風水家相を知る

方位がもつ運気の意味や作用(南、南西)

投稿日:

家相をみるときの基本になる八方位には、八卦(はっけ)の坎(かん)、艮(ごん)、震(しん)、巽(そん)、離(り)、坤(こん)、兌(だ)、乾(けん)が当てはめられていて、それぞれの方位や八卦は運気に作用します。

南(離)は出世運や成功運を左右する

「離」(り)は燃えさかる火を意味していて、四方八方へ燃え広がる火のように強いエネルギーで、運気が最高潮に達することを示しています。
南は1日でいうと真昼で、季節では真夏に当たり、太陽のエネルギーが最も強まる頃をあらわします。このように、南は強い陽気の影響を受け、すべてのものが頂点に達する方位です。名声や地位、権威などの意味ももっていますが、陽の世界から陰の世界へ移行する分岐点でもあります。
芸術面での才能の開花に大きな影響を与えたり、目上の人からの引き立てを受けるという運気を秘めているので、家相では、出世運や成功運、地位や名誉運をみます。

南(離)の吉の作用

  • 心豊かで落ち着いた生活を送れる。
  • 周囲の人の援助で、実力以上の仕事ができる。
  • 美的感覚に優れ、芸術的な才能を発揮できる。
  • 目上の人から引き立てを受け、地位や名誉に恵まれる。

南(離)の凶の作用

  • 感情がうまくコントロールできず、精神的に不安定になりやすい。
  • 自己中心的で、周りから非難されたり疎外されたりする。
  • 虚栄心が強く、実力以上の仕事に手を出して失敗する。
  • 名誉を傷つけられるようなトラブルに巻き込まれる。

南西(坤)は主婦に影響を与え、家庭運を左右する

「坤」(こん)という文字は土と申から成り立っていて、万物をはぐくむ大地を意味しています。
南西は、1日でいうと午後2時~4時くらいの太陽が西に傾き始めた頃で、季節では残暑が厳しいときに当たり、熱気が強いためひと休みしたいときを示します。昔のような旺盛なエネルギーはないとしても円熟味が増し、陽気はピークを過ぎても、穀物を実らせる運気を秘めています。
陽の気から陰の気への変化期に当たり、東北の鬼門に対して「裏鬼門」と呼ばれ、昔から恐れられてきた方位です。おもに家庭運を司り、一家の主婦に大きく影響を与えます。

南西(坤)の吉の作用

  • 家族全員が健康に恵まれ、経済的にも安定した生活を送る。
  • 一家の主婦が働き者で、堅実な家庭を築くことができる。
  • 一家の主人がまじめで、子供は優しい性格に育つ。
  • 嫁姑の仲が良く、いつも家庭が明るい。

南西(坤)の凶の作用

  • 女性が健康に恵まれず、婦人病や胃腸病などにかかりやすい。
  • 嫁姑の仲が悪く、ケンカが絶えない。
  • 一家の主婦が外出しがちで、家族のコミュニケーションがとれない。
  • 土地や家屋の取得など、不動産に縁がない。

-風水家相を知る

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

住まいの中心である宅心を求める

住まいの中心である宅心を求める

正しい宅心で正確な吉凶を判断する 住宅の吉凶を見るときは、まずはじめに、住まいの中心である宅心(たくしん)を定めます。宅心とは、住まいの四隅から2本の対角線を引いて交差する点です。 家相というのは宅心 …

方位と時期を重視する風水家相術

吉凶の作用が強く現れる方位

北と南は神聖な方位 東、西、南、北、北東、南西、東南、西北の八方位にはそれぞれに特徴があるのですが、北と南は、特に神聖な場所だとされています。 北は新しい1年が生まれる方位で、陰(いん)の気が極まり、 …

方位と時期を重視する風水家相術

方位がもつ運気の意味や作用(東、東南)

家相をみるときの基本になる八方位には、八卦(はっけ)の坎(かん)、艮(ごん)、震(しん)、巽(そん)、離(り)、坤(こん)、兌(だ)、乾(けん)が当てはめられていて、それぞれの方位や八卦は運気に作用し …

張りと欠けは住まいの吉凶に影響する

張りと欠けは住まいの吉凶に影響する

張りは吉に作用、欠けは凶に作用する 住まいの張り出している部分を「張り」、引っ込んでいる部分を「欠け」といいますが、この「張り」と「欠け」は、住まいの吉凶に大きな影響を及ぼします。 基本的に張りは運気 …

方位と時期を重視する風水家相術

方位がもつ運気の意味や作用(西、西北)

家相をみるときの基本になる八方位には、八卦(はっけ)の坎(かん)、艮(ごん)、震(しん)、巽(そん)、離(り)、坤(こん)、兌(だ)、乾(けん)が当てはめられていて、それぞれの方位や八卦は運気に作用し …