パワーチップでドライアイが翌日には改善

ドライバーという仕事は連日強い日差しの中で運転する

「新パワーチップでドライアイが治まり、安心して車を運転できるようになったのが、何よりもうれしいです」そう話すのは、山梨県甲府市に住むNさん(46歳)。Nさんは、建築現場へ資材を運ぶトラックの運転手です。10代のころから視力がよく、40代半ばを過ぎたいまでも老眼の兆候がないので、目には自信を持っていたというNさん。トラックの配送も長距離でなく、地元を回るのが仕事のため、朝に家を出て、夕方には帰宅するという規則正しい生活を送っていました。
ところが、2008年8月ごろから、Nさんは運転中に目に痛みを感じるようになったそうです。「目の表面がチタチクと痛む感じがしたため、市販の目薬をさすことで対処していました。
まったく痛みが取れなかったのです。目が痛みはじめたころは、家に帰って一晩ゆっくり休むと症状が改善していたのですが、しばらくたつと、翌日にまで痛みを引きずるようになってしまいました」

初めは大して気にしていなかったNさんも、目の痛みが続くうちにだんだん不安になってきたそうです。「会社の同僚に話したところ、ドライアイではないかといわれました。同僚の知人も、私とまったく同じ症状で、眼科でドライアイと診断されていたそうです」
Nさんは、すぐに眼科を受診したところ、軽度のドライアイと診断されました。「医師によると、ドライアイのいちばんの原因は、夏の日ざしが強い中での壷Tの運転だといわれました。また、
1年ほど前にパソコンを買い、家では長時間インターネットを楽しんでいることが多いのですが、それもドライアイを引き起こす一因と指摘されました」
Nさんは医師から、目が痛むときや乾くときにさすようにと、点眼薬を処方されました。また、運転中はサングラスをかけるようにし、パソコンに向かう時間も減らすように指導されたそうです。
「確かに目薬をさすと一時的にはらくになるのですが、翌日にはドライアイの症状が出てしまうのです。また、目が痛んでも運転中は目薬をさすことができないので、不便さも感じるようになったのです」そのため、医師にいわれたように、晴れた日の運転中は紫外線を和らげるサングラスを常用し、パソコンは週に2~3回程度使うだけにしたというNさん。しかし、ドライアイの症状はまったく改善しなかったのです。

パワーチップの貼る枚数を2倍に増やす

2008年9月、Nさんのドライアイを心配した奥さんが、知人から教えてもらったという新パワーチップを買ってきました。「これでドライアイが改善するのかどうか、半信半疑でした。でも、妻の気持ちがうれしかったので、その晩、両目の目尻に新パワーチップを一個ずつ、計二個をはって寝ることにしました」
Nさんは、その翌朝は特に効果を感じなかったそうです。そこで翌日は、両目の目尻にはる数を2個ずつ、計4個に増やして就寝したそうです。すると、明らかな変化が現れました。
「朝、目覚めたときに目が潤っていることを実感し、痛みも治まっていたのです。仕事に行くときに新パワーチップを外したのですが、その日はドライアイの症状が起こりませんでした」

効果を実感したNさんは、その日から、新パワーチップを両日の目尻に2個ずつはって休み、翌朝外すという生活を送りました。ときどき日が少し乾くことがありましたが、そのときには眼科で処方された目薬をさしていたそうです。「新パワーチップと眼科の点眼薬を併用していたら、2週間ほどでドライアイの症状は治まりました」その後はドライアイの再発もなく、トラックの運転もパソコン操作も非常に快適に行っているそうです。

老眼で細かい字も読みにくかったがパワーチップで改善

東京都八王子市に住むTさん(89歳)は、60歳でサービス関連会社を定年退職しました。退職後しばらくは、温泉に出かけたり、近所に囲碁仲間を見つけて囲碁を楽しんだり、釣りを始めたりするなど、悠々自適の生活を送っていたといいます。
退職してからしばらくは、気ままな生活を送れることに幸せを感じていました。でも、5年ほどすると、何か熱中できることを見つけたいと思うようになりました。もともと、歴史に興味があり、時代劇や大河ドラマをよく見ていたというTさんは、地元の郷土史の研究を始めました。
市内の神社や史跡へ足を運ぶこともありましたが、ふだんは図書館で古い資料や地図を読むことに時間を費やしています。
Tさんは毎日のように図書館に足を運び、長いときには朝九時から夕方五時までを図書館で過ごすこともあったそうです。図書館の資料の中には貸し出し禁止のものもあり、館内でしか読めないものが少なくありません。そうした貴重な資料には興味深い内容が満載されているので、いったん読みはじめると時間がたつのを忘れてしまうほどでした。
ところが、郷土史研究を始めて半年ほどしたころから、Tさんは資料の文字が読みにくくなってきたといいます。50代半ばから老眼鏡をかけているのですが、特に小さい文字が見づらくなったのです。これは老眼鏡が合わないせいではないかと思いました。
めがね眼鏡店で相談したところ、老眼が進んでいるので度数を変えることをすすめられたそうです。
そのことを何の気なしに家族に話したところ、思いもよらない言葉が返ってきたといいます。
私は図書館に車で通っているのですが、家族はそんなに老眼が進んでいるなら車の運転をやめるようにというのです。それはできないというと、老眼を進行させているのは読書だろうから、今度は郷土史研究をやめてほしいというのです。もちろん、土屋さんはどちらもやめるつもりはありませんでした。

特効ツボに貼って効果

Tさんが何とかして老眼を改善したいと思っていたところ、知人が紹介してくれました。2008年6月のことです。Tさんは新パワーチップで疲れや老眼が改善した人の記事に興味を持ち、早速新パワーチップを購入してみたそうです。
記事の内容を参考に、まずはめじりたいよ・つ両日の目尻のツボ(太陽)と目の下のツボに1個ずつ、計4個の新パワーチップをはってみました。
はって30分ほどたつと、目のまわりがじんわりと温まるような気がしたのです。翌朝目覚めたとき、いつもより日のまわりがスッキリしているような感覚がありました。これは効果があふろりそうだと思い、毎晩、風呂上がりに新パワーチップをはり、翌朝外すことを続けました。2週問ほどすると、長時間資料を読んでも目の疲れをさほど感じなくなり、小さい文字の見えにくさも以前よりは改善したと、Tさんはいいます。
新パワーチップを使いはじめてからは、『目が疲れたな』と感じても、目を閉じて少し休むだけで疲れが解消するようにもなりました。郷土史研究は依然として続けているため、細かい文字を読む時間が多い土屋さんですが、老眼は進行していないそうです。また、車運転も続けていますが、まったく支障はないとのこと。
一時期は図書館通いに反対していた家族も、最近は理解を示してくれるようになりました。最近では、娘夫婦に頼まれて、図書館に行くたびに、4歳になる孫が読む絵本を借りています。

TVの見過ぎで落ちた視力がパワーチップで0.2回復

焦点が合いづらくなり集中力が低下して仕事の能率も落ちた

新パワーチップのおかげで、視力と仕事の集中力をともに回復することができました」と話すのは、愛知県豊田市に住むMさん(仮名・30歳)です。Mさんは、10年前から機械部品の製造工場に勤務しています。仕事は、電気式のドライバーで部品のねじを締める流れ作業です。10年勤務しているMさんは、50人近くいる作業員の中ではベテランの部類に入っており、何かと頼られる立場にあるそうです。「20代半ばまでは、単調な仕事に限界を感じて転職を考えたこともありました。でも、20代後半になると、工場の中で『Mさんの仕事なら間違いない』と信頼されるようになり、だんだん仕事にやりがいを感じるようになったのです」
工場内での信頼が厚くなるにつれて、自分の仕事に対する責任感も芽生えてきたというMさん。ところが、2007年10月ごろから、思いもよらない症状に悩まされるようになってしまいました。
「目がかすみ、焦点がすぐには合わないことが多くなりました。仕事は神経を使う細かい作業なので、瞬時にピントが合わないと集中力が低下して、能率が落ちてしまうのです」
Mさんの視力は、中学時代から左右ともに1.0と良好だったそうですが、念のため眼科で検査を受けることにしました。すると、視力が左右ともに0.7にまで落ちていることがわかったのです。
「医師からいろいろな質問を受けるうちに、視力低下の原因に思い当たりました。2007年5月に引っ越しをしたのですが、同じくらいの家賃で利便性と環境のいい部屋を探したところ、それまでよりも部屋が狭くなってしまったのです。そのため、テレビの置き場がなくなってしまい、結局、ベッドのすぐわきに置くことにしました。テレビとベッドの距離は1mも離れていませんでした」それ以来、Mさんはベッドに寝転びながらテレビを見るようになったそうです。
医師には、寝転んだ姿勢で至近距離からテレビを見ていることが、視力低下の原因だろう、と指摘されました。

目尻にはって寝たら1週間で目のかすみが改善

Mさんはその後、テレビを見るときは横にならず、なるべく距離を取るように心がけたそうです。「でも、部屋が狭いので、テレビから離れるにも限界がありますし、姿勢も不自然になりました。常に注意してテレビを見なければと思うと、精神的にも疲れるようになったのです」Mさんにとって、テレビを見る時間は一日の中でいちばんリラックスできる時間です。ところが、無理な姿勢で座りつづけるけるために体が疲れてしまい、むしろストレスがたまったといいます。そのような生活を続けても、目のかすみは解消せず視力も回復しなかったそうです。
「どうしたものかと悩んでいたときに、同僚から新パワーチップを紹介されたのです。その同僚のお母さんが新パワーチップを使って視力が改善したというので、早速取り寄せて使ってみることにしました」
2008年5月、新パワーチップを購入したMさんは、会めじり社から帰宅後、一両目の目尻に1個ずつはってみたそうです。「はってから30分ほどするとn目のまわりがじんわりと温まったような感じがしました。目によさそうな気がしたので、その日以降は入浴後に新パワーチップをはり、翌朝外すという生活を送りました」
1週間ほどたったころ、うれしい効果が現れたというMさん。かすみ目が解消し、目のピントが合いやすくなってきたのです。「新パワーチップを使いはじめて1ヶ月後に視力を測ったところ、左右ともに0.9まで回復していました。職場の人たちには『笑顔が戻ったね』といわれ、視力が下がっていたときの自分は、かなり落ち込んでいたのだなと気づきました。
仕事の能率も以止別と同じくらいまで戻ったのです」
Mさんは、視力が回復してからも、過に1度は新パワーチップを使用しており、視力を維持しっづけているそうです。

パワーチップは肩にはっても血流改善作用で近視、老眼が改善する

PC作業は姿勢が悪くなりやすく首や肩の血行が悪化し目への血流も低下

最近は、小学生や中学生など、近視の低年齢化が加速しています。また新たな問題として、普通は45歳を過ぎたころから始まる老眼が、30代以下の若い人に起こることも増えてきました。この大きな原因は、いまや生活必需品の1つとなったパソコンや携帯電話、スマホです。パソコンや携帯電話などの利用で、長時間にわたって近くの画面を見つめる生活を続けていると、目のピントを合わせるための毛様体筋といわれる筋肉が、若いうちから衰えてしまいます。目を酷使するときは、ときどき遠くを見たり日を休めたりして、毛様体筋の筋肉疲労を和らげる必要があります。パソコンをよく使う際に、目と画面の距離のほかに、もう1つ注意しなければならないことがあります。
それは、使うときの姿勢です。パソコン作業では、やや前かがみの姿勢になることが多いと思います。ひどいときにはネコ背になることもあるでしょう。こうした姿勢を長く続けていると、首や肩の血行が悪くなって、こりや痛みが生じてきます。
PCモニターの調整も大変重要です。
VDT機器を使った作業環境を整える(パソコンのモニターの調節)

首には、脳や目などに血液を運ぶけいどうみやく頚動脈が通っています。そのため、首や肩がこっていると血行が悪化し、首から上に十分な血液が送られにくくなるのです。当然、目への血液循環も悪くなり、視力の低下につながってしまいます。そこで、首や肩の血行を促すことが必要になってきます。マっサージをしたり、もんだりするのもいいのですが、簡単な方法として、首や肩に新パワーチップをはってみるといいでしょう。新パワーチップは、血行を促して痛みやこりを緩和する力が強い一般医療機器で、その働きは、大学病院の試験などでも実証されています。
新パワーチップで血行が促進され改善できた人も多いのです。

新パワーチップをはるときは特効ツボと押して痛む場所を目安にすると効果大

近視や老眼の改善のために新パワーチップをはるとき、目の特効ツボにはると同時に、首や肩の特効ツボにもはるようにします。目と首や肩の血行は、密接にかかわっているからです。まず、目の特効ツボ次のとおりです。

代表的なツボは「太陽」「攅竹」「四白」の3つです。これらのツボに新パワーチップをはれば、10~20分ぐらいで目のまわりの血行がよくなってきます。目のまわりの血行がよくなれば、筋肉疲労を起こしている毛様体筋に、新鮮な酸素や栄養分が十分に供給されるようになります。すると、毛様体筋の緊張状態が緩和されて柔軟性が戻り、本来の働きを取り戻すことができるのです。
首や肩の特効ツボとしては「風地」「天宗」「肩井」があります。
肩周辺の血行を促すツボとして、ツボ療法でもよく使われます。早い人なら15~30分で肩や首のこりが解消してきます。新パワーチップをはる場合、ツボの位置に正確にはらなくても効果はほとんど変わりません。また、目頭にはめりりにくいときは、目尻に2枚以上はるようにすればいいでしょう。
首や肩にはるときは、指で押してみて痛い場所(圧痛点)や、東洋医学で阿是穴(あぜけつ)と呼ばれる場所を目安にすることをおすすめします。

抜群の血行促進力がで疲れ目・ドライアイは即日、近視・老眼でも数日で回復

新パワーチップは目尻にはれば目への血行が向上し疲れ目・ドライアイが即日解消

新パワーチップは、金メッキされた針金状の金属を直径約9mmの8の字形に成型し、中央に赤い半導体が取りつけられている製品です。
半導体は、そのままでは熟を持ちませんが、体温で温められると、半導体自身が熱を持つようになり、その状態を長く保つように働きます。新パワーチップをはると、その周辺の皮膚の温度が上がってくるため、血行がよくなってきます。
新パワーチップの血行を強く促す力は、医療機関で実証されています。
肩こり・腰痛・坐骨神経痛など、関節痛や神経痛を和らげるのに大変有効で、いまでは一般医療機器としての届け出がされています。

パワーチップの血行促進力に注目し、疲れ目や低下した視力の改善に役立つのではないかと考えました。血行が悪化していると、目に酸素や栄養素が十分に行き渡らなかったり、目の筋肉の柔軟性が失われてきたりします。新パワーチップをはって血行が改善されれば、目によい影響を与えることができるのではないかと思ったのです。
そこで、学生や一般の人の協力を得て、新パワーチップを使った試験を行いました。試験は、13人の学生(男性9人、女性4人)に、新パハワーチップを目のまわりのツボに10~120分はってもらい、皮膚の温度と視力を調べるというものです。
結果は非常に良好でした。新パワーチップをはってから10~20分後には、ほぼ全員の皮膚温度が平均0.3-1.0度C上昇。そして、試験前の平均視力(右目は0.7、左目は0.6)が、両目とも平均0.2上がるという結果も得られたのです。また、別の日に老眼の人を対象に同様の試験を行ったところ、皮膚温度が上昇し、老眼が軽快したという効果が得られました。この試験から、新パワーチップを目尻など日の周囲にあるツボにはれば、数十分から数時間以内に皮膚の温度が上昇して血液の流れがよくなるとともに、視力の向上にも役立つことがわかったのです。
新パワーチップをはって、近視や老眼だけでなく、疲れ目やドライアイ(涙の分泌が減り、日が乾いてくる病気)の症状がその日に治まったという報告も、これまでに多くあります。

パソコンやスマホ、ゲームで目の筋肉は疲れ切っている

いまや日本の近視人口4000万人、ドライアイ人口は800万人といわれています。特に問題なのが、パソコンや携帯電話、ゲーム機の使用です。これらの機器の光る画面を長時問見つづけていると、目の毛様体筋という筋肉が緊張したままになり、筋肉疲労を起こします。

毛様体筋とは、水晶体(カメラのレンズの働きをする目の器官)の厚みを調節してピントを合わせる働きをする筋肉です。毛様体筋は疲労すると柔軟性を失い、ピント調節がうまくできなくなってきます。その結果、目の負担は大きくなり、疲れ目が進行して、いずれ視力の低下まで招くことになります。また、パソコンやゲームをやっていると、知らないうちに画面を凝視しています。すると、まばたきの回数も少なくなるため、涙の分泌が減り、眼球の表面が乾いて、ドライアイになりやすくなるのです。
目の疲れやドライアイを改善するには、目の周辺の血行をよくすることが大切だといわれています。一般的には目を十分に休ませることや目薬をぺさすこと、目の周囲を温めることなどがいいとさ叩れています。しかし、目を休ませた程度では、滞った血行はなかなか改善しないものです。そんなときに新パワーチップが役に立ちます。新パワーチップを目尻など目の周囲にはることで、目への血流が促され、早ければその日のうちに疲れ目やドライアイが改善されてくるでしょう。
眼精疲労やドライアイににんじんが効果的なので食習慣に取り入れるのもおすすめです。