老眼で急に落ちた視力が新視力若返り食品で回復し飛蚊症も同時によくなった

視界の端に黒いゴミが突然あらわれ読書に集中できなくない

新視力若返り食品を飲みはじめてから、治療をしたわけでもないのに飛蚊症(目の前を蚊や糸くずが飛んでいるように見える症状)が改善し、以前よりも、ものがはっきりとと見えるようになりましたといいます。そう話すのは、宮城県仙台市に住むSさん(仮名・71歳)です。Sさんは、60歳まで高校の家庭科の教師を務めていました。
夏休み、久乃休み、春休みと年に3回、長期の休みを取ることができました。もちろん、生徒が休みの問、ずっと休めるわけではありません。それでも、同僚らとスケジュールを調整して長めの休暇を取り、年に一度は海外旅行に出かけていました。
定年後はさらに旅行の回数が増えたというSさん。これまでに訪れた国はヨーロッパ各国やアメリカ、カナダなど50カ国以上に上るといいます。「行きたかった国や地域にはほとんど族行できたので、60代半ばを過ぎてからは海外旅行への熱が冷めてしまいました。その代わり、読書にのめりこんだんです」初めのうちは、手当たりしだいに話題の本を読んでいたといまつもとせいちよううSさん。3年前に松本清張の小説を読んでからは、ミステリー小説を専門に読むようになったといいます。そのころから目の不調に悩むようになったそうです。
若いころ、視力は両目ともに2.0でした。50代半ばで老眼が進んで1.0に下がってしまい、読書や書き物をするときには老眼鏡をかけるようになりました。
ところがある日、右目の視界の端に、ゴミのような黒かたまりい塊が見えたのです。読書をするさい、なんとなく気になって集中できなくなりました。困った斎藤さんは、近所の眼科で診察を受けました。医師は飛蚊症と診断。老化が原因という理由で治療は行われず、薬も処方されませんでした。
病院に行っても飛蚊症が治ったわけではありません。友人に相談したところ、目にいいといわれている健康食品を紹介してくれました。飲んではみたのですが、特に効果が見られず、すぐにやめたんです。
そんなSさんが新視力若返り食品を知ったのは、2008年のこと。
飛蚊症に加えて、老眼が進んだせいか、その頃から視界がぼやけはじめたんです。そのため、新聞や雑誌などで、目によさそうな食品や健康法がないか、自分で探しました。
そんな中、本屋で見つけたのが新視力若返り食品です。
老眼に効くルティンとタロセチンという栄養分が豊富に含まれている食品と知り、興味を持ちました。Sさんは新視力若返り食品を購入。朝・昼・晩の毎食前に1粒ずつ、1日計3粒を飲みはじめました。その効果は、予想外に早く現れたとか。
窓から外を眺めたときに、目がかすんで、木や建物などの景色がぼんやりとしか見えませんでした。ところが、飲みはじめて3日めに、木や建物の輪郭がおぼろげながらも見えるようになりました。以前、ほかの健康食品を飲んだときに効果がなかったぶん、より変化を実感できたんです」飲みはじめて2ヶ月たってからも目の調子がよかったため、朝・晩の食前に一粒ずつ、1日計2粒に減らしたという斎藤さん。飲みつづけたことで、さらに見え方が改善しました。

壁の木目がはっきり見えるようになり好きな読書にも集中

ぼんやりとしか見えなかった壁の木目がハッキリと見えるようになりました。視界の端にあったゴミのような黒い塊も消えたんです。趣味の読書に集中できるようになり、毎日が充実しています。ただ、目の調子がよくなったといっても70歳を越えているので、なんらかの目の病気に襲われるかもしれません。今後、年に1回は眼科で検査を受けるようにしたいと思います。買い物や散歩以外の時間は、読書に充てているというSさんは、今後も新視力若返り食品を飲みつづけるとのこと。かすみ目や老眼による視力の低下に悩む友人たちにも紹介し、飲んだ友人全員の症状が改善したため、感謝されているそうです。

老眼の目のかすみが治まり車の運転や新聞の文字も支障なく読める

加齢黄斑変性を患い治療で軽快したが老眼が進み不便になる

愛知県名古屋市に住む主婦のTさん(仮名・62歳)は、55歳まで30年以上にわたり、中学校の教師を務めていたそうです。「中学三年生の担任は、子供たちが高校へ出す内申書を、何十通もまとめて書かなければなりません。細かい文字を書いていると、目の奥が痛むようになってきたんです。温かいおしぼりを目の上に乗せて休むと、痛みは少し和らぎますが、しばらくすると痛みが復活してしまいます。
目以外にも体の不調があって、しかたなく55歳で退職したそうです。退職直後、Tさんは右目が加齢黄斑変性(加齢に伴い網膜の中心部にある黄斑部に障害が起こる目の病気)という病気になり、一時、眼科に通院していたこともあるそうです。その治療中、友人に目の悩みを相談。
趣味の琴を弾いているときに、弦がグニヤリと曲がって見えたんです。一瞬、日ではなく自分の頭がおかしくなったのではないか、と思ったくらいでした。しばらくは眼科に通い、友人から紹介してもらった健康補助食品を飲んでいました。だいぶ症状は落ち着きましたが、目の調子は万全ではないので、それ以降、琴を弾くことをあきらめたそうです。
もともと近視で、左右とも裸眼の視力が0.3だったというTさん。最近では老眼も進み、さまざまな不便さを感じるようになっていったそうです。
夜に車を運転していると、目がかすんで信号が見えづらくなりました。もともと乱視もあって、霧の中で花火を見ているような感じです。運転時は両目とも視力が0.8程度になるようめがねに合わせた近視用の眼鏡をかけていますが、その眼鏡もだんだん合わなくなってきたような気がしました。新聞を読むときも目の焦点が合わず、細かい文字が見えてくるまで、数秒かかるようになったといいます。
健康補助食品を紹介してくれた友人に、老眼の治療法はないかを再度相談したというTさん。その友人は老眼に効くらしいよ、と新視力若返り食品を紹介してくれました。以前、Tさんが飲んでいた健康補助食品に改良を加えたものだそうです。
友人も新視力若返り食品を飲んでいて、とても目の調子がいいということでした。私自身、加齢黄斑変性の症状が改善しています。それに改良を加えたものならばぜひ飲んでみたい、そう思いました。

視界が良好になって好きな琴を再開

Tさんは早速、新視力若返り食品を購入。朝・昼・晩の毎食後に1粒ずつ、1日計3粒を飲みはじめました。飲みはじめて1週間ほどたったころから、早くもものの見え方に違いが出てきたそうです。
運転中、視界がとてもスッキリして、信号や通行人がとても見えやすくなりました。一時は車の運転を見合わせたほうがいいかと思っていただけに、これなら大丈夫とうれしかったですね。新聞や本の細かい文字も、じっと目を凝らさなくてもバッと見えるようになりました。だから、内容がすぐ頭に入るようになりました。

目の調子が改善しても、目を酷使しないように気をつけながら生活を送っているというTさん。最近では、好きな琴の稽古を再開できました。
加齢黄斑変性を患ったせいで、一時は琴から遠ざかっていたのですが、ひさしぶりに出して弾いてみました。もちろん弦もはっきり見えて、ちゃんと演奏できたそうです。
一度あきらめたことがまたできるようになるのは、ほんとうにうれしいです。こんな喜びを味わえるのも、新視力若返り食品を紹介してくれた友人のおかげです。

加齢黄斑変性について詳しくはこちらです。
加齢黄斑製

老眼、目の疲れによる頭痛が新若返り食品で改善

小さな文字が見づらく焦点も合いにくくなり疲れ目で頭痛も起こる

「新視力若返り食品を飲むようになってから、ずっと悩んできた老眼や疲れ目が和らいで、生活上の不便さがなくなりました」宮城県住む主婦のWさん(仮名・49歳)は、老眼の症状が改善された喜びをこのように語ります。Wさんは若いころから近視と乱視があり、裸眼の視力は左右ともに0.3程度だったといいます。知人からはコンタクトレンズをすすめられたこともありますが、目に直接レンズを入れるのは、どうしても抵抗感がありました。映画を見るなど、遠くのめがねものを見るときだけ、眼鏡をかけるようにしていたそうです。
2008年の初めごろから、Wさんはものを見るときに不便さを感じるようになったといいます。本を読むときに小さい文字が見づらいく、遠くのものから近くのものへと視線を移すさいに、焦点がなかなか合わなくなったそうです。
いままでは、近くのものを見るときに不便さを感じたことはありませんでした。いよいよ老眼になってしまったのかと、がっかりしたんです。そのころから疲れ目やドライアイもひどくなり、頭痛まで起こるようになりました。眼科を受診したほうがいいかな、と思いましたが、もともと病院嫌いなので行く気がしなかったんです。
Wさんは同世代の友人に、目の悩みを相談したそっです。その友人は「私は老眼が始まったころから飲んでいるけれど、とても調子がいいわよ」と新視力若返り食品を紹介してくれたといいます。友人も飲んでいる、という安心感から、若放さんは新視力若返り食品を購入して、飲みはじめました。
飲む分量は朝・昼・晩の毎食後に1粒ずつ、1日計3粒。目の疲れがひどいときは、1日5粒に増やすこともあったそうです。飲みはじめた直後は見えづらさが変わらなかったので、いま飲んでいるぶんがなくなったらやめよう、と考えていたというWさん。しかし飲みはじめて2週問ほどたったころから、だんだん目がらくになるのを感じたといいます。

眼精疲労がひどいときに起こる頭痛もピタツと治まったんです。読書のさいも、小さな文字がとても読みやすくなりました。Wさんがさらにはっきりと変化を実感したのは、新視力若返り食品を飲むようになってから1ヶ月後だったといいます。「運転免許を更新するときに、眼鏡をかけて視力検査を受けたんです。昔、眼鏡を作ったときからだいぶ視力が落ちているはずだ、と思っていたので、内心ドキドキでした。結果的には1.0の文字まできちんと読めて『あれっ、こんなに読めるんだ』と自分でも驚いたんです」現在まで、新視力若返り食品を毎日欠かさず飲みつづけているというWさん。疲れ目が改善したせいで、多めに飲むことはなくなり、現在はほとんど1日3粒とのこと。
映画館で洋画の字幕を見たり、字が小さい路線図を見たりするときなど、眼鏡をかけても見えづらくて、不快感を覚えることが多くありました。いまではそんなことがなくなり、目が若返ったようです。今後も新視力若返り食品を飲みつづけていくつもりです。

手術をせずに白内障の目のかすみが改善

白内障の診断を受け必要だといわれた手術を断り治療法を探した

埼玉県戸田市に住むNさん(仮名・55歳)は、高枚時代から英語が得意で、大学卒業後、貿易会社に入社。英語力を活かして働いていました。出産を機に貿易会社を退社しましたが、その後も以前勤めていた会社から書類の翻訳を頼まれることが多く、現在も在宅で仕事を続けているそうです。
「子育てと在宅の仕事を両立するのは、体力的にキッいときもありました。特に50代は、更年期障害など体の不調が現れやすい時期。私の場合、仕事の内容のせいか、目の不調に悩むようになりました」翻訳の仕事には、書類や辞書などの細かい文字を読むことが不可欠。そのため、Nさんの目にかかる負担は予想以上に大きかったようです。「もともと視力は悪く、高校入学時の視力はo.2でした。その後も視力は落ちつづけて、左右ともに0.01~0.02程度にまで低下。50代になってからは、目がかすんで眼鏡をかけても文字がよく見えなくなったんです」
Nさんは視力が低下したことを自覚し、眼科を受診しました。そこで白内障の診断を受けたのです。「医師からは手術をすすめられました。でも、目の手術を受けるのには抵抗感があったので断りました。それ以降病院に行くのをやめたんです」
Nさんは、白内障を進行させないために生活を工夫しました。紫外線を予防するため、外出時には冬場でもサングラスをかけたり、目にいい成分といわれている健康食品を飲んだりと、自分でできる努力を続けたそうです。
「努力の成果が出たのか、しばらくの問は、気になる症状はありませんでした。
でも、ある日、突然、右目が充血で真っ赤になってしまったんです」すぐに病院へ行ったところ、ドライアイと白内障を併発していると診断され、再度手術をすすめられたといいます。Nさんは手術を保留にして、白内障を治すいい手だてはないか、探しました。そんな中、白内障に効くという新視力若返り食品でした。それを早速取り寄せて飲んでみました。

距離があるカレンダーの文字が見え始めた

飲む分量は、毎日朝食前に1粒、夕食前に2粒の1日計3粒。飲んですぐには効きめを感じませんでした。飲みはじめて2ヶ月ほどたったころ、見え方に変化が現れたといいます。
「リビングの壁にはってあるカレンダーを使って、ときどき視力のチェックを自己流で行っていました。以前に比べて、少し離れたところからでも数字がハッキリとわかるようになったんです」
以前は、カレンダーに目を近づけないと認識できなかったそうです。白内障を患っている右目で試したところ、カレンダーの手前8cmのところで、ようやく数字が見える状態だったといいます。ところが、現㌧在は15cm離れたところからでも、数字を認識できるようになったというのです。「数字的にはわずかな変化ですが、私の中では大きな変化です。以前は、駅の階段などを降りるのがとても怖かったのですが、目のかすみが改善して、階段の昇り降りがらくになりました」

老眼に効果的で新聞も老眼鏡なしで読める

目の毛様体筋の伸縮力が低下し水晶体の弾力性が失われると老眼を発症する

老眼は、すべての人にやってくる老化現象。若いころは老眼鏡など年寄りくさいと思っていた人も、年とともに近くが見えにくくなり、「ついに自分も老眼鏡の世話になる年になったんだ」とわが身の老化を実感させれるものです。
一般に、40歳を過ぎるころから新開の細かい文字や針の穴など、手もとにある小さいものが見えづらくなってきます。これが老眼の始まりです。老眼の最大原因は、目のピント(焦点)調節機能の衰えにあります。目が遠くのものや近くのものを広範囲に見ることができるのは、カメラのレンズにあたる水晶体が、見たいものの距離に応じて、厚みを変えるからです。とはいっても、水晶体がみずから厚みを変えるわけでもありません。毛様体筋という水晶体を囲んでいる筋肉の伸縮によって、水晶体の厚みが変わるのです。毛様体筋が緊張すると水晶体厚くなり、逆に毛様体筋が弛かん壊すると水晶体は薄くなります。
毛様体筋には、水晶体に栄養を供給するという重要な働きもあります。年を取ると体の血行が悪くなって筋力が衰えてきます。それと同様に、毛様体筋の伸縮力も加齢によって低下し、緊張しやすくなるのです。また、水晶体も加齢によって弾力性が乏しくなります。これらの結果、目のピント調節機能がうまく働かなくなり、近くのものが見えづらくなる老眼が起こるというわけです。

目の栄養素「クロセチン」は血液循環をよくして目のピント調節機能を改善する

老眼の改善に有効な栄養成分として、注目したのがクロセチンです。クロセチンは、野菜や果物に多く含まれるカロテノイド(黄色や赤色の色素成分)の仲間です。分子量が通常のカロテノイドの3分の2程度と小さいため、体内に効率よく速やかに吸収されます。タロセチンには血流改善作用作用があり、ブドウ膜炎や(目の虹彩・毛様体筋・脈絡膜に起こる炎症)やベーチェット病(全身に起こる急性の皮膚炎)などに有効という報告が出ています。
また、国内の病院の臨床試験によって、パソコン操作で生じた眼精疲労(目以外にも症状を伴う疲れ目)に対する有効性も認められました。
この試験報告書には、クチナシから抽出したクロセチンを用いて、毛様体筋の緊張が素早く緩和されたことが記されています。クチナシから抽出したクロセチンと、水晶体の老化を抑えるのに役立つルテインなどの成分を厳選・濃縮した新視力若返り食品を、老眼の患者さんに試してもらいました。

眼内血流量が増えて毛様体筋の緊張が取れれば、目のピントをムロわせやすくなるため、老眼は改善します。クロセチンが含まれた新視力若返り食品には即効性があり、試した患者さん全員が、「目がスッキリした」「老眼鏡なしで新聞の細かい文字が読めるようになった」と喜んでいます。このほか、パソコンの使いすぎから毛様体筋が衰え、仮性老眼になった34歳の男性が、新視力若返り食品を飲んで約一週間で症状改善に至った例もあります。新視力若返り食品は、その名のとおり、目の若さを保つために非常に役立つ健康補助食品なのです。