新築・引っ越しの際の吉凶について

九星と方位

投稿日:2018-01-07 更新日:

本命星のもつ気が運勢を支配する

私たちのまわりには、目には見えない「気」というエネルギーがあります。この「気」は宇宙中に充満していて、すべてのものを育成する大気のことです。季節の変化やさまざまな生物の盛衰なども「気」によって支配されています。私たち人間はこの気の中で生きていて、一生を過ごします。例えば、元気や病気、勇気といった言葉があるように、気は私たちの心や体までをも支配しているといっても、過言ではありません。

九星というのは、この自然界の気を分類したものであり、9つの星それぞれに、数字と色、星の名が入っています。一白水星(いっぱくすいせい)、二黒土星(じこくどせい)、三碧木星(さんぺきもくせい)、四緑木星(しろくもくせい)、五黄土星(ごおうどせい)、六白金星(ろっぱくきんせい)、七赤金星(しちせききんせい)、八白土星(はっぱくどせい)、九紫火星(きゅうしかせい)というふうに名前がつけられています。

この9つの星は、東、西、南、北、東北、南西、東南、西北の八方位とこれらの中央に配置されていて、中央から始まって、西北、西、東北、南、北、南西、東、東南の順番に毎年移動して、9年で一巡することになります。白、黒、碧、緑、黄、赤、紫という色については、それぞれが季節や自然界を象徴しています。また、水、土、木、金、火というのは『気』の性質をあらわしたもので、宇宙にあるもの全てが、これら5つの気によって成立しているという「五行説」(ごぎょうせつ)の思想に基づいているのです。

そして、中央の位置に巡ってきた星がその年の気を支配して、自然界にさまざまな現象をもたらすことになります。

私たちがもって生まれた性格や運勢も、こうした星の影響を受けています。例えば、中央の位置に五黄土星の星が入っている年に生まれた人は、五黄土星の性質と運気をもち、生涯その本質が変わることはないのです。このように、生まれた年に中央に入っている星が、その人にとっての本命星(ほんめいぼし)ということになります。

-新築・引っ越しの際の吉凶について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家の建て直しの際に注意すること

家の建て直しの際に注意すること

仮住まいも吉方位がよい いま住んでいる家が老朽化したとか、家族が増えて狭くなったから建て直すということになると、工事が完了するまで、ほかの場所に仮住まいをすることになるでしょう。そこで、工事が3ヵ月以 …

方位と時期を重視する風水家相術

方位と時期を重視する風水家相術

住まいが変わると運勢も変わる? 家を新築したり新しい土地に転居したら、家族が病気になった、順調だった仕事が急にうまくいかなくなった、思いがけない事故にあってしまった、など不運に見舞われた例はいくつもあ …

方位と時期を重視する風水家相術

吉方位と凶方位を調べる際に注意すること

基本は家族の中心人物 新築や引っ越しをするときには、本命星を見て、幸運を招く方位と時期を調べます。引っ越しをするのが単身者だったら、もちろんその人だけの本命星を見て方位や時期を決めれば良いことになりま …

願いを叶える

願いを叶えるための転居方位や時期

家族が健康で暮らせるために 大切な家族のなかに病気がちな人がいるという場合は、その人の吉方位が東や東南にあたる年に転居するとよいです。東や東南の方位への転居は、家族全員の健康運を高めたいときにも効果的 …