色は人の心とからだに働きかける

「カラーセラピー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
色が私たち人間に与える影響があきらかになってきて、カラーセラピーが話題になることも増えました。さまざまな色がありますが、その色にはそれぞれのパワーがあり、私たちの心とからだに働きかけるのです。このことから、住まいの色についても参考にして、取り入れていくとよいです。

例えば、「部屋の西側には黄色があるとよい」といわれていますが、だからといって、部屋全体を黄色にしてしまうのはよくありません。黄色は元気が出る色ですが、住まいは心やからだを休ませる場所なので、黄色だらけだと気持ちが落ち着かなくなってしまいます。

インテリアのカラーを考えるときには、どれだけ暮らしやすい空間になるのかが基本です。各部屋ごとの用途を考え、壁やカーテンなどの色を選びましょう。

基本色とラッキーカラーについて

私たちには、誰にでも「基本色」というものがあります。この基本色は、その人が最も落ち着ける色で、住まいに取り入れることで運気がより安定します。そして、もうひとつ、幸運を呼び込んだり、欠点を抑えて長所を伸ばしてくれる「ラッキーカラー」があります。このふたつは、本命星ごとに決まっているものです。

部屋の色を考えるときのポイントは、その部屋の用途に合った色と基本色、そしてラッキーカラーをうまく組み合わせることです。壁や床、カーテンといった面積の広い場所には、原色などの強い色を避けたほうがよいでしょう。また、部屋のアクセントには、個性の強い色を選ぶのもよいです。

本命星ごとの基本色とラッキーカラー

  • 一白水星(いっぱくすいせい)
    【基本色】白、銀、青【ラッキーカラー】緑
  • 二黒土星(じこくどせい)
    【基本色】黒、黄、茶【ラッキーカラー】赤、橙、金
  • 三碧木星(さんぺきもくせい)
    【基本色】青、緑【ラッキーカラー】薄紫、赤、橙
  • 四緑木星(しろくもくせい)
    【基本色】緑、青【ラッキーカラー】黄、白、赤
  • 五黄土星(ごおうどせい)
    【基本色】黄、茶【ラッキーカラー】金、青、橙
  • 六白金星(ろっぱくきんせい)
    【基本色】金、白、銀【ラッキーカラー】青、紫
  • 七赤金星(しちせききんせい)
    【基本色】金、赤【ラッキーカラー】アイボリー、緑
  • 八白土星(はっぱくどせい)
    【基本色】黄、茶、白【ラッキーカラー】濃赤、青、金
  • 九紫火星(きゅうしかせい)
    【基本色】紫【ラッキーカラー】ライトブルー、橙

-風水家相を知る

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

方位と時期を重視する風水家相術

方位がもつ運気の意味や作用(東、東南)

家相をみるときの基本になる八方位には、八卦(はっけ)の坎(かん)、艮(ごん)、震(しん)、巽(そん)、離(り)、坤(こん)、兌(だ)、乾(けん)が当てはめられていて、それぞれの方位や八卦は運気に作用し …

方位と時期を重視する風水家相術

方位がもつ運気の意味や作用(北、北東)

家相をみるときの基本になる八方位には、八卦(はっけ)の坎(かん)、艮(ごん)、震(しん)、巽(そん)、離(り)、坤(こん)、兌(だ)、乾(けん)が当てはめられていて、それぞれの方位や八卦は運気に作用し …

住まいの中心である宅心を求める

住まいの中心である宅心を求める

正しい宅心で正確な吉凶を判断する 住宅の吉凶を見るときは、まずはじめに、住まいの中心である宅心(たくしん)を定めます。宅心とは、住まいの四隅から2本の対角線を引いて交差する点です。 家相というのは宅心 …

方位と時期を重視する風水家相術

八方位と二十四山方位

家相を詳しくみるには二十四山方位を用いる 北・東・南・西・北東・東南・南西・西北の八方位は家相をみるときの基本になります。そして、この各方位には、八卦(はっけ、はっか)といわれる坎(かん)、震(しん) …

張りと欠けは住まいの吉凶に影響する

張りと欠けは住まいの吉凶に影響する

張りは吉に作用、欠けは凶に作用する 住まいの張り出している部分を「張り」、引っ込んでいる部分を「欠け」といいますが、この「張り」と「欠け」は、住まいの吉凶に大きな影響を及ぼします。 基本的に張りは運気 …