体の細胞が元気になるためには

日本人に合った生き方がある

「生きる力」というのは、予期せぬ出来事や突然の危機的状況に対応する能力のことをいいます。ですので、毎日が同じことのくり返しであったり、何も悩みがないと、「生きる力が弱くなる」ということがいえるでしょう。

たしかに、あまりにも過酷な状況というのは心身を破綻に導きますが、人間はやはりある程度は今よりも高いところにハードルを設定して、それをクリアすることで自分を満足させて生きていくべきだと思います。特に、やる気のある人というのは、いつも自分をぎりぎりのところまで追い込んでいるものです。

「もう少し頑張れる」「あと少し頑張れば認められる」と。やはり日本人のような勤勉な民族というのは、身体を壊さない程度に、自分の能力を出し切るところに目標を置いて力一杯生きることが、生きる力を養いながら力強く生きていく方法だと思います。

四季折々がある日本の場合、昔から、作物が実る季節に合わせて、さまざまな準備をしたり、そのために不測の事態まで考えて、計画を立てて暮らしてきました。

むしろ、農業国の日本という国の環境因子を考えると、こういう勤勉さがないと生き延びられなかったと言ってもいいかもしれません。

まさしく「生きる力」を存分に発揮して、天災や動乱などの有事に備えて暮らしてきたのです。ところが、南方へ行けば事情は違ってきます。

いつでもバナナやパパイヤが実っていて、食べたいときに食べ放題!となつてくると、なかなか勤勉さが根付きません。むしろ踊ったり、歌ったりにエネルギーを使って発散するため、生きる力も育まれず、危機的な状況にさらされたとき、なかなか対応できません。

逆に、日本よりもっと寒い北へ向かうと、肉や乳製品を手に入れなくてはならないので、荒々しさや競争社会が際立って、日本とは違った闘争心の世界へと入っていくわけです。

つまり温帯と熱帯、さらに寒冷地では、人間の生き方そのものが変わってきますし、そこで培われる「生きる力」にも大きな違いが生まれてくるのです。

こういうことはスポーツの世界が非常に象徴的であり、韓国や北朝鮮の人々は非常に闘争心が強いいっぼう、日本人は闘争心よりも組織力や正確さ、律儀な面を強調して勝負に挑もうとするわけです。

不測の事態が起こっても決して慌てずに、あらかじめシミュレーションした通りのプレーができれば必ず勝てるはずだというのが、これまでの日本人の論理でした。

体質は変えられる

ところが、現代の社会というのは思い通りにいかないことの方が多く、事前のシミュレーションはほとんど役に立たなくなっています。

今の社会では、勤勉さや律儀であること以上に、競争を乗り切る「生きる力」が求められます。特に家庭を支える男性の場合は、日々の暮らしを安定させる努力に加えて、さまざまな社会的危機を乗り越える「体力」というものが不可欠のものとなってきました。

いわば、健康こそが有事のときに力を発揮できる条件、という考え方に変わりつつあります。では、もともと身体の弱い人はどうすればいいのか。特に今の子供たちは大事きやしやに育てられているので身体の弱い子供が多く、華奢で線も細く、性格も優しい。

こういう子供たちは、大人になって有事に遭ったときに乗り越えるだけの力を、身につけられるのでしょうか。これはもう、体質改善しかないのです。
そしてもっとも手っ取り早い方法は、身体を鍛えることです。必要以上に過酷な筋肉トレーニングなどでなくとも、縄跳びやランニングで結構です。空手の練習でもいいでしょう。

そうやって毎日身体を鍛えていれば、筋肉というのはすぐに反応してきます。1ヶ月もすれば見違えるほどに身体つきが変わってくるのではないでしょうか。

そしていつの間にか風邪もひきにくくなり、体型や体質が変わることで、最終的には性格も変わってきます。健康は、有事に自分の持てる最高の力を発揮しきるためにあるのです。

そして最後に重要なのは、睡眠です。 快眠ぐっすり酵素「セロトアルファ」で睡眠薬が不要に

インフォームドコンセントと医学の関係性

もともとは2つの意味があった

医者が患者さんに対して、受ける手術や治療の内容、そのやり方、そしてその必要性や危険性、またそれらにかかる費用などについて、分かりやすく説明したうえで、治療に同意を得ることを「インフォームドコンセント」といいます。

このインフォームドコンセントは、ここ数年ほどで日本の医療界において盛んに言われ始めたものですが、その歴史をたどれば、もともとは2つの意味がありました。

1つは、医療過誤裁判において、医者に説明義務があることを認めさせるための法律上の概念です。そしてもう1つは、人体実験における被験者の同意を取り付けるうえでの考え方です。

この考え方が広まったのは、1970年代のアメリカの医療界においてのこと20です。医者と患者の間に食い違いがなく治療が行なわれるよう、また治療中になんらかのトラブルが起きたさい、あくまでも「同意の上」を強調し、訴訟時における医者の自己防衛をするためという意味がありました。

こうした考え方は1990年ころに日本にも持ち込まれ、治療に対する「説明と同意」の徹底がいわれ始めました。特に「ガンの告知と治療」については、このインフォームドコンセントの考え方が、多くの医療現場で普及され始めています。

さて、このインフォームドコンセントについてはたくさんの解釈があるかもしれませんが、医者が患者さんとコミュニケーションをとり、前向きな治療をする手段としてあるものならば良いのではないかと思います。

つまり、日本においてインフォームドコンセントが導入され、ガンの告知をするさいに、患者さんに説明をするというのは、本来「大丈夫です。頑張りましょう」と励ます意味が込められているべきであったはずだからです。

ところが現在、日本で行なわれているインフォームドコンセントは、アメリカかくみので生まれた背景同様、医者の隠れ蓑になつているような気がしてなりません。つまり、万が一の場合の訴訟に備えての同意書ということです。「最悪の結果になっても、同意を得ているわけだから、医者は訴えられない」、医者のプライドを忘れたかのように使われているのが、今の医療の現状です。

「同意書」がさらに心を傷つける

インフォームドコンセントの同意書に書かれている内容というのは、非常に不愉快なものです。その内容を読んで、快くサインをしようと思う人は1人としていないでしょう。

むしろ自分が侵された病魔に脅かされ、「自分はこんなにひどい状態なのか…」と暗い気持ちになることは間違いありません。

大変なストレスを抱え込むこととなり、そのストレスが痛の進行に拍車をかけることになる、これはもう最悪の循環です。こういうことは、医者自身の倫理観のなさに基づくものではありません。医者には悪気はないのです。むしろ問題はしくみにあるのであり、日本の医学の未熟さがこうした傾向を招いているのだと考えていいでしょう。

そもそも人間というのは、混乱に混乱を重ねながら物事の間違いに気づいていくものです。今の日本の医学というのは、まさにこの混乱のど真ん中にあるのだと私。そしてその間違いが決定的な形となって現れるまでは、誰もがうすうすは気づいていながらも、こうした傾向に対して歯止めをきかせることはできない。しかしそこにはやがて破綻が起こってくることは間違いありません。

たまねぎに血液浄化力は強力で夏に多発する血栓を防止し、脳梗塞やボケを遠ざける

夏は体が脱水気味になり、血液がべとつく

少し前までは、夏の間は、エアコンの温度は28度が適温と言われていましたが、最近の適温は26度に下がったようです。朝、9時を過ぎるとすでに30度を超える地域もあり、温度や湿度の管理がとても難しくなっています。いわゆる猛暑が続いています。

不足に陥った結果、意識障害や呼吸困難などを起こす病気ですが同じく体の水分不足が引き金になる怖い病気として夏は脳梗塞にも注意する必要があります。特に高齢者は、家の中では熱中症にならないと思っている人が多いのですが、熱中症の8割程度は屋内で起きています。

ただでさえ、運動不足の現代人は、血中脂肪が増えて血液の粘りけも強くなりがちです。夏は、そこに体の水分不足が加わり、なんらかの原因で血管壁に傷ができると、その部分に血液中の血小板が付着して、止血のために固まります。血液がドロドロになり、血栓(血液の塊) の生じる危険も高まるのです。そして、、血栓が脳の血管につまれば脳梗塞を招き、血流が途絶えれば脳血管性の認知症(ボケ) や半身マヒ、失語症などの後遺症も引き起こしかねません。

熱中症や脳梗塞を予防するには、日ごろからこまめな水分補給を心がけることが大切ですが、血液をサラサラにして血栓も防ぐもうひとつの対策としてたまねぎが非常に有効です。

脂肪の多い食事にはたまねぎを加える

なんらかの原因で血管壁に傷ができると、その部分に血液中の血小板が付着して、止血のために固まります。

このとき、血液の凝固作用謂(血液を固める働き)と線溶作用(血液をサラサラにする働き)がバランスよく働けば、血小板が必要以上に固まって血栓を作ることはありません。しかし、血液がドロドロになりがちな夏は、線溶作用がうまく働かずに血栓が生じやすくなるのです。

この血栓の発生を防ぐのにタマネギが役立つことは、海外の研究でも実証されています。タマネギの抗血栓作用を調べた研究で有名なのは、インドのメフロトラ博士が行った試験です。

試験には40人が参加し、絶食後に100グラムの脂肪を含む高脂肪食を摂ってもらいました。

そして、食前と、食事の2時間後・4時間後にそれぞれ血液検査をした結果、高脂肪食をとったあとは血液の凝固時間が早くなり、血液の線溶作用も低下したことが確認されました。

次に、同じ対象者に高脂肪食のほかにタマネギのフライ60グラムを食べてもらい、血液検査を行いました。すると、血液の凝固時間と線溶作用は食前に検査した数値とほぼ同じでした。

つまり、タマネギをとらなかった場合は、高脂肪食の影響で血液が固まりやすくなつた一方、タマネギをとつた場合は血液がドロドロにならず、血栓も生じにくくなっていたのです。

血液さらさら効果はほとんどの人にあらわれた

タマネギの抗血栓作用については、実際の実験を紹介します。

対象者は男性4人、女性4人の計11人で、全員に脳血栓や狭心症、動脈硬化などの血流障害がありました。この11人に濃縮たまねぎのサプリ(生たまねぎ40グラム相当量)を毎日摂ってもらい、試験開始前・2ヶ月後・4ヶ月後(場合によって6ヶ月後に血液検査を行って、次の項目を調べました。

  1. プロトロンビン時間
  2. フィブリノーゲン
  3. プラスミノーゲン
  4. リボプロテインa

1と2は血液の凝固に関係するもので1の時間が延びて2が減るほど、血液は固まりにくいことを示します。3と4は線溶作用を表し、3が増えたり4が減ったりするほど、血液がサラサラで血栓ができにくくなります。

結果は、1は9人が正常または延長、2人はほぼ不変、2は10人が減少し、タマネギをとったことで血液が固まりにくくなったことがわかりました。

3は7人が減少、1人は不変、3人はやや増加しましたが、平均すれば正常値の範囲でした。そして、4は4人が減少、4人が不変で、全体的に血流がよくなっていたのです。

これらの試験結果から、タマネギを常食すれば、血液の凝固作用と線溶作用の両面から血栓が生じにくくなることがわかりlました。

タマネギのこうした抗血栓作用は、サイタロアリインというタマネギ特有のイオウ化合物(含硫有機化食物)が生み出すのだと考えられています。また、血小板の凝固を抑える働きは、アデノシンやイソソアリシンという物質によるものと発表されています。

そして、血液をサラサラにして血栓を防ぐには、これまでの研究から考えると1日に40~50グラムが目安になり、これはタマネギ4分の1個になります。

濃縮たまねぎの口コミ、使用感、効能・効果一覧

セカンドピニオンを使う時代

ここ最近、「セカンドオピニオン」という言葉をよく耳にします。日本語では「第二の意見」。治療の選択や医療の内容について「主治医以外の医師の意見を聞く」 ことを意味します。本当にこの診断、治療がベストなのか?は患者側ではなかなか理解しにくい部分です。2006年4月からその一部に健康保険が適用されるようになりました。制度を活用し、よりよい医療選択するには、その仕組みを理解することが大切です。

健康保険が適用される

例えば喉頭がん(のどのがん) で、「声帯ごと切除する治療法」を医師から勧められたとき、本当にそれしか方法がないのか、ほかの医師に意見を聞いてみたいと思う人は少なくないでしょう。その場合、今までは、主治医に紹介してもらうか、あるいは黙って別の医療機関に移ることが、よくありました。その結果、患者さんが医療機関を転々とする「ドクターショッピング」という言葉さえ生まれました。
こうしたことを防ぐためもあり、2006年4月から、主治医が、紹介状に加え、それまでの検査データやエックス線写真などの画像データを患者さんに渡すと、「情報提供料」が診療報酬として主治医に支払われることになったのです。これには健康保険が適用されます。このことで、患者の側にも医師の側にもセカンドオピニオンを実際に活用しようという動きが高まりつつあります。

セカンドピニオンの流れ

セカンドオピニオンの基本的な流れは、まず、主治医にその旨を伝え、主治医の意見を書いた紹介状と検査データなどを受け取ります。では、どこでセカンドオピニオンを受けたらよいのでしょうか。全国には、国立病院機構に所属する病院だけでも98か所、自治体病院や大学病院などを含めると、ほとんどの大きい医療機関に「セカンドオピニオン外来」があります。その中から、基本的には患者さん自身が、自分の病気の専門医がいる医療機関を探します。その際、予約が必要かどうか、持参するものは何か、かかる費用などを確認しておくことが大切です。セカンドオピニオンを受けた後は、その内容を主治医に報告し、最終的には自分自身で治療方針や医療の内容を選びます。

セカンドピニオンに求められるもの

セカンドピニオンの要望が最も高い病気は、がんです。あるがんセンターでは「このセンターにセカンドオピニオンを求めて来る人は、県内の大病院にかかっている人が多いのです。どの病院も専門性の高さにおいては申し分ありません。医療者側はがんとわかれば、今後どんな治療をどのように進めていくかを患者さんやご家族にお話しするのですが、患者さん側はそのときの説明を、詳しくは覚えていない。「がんです」と最初に宣告されたときには、患者さんの頭の中は真っ白になっているからです。家に帰って冷静になって、もう一度説明を聞きたいと思ったり、あるいは別の治療法があるのではないかと思う。このような患者さんやご家族が、セカンドオピニオンを求めて来られます。
ある付属病院のセカンドオピニオン外来が行ったアンケートによれば、主治医とセカンドオピニオンを提供する医師の意見は、「全く同じ」が32% 、「若干異なるがほぼ同じ」が34% です。「基本的には同じだが一部異なる」の20% を入れると、86%が主治医の提示する治療方針とセカンドオピニオン医の第二の意見は同じと答えています。それでも、セカンドオピニオンを求める患者さんが少なくないのはなぜなのでしょうか。「医師の話し方もあるし、患者さんの受け止め方もあります。つまり、心理的な部分が大きく影響しているのです。

セカンドオピニオンの上手な受け方

セカンドオピニオンを受ける際は、聞きたいことを事前に整理し、メモしておくことが大切です。セカンドオピニオン外来での、30分から1時間を有効に使うためです。相談内容を記載した申し込み用紙と、主治医から提供を受けた検査データなどの資料を、あらかじめ提出することになっています。病院側はこの事前情報をもとに、必要な場合には病理医や放射線科医が、また複数の診療科にまたがる場合は、それぞれの診療科の専門医が事前に検討します。当日の相談には看護師が付き添い、相談時の立ち会いはもちろんのこと、相談前には問題点を整理し、相談後には患者さんが説明をどの程度理解したのかを確認しています。

「主治医から紹介状はもらえたが、検査データは出してもらえなかった」という方もいます。その場合には、残念ながら一般論しかお話しできません。せっかくのお金と時間を無駄にしないためにも、勇気を出してエックス線画像やCT.検査、MRI検査、血液検査などの検査データの提供を受けていただきたいものです。

問題点

課題の1つが、セカンドオピニオン医の情報提供に支払われる「セカンドオピニオン提供料」。これには、必ずしも健康保険は適用されません。適用されない場合には全額自己負担で、金額も医療機関ごとに異なります。ある病院では、全額自己負担で1時間約1万2000円。相談料8000円に、エックス線画像などの読影科を加えた、標準的金額です。「この金額を高いと感じるか安いと感じるかは、1時間かけて専門家が話す医学知識をどう評価するかによります。日本では医師の技術への評価が十分になされてこなかった経緯があります。

「セカンドオピニオン医による情報提供にすべて健康保険が適用されるようになると、今の保険制度では、医師なら誰でもセカンドオピニオンを提供できるようになります。それで患者さんは満足できるでしょうか。ドクターショッピングが進むことにもなりかねません。
経験豊かな専門医が、信頼できるセカンドオピニオンを提供する。それが、患者さんが納得して治療を受けるうえで、なにより大切なのではないでしょうか。「先生にお任せします」の医療から、経済的負担も含めて患者が自ら選択する医療へ。そんな多様化時代のシンボルともいえる「セカンドオピニ オン」を、納得できる医療を受けるために、上手に利用していければ医師側にとっても患者側にとってもいいはずです。