痛風 プリン体 制限 より糖 制限 が効く

痛風 プリン体 制限 より糖質制限が効くことをご存じでしょうか。痛風は、手や足に突然激しい痛みが起こります。 痛みは一箇所に生じ、複数が一気に痛むということはありません。 また、痛みのある部分が赤く腫れることもあります。 2~3日は歩けないほどの痛みが続き、その後1~2週間で徐々に治まっていきます。

痛風 プリン体 制限
痛風 プリン体 制限

痛風 プリン体 制限 より糖 制限

痛風は、腎臓で尿酸が排出できなくなる病気です。痛風は、体内に存在するプリン体という物質の最終産物、つまり老廃物である尿酸が血液中で結晶化して発症する病気です。尿酸は肝臓で分解された後、腎臓から尿とともに排泄されますが、この「産生」と「排泄」のバランスが崩れると体内に蓄積し、血液に溶けきれなくなつた過剰分が結晶となつて足の親指の付け根などの関節に溜まります。

この結晶が何らかの刺激を受けて関節から剥がれ落ちると、これを異物と認識した白血球が攻撃し、その結果、関節に炎症が起きて激しい痛みを生じます。

プリン体は細胞の核に含まれるDNA の主成分でもあり、エネルギー伝達物質という大切な役割を担っています。もともと体内に存在するものですが、ほとんどの食材にも含まれています。

このプリン体を多く含む食材を摂りすぎると、処理しきれなかった尿酸が血液中に増えた状態が続くわけです。そ」で痛風患者は、一般的には尿酸を増やす原因であるプリン体を減らすように指導されます。

しかし、根本原因は糖の摂りすぎによって、内臓脂肪が増えることにあるのです。内臓脂肪が蓄積すると、脂肪細胞からはたくさんの遊離脂肪酸が分泌されます。

これが血液に乗って肝臓に運ばれると、プリン体の代謝が過剰になって尿酸がたくさんつくられるようになります。その尿酸は排泄するために腎臓に運はれますが、態栃が淘まっている嘉では排准が阻害されてしまうのです。

糖質排泄 に役立つ

 

医師が考案 人工関節手術 回避 ジグリング による 保存療法 『 健康ゆすり 』 による 貧乏ゆすり様運動

ジグリングマシン 健康ゆすり JMH-100

医師が考案 人工関節手術 回避 ジグリング による 保存療法 『 健康ゆすり 』 による 貧乏ゆすり様運動 に関する情報です。

健康ゆすり による ジグリング で変形性股関節症患者の人工関節手術を避ける

変形性股関節症を患い症状が進行すると、人工関節に置き換える手術を受けなければならない可能性が出てきます。患者はどうにかして人工関節にするのを避けたいと思い、セカンドオピニオンを求める人もいるでしょう。

股関節の人工関節置換術がおこなわれる件数は年々増加していて、近年では10年間で約2倍くらいに増えています。

人工関節置換術は、「痛みをとる」ということに関して有効な手段であるのは間違いなく、変形性股関節症で悩む人々に恩恵をもたらします。

しかし、なかには人工関節置換術を安易にすすめてしまう医師がいたり、人工関節の適応が広がりすぎたという問題もあり、まだ、自分の骨を使って治すことができると思われる初期の患者や、回復力がじゅうぶんにある若い患者にまで、簡単に人工関節の手術がおこなわれることがあるようです。

確かに、人工関節置換術をおこなうと、手術後は短期間で痛みが改善する、入院期間が短くて済む、といった利点がありますが、人工関節に置き換えた股関節は、もう二度と自分の股関節に戻すことはできないということに留意する必要があるのではないでしょうか。

そこで、ある整形外科医師に推奨されているのが『ジグリング』という保存療法です。ジグリングとは貧乏ゆすりのように脚をゆする運動のことで、老若男女を問わず誰にでも簡単にできる、変形性股関節症の治療法なのです。

変形性股関節症の改善に有効といえる、手術に頼らない保存療法というのは、世界的にみても無かったようですが、医師が保存療法の一環として患者にジグリングを積極的に実践させた結果、すり減ってしまった股関節の関節軟骨が再生してきた、という改善例がみられました。

それまで、関節軟骨の再生能力は極めて乏しいと考えられていたのですが、私たち人間の自己再生能力というのは素晴らしいもので、ジグリングをおこなって関節軟骨が改善した人の中には、80歳以上という高齢の人もいたといいます。

ジグリングという保存療法のヒントとなったのはカナダの整形外科医師が考案したCPMというリハビリ用器具だそうで、それまでは患部を固定して安静にしていることが医学の常識でしたが、それを覆し、これは患者が自分で関節を動かし屈伸運動をおこなうものです。ただし、このPCMは金額や大きさから考えても一般家庭向きではなく、患者の長期使用が現実的ではなかったために考え出されたのがジグリングだったのです。

医師にすすめられジグリングをおこなった変形性股関節症の患者の症状の改善は多々認められていて、ジグリングは、関節軟骨を再生させ、長期的に症状を改善させる保存療法のかなめとなる可能性を秘めています。

「 健康ゆすり 」 による貧乏ゆすりで変形股関節症の激痛を和らげる!温存療法の決定版

更年期 女性ホルモン 不足で内蔵脂肪太りを招くが不足分さえ補えば痩せる 酢大豆 が効果的

更年期 女性ホルモン 不足で内蔵脂肪太りを招くが不足分さえ補えば痩せる 酢大豆 が効果的です。更年期に入った女性のための情報です。どうしても女性は40歳代を超えたあたりから太りやすくなります。これは女性ホルモンが不足するためです。代謝が落ちて太りやすくなってしまうのです。

更年期 女性ホルモン が減る40代以降、太りやすくなる

更年期 女性ホルモン
更年期 女性ホルモン

スレンダーなほっそりとしたスタイルのいい女性でも、中年になると、男性のようにおなか太りが日立ってきます。いわゆるポッコリお腹が気になるようになります。

厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によれば、男女とも20代から30代40代と肥満者の割合が増えていきます。全体に肥満者が多いのは男性ですが、その数は50代がピークで、それ以上の年齢になると徐々に減少していきます。

これに対して、女性は40代以降で肥満者が急増します。そもそも、肥満になるのは、食事でとるエネルギー(カロリー)が、運動などで消費されるエネルギーを上回ってしまうからという単純な理由です。

つまり、食べすぎや運動不足が肥満の原因になります。しかも、年を取るにつれて、脂肪を燃やす働きのある筋肉の量が減って、脂肪の燃えにくい体になっていきます。そのため、食べる量が若いころと同じようだと、燃やしきれずに残った脂肪がどんどんたまって、肥満になってしまうのです。

さらに、女性の場合は、更年期(一般に閉経前後の約10年間を指す)を迎えて女性ホルモン(エストロゲン) の分泌が減少することも、肥満の原因になっています。
更年期障害(症状・原因・治療)についてはこちら。

女性ホルモンの減少がぽっこりお腹の原因に

エストロゲンは、男性でも分泌されますが、その量は微量で、生涯を通じてほとんど変化しません。一方、女性は30歳前後に分泌量がピークになります。

実は、エストロゲンには内臓脂肪をつきにくくする働きがあります。そのため、若い女性は内臓脂肪太り(内臓脂肪型肥満)になりにくいのです。ところが、女性のエストロゲンの分泌量は更年期以降に急減します。

60歳以降の女性では、なんと男性の分泌量を下回ってしまうのです。エストロゲンの分泌量が減ると、さまざまな更年期障害が現れ、全身の働きにも大きな影響を与えます。

例えば、食欲への影響があります。エストロゲンの分泌量が減ると、レプチンという食欲を抑えるホルモンの分泌が減り、逆にグレリンという食欲を増進させるホルモンの分泌が増えて、食欲が増加します。

また、レプチンの働きが低下することで、内臓脂肪が燃えにくくなるともいわれています。このため、女性はエストロゲンの分泌量が減る40 代から、内臓脂肪が増えて太りやすくなります。もともと女性は下腹部や腰まわり、太ももなどに脂肪がつく皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満)になりやすいのですが、中年以降に内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)が多くなるのはこのためです。

内臓脂肪型肥満は、高血圧や脂質異常、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を進行させるためすぐに解消させる必要があるのです。
この内臓脂肪は、運動や食事といった生活習慣の改善で解消しやすいので、まずは、運動を習慣づけて、余分な内臓脂肪を燃やすようにしましょう。
こまめに動くだけでも、内臓脂肪を燃やす効果があります。食事では、脂っこい肉類はさけて、魚や大豆食品、野菜やキノコ、海藻類を十分にとって栄養バランスを整えることが必要です。

特に大豆製品は「畑の肉」といわれるほど良質なたんばく源であるばかりでなく、女性ホルモンとよく似た働きをするイソブラボンが豊富なので、更年期を過ぎた女性におすすめしたい食品です。大豆食品をとって、イソブラボンを補給すれば、内臓脂肪が燃えやすくなり、おなか太りの解消に役立つでしょう。

女性ホルモン不足の解消には「酢大豆」がおすすめ!

脂肪燃焼成分を豊富に含む大豆

中高年女性の肥満、特におなか太りは、更年期を過ぎてからの女性ホルモン(エストロゲン)分泌量の急激な減少と大きなかかわりがあるのですが、そこで、不足する女性ホルモンを補って、肥満を解消するのにおすすめなのが酢大豆です。
酢大豆はこちら

酢大豆の材料である大豆には、女性ホルモンと化学構造も働きもよく似たイソブラボンが含まれ、もう1つの材料である酢には、体内の脂肪を燃焼させるという働きがあります。
つまり、酢大豆は、大豆と酢の両方の働きで肥満を解消してくれる特効食なのです。

イソブラボンとは、大豆胚芽部分に多く含まれるフラボノイド(植物に広く含まれる色素化合物) の一種です。化学構造が女性ホルモンによく似ていて、体内に入ると女性ホルモンと同様の働きをすることから「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。

大豆を積極的にとれば、イソブラボンが女性ホルモンの代わりとなって働き、内臓脂肪によるおなか太りを解消してくれるのです。実際、静岡県立大学などで行われた実験により、イソフラボンには、女性ホルモン不足による体脂肪の増加を抑える働きのあることがわかっています。

また、大豆の主成分である大豆たんばくは、脂肪燃焼を促す働きがあります。加えて、大豆たんばくに含まれるβ-コングリシニンという成分には、脂肪燃焼を助けるアディポネクチンというホルモンの分泌を、促す働きがあることもわかっています。
大豆のパワーについてはこちらに詳細があります。

酢の代謝アップ効果が相乗効果

方、酢には「クエン酸回路」を活性化させる働きがあります。クエン酸回路とは、摂取した食べ物をエネルギーに変える、いわば体内のエネルギー生産工場のようなものです。

クエン酸回路が活性化すると、エネルギーがどんどん作り出されるのです。ところが、この回路の働きが低下すると、食べ物を効率よくエネルギーに変えることができなくなるため、体内に内臓脂肪をためこんでしまい、おなか太りを招きやすくなります。

そこで、酢を積極的にとってクエン酸回路を活性化させれば、肥満を防ぐことができるというわけです。さらに、酢に含まれるアミノ酸(たんばく質の構成成分)は、脂肪の蓄墳を抑えます。特に酢に多く含まれるリジン、プロリン、アラニン、アルギニンなどのアミノ酸には、内臓脂肪を燃やす働きのあることがよく知られています。

つまり、酢をたくさんとれば、代謝(体内で行われる化学反応)がよくなって内臓脂肪が燃えやすくなり、おなか太りが解消するのです。このように、大豆と酢には肥満を解消する優れた働きがあります。そこで、大豆と酢を同時にとって相乗効果まで期待しようというのが、酢大豆です。といっても、

酢大豆は特に目新しいものではありません。以前、大ブームになって新問や雑誌の紙上をにぎわせたので、覚えている人もいることでしょう。ブームから30年以上たった今でも、日本各地で酢大豆を食べる習慣は脈々と受け継がれています。これは、酢大豆の肥満解消や健康増進に問する優れた働きが、多くの人に認められているからです。

実際、酢大豆を常食することでおなかがへこみ、5キロ、10キロを簡単に減量できた人がおおぜいます。おなか太りに悩んでいる人は、ぜひ試してみるといいでしょう。

酢大豆 ダブルパワーで便秘とサヨナラ

更年期