漢方でも効かなかった更年期によるイライラ、不眠を ヌーススピリッツ で軽減

ヌーススピリッツ うつ病

漢方でも効かなかった更年期によるイライラ、不眠を ヌーススピリッツ で軽減 できたという声が多数集まっています。ヌーススピリッツ は水溶性低分子キトサンをカプセル化しており、メンタルバランスの調整に最適。医師が開発に携わっており、とても安安心です。

更年期とは、閉経の前後5年ずつの10年間です。日本人女性の閉経は平均40歳代後半~50歳くらいですので、45歳から55歳の10年間になります。更年期については、エストロゲン不足によりさまざまな症状がでます。代表的な症状は、

●精神系
  • 頭痛
  • めまい
  • 不眠
  • 不安感
  • イライラ
  • うつ
●血管運動神経系
  • ホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)
  • 動悸・息切れ
  • 寝汗・発汗
  • むくみ
●皮膚・分泌
  • のどの渇き
  • ドライアイ

●消化器系

  • 吐き気
  • 下痢・便秘
  • 胃もたれ・胸焼け

●運動器官系

  • 肩こり・腰痛・背中の痛み
  • 関節痛
  • しびれ

と多岐にわたります。女性ホルモン(卵胞ホルモン:エストロゲン)の量が減少すると、エストロゲンが減っていることを感知した脳の視床下部が脳下垂体に性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン:FSH)を出すように指令を出します。脳下垂体から出たFSHが卵巣に到達して、うまく卵巣が反応すればどっとエストロゲンの量が増え、うまく反応しなければ、視床下部はエストロゲンを増やそうとして、さらにFSHを出します。これが繰り返され、視床下部が焦ってがんばるうちに、同じ視床下部が関わる自律神経が影響を受け、バランスを崩してしまうのです。

また、エストロゲン量の大きなゆらぎに、体がついていけなくなり様々な症状に悩まされます。

これまで病気とは無縁であった方でも45歳を過ぎると、急に発汗する、「ホットフラッシュ」に悩まされたり、ホットフラッシュ以外の症状がとてもツライ人もたくさんいらっしゃいます。

特に何もしないでいると、最初よあらわれた症状りも時間の経過とともに重症化するのが一般的です。症状としてよくあるのは、頭痛、肩こり、めまい、関節痛、冷え、不眠、腰痛、イライラ、憂うつ感、集中力の低下など、更年期の症状は数百種類にも及ぶと言われています。また、複合的に症状が出ることが多く、重い病気では?と不安に思うこともあります。

こうした女性ホルモンに関連する症状に対しては、漢方薬がとても合うからと、漢方薬を処方してもらっても効果無しでがっかりということはよくあります。1~2ヶ月飲んでも改善しないのならほとんど効果無しといっていいでしょう。

更年期で不安な気持ちになっているのに、病院で処方された漢方が効かないとなるとさらにイライラや不安が募ります。なんだか治らないのでは?と悲観的になったりします。

メンタルバランスを調整する ヌーススピリッツ

そこでメンタルバランスを調整するのに役立つのがヌーススピリッツです。ヌーススピリッツは、水溶性低分子キトサンです。キトサンというのは、多糖類の一種で、分子量は数千から数十万に及ぶ高分子です。キチン・キトサンの「キチン」は甲殻類の殻などに含まれる多糖類で、動物性食物繊維です。キチンを加工したものがキトサンとなります。

本来、水に溶けないキトサンを溶性に加工し、分子量も小さくすることで、体内への吸収率を上げ、その効能をより高めたものが水溶性キトサンです。ヌーススピリッツ は、キトサンの持つココロとメンタル面の不調に最適な機能性があることを 発見した精神科医 酒井和夫氏との共同開発によって誕生した 「ココロと気持ちの健康生活を実践する」ためのサプリメントです。

高濃度で凝縮された水溶性低分子キトサン粉末をそのままカプセル化しているので、メンタルバランスの調整に最適です。また、医師が開発に携わっているので安心です。更年期の症状は個人個人症状が千差万別です。誰でも時期がくれば訪れる更年期。人によって違いはありますが、女性では約9割がなんらかの不快な症状に悩みます。「病気じゃないから」と軽く考えるのは、NGです。できるだけ早く対応したほうが早く改善します。

更年期に入ったら少し自分でイライラしているなぁ~と感じたときにはひどくならないうちに飲んでしまうという人もいます。朝・昼・晩という飲み方ではなくて症状がではじめたとき、症状がツライなと思ったときだけお守りのように飲んで症状を軽減させる方法もあります。人によって症状は異なりますが、イライラ系の人はイライラしはじめたら、落ち込み系の症状が強い人は気分が沈みはじめたら飲むという方法もあります。

更年期

 

冷え 頻尿 寒い冬はお腹が冷えて頻尿に悩む人が急増、腹巻きや生姜湯で防ぐ

冷え 頻尿 寒い冬はお腹が冷えて頻尿に悩む人が急増、腹巻きや生姜湯で防ぐのがベストな冷え対策です。特に更年期になると冷えによる頻尿がとても気になります。これまでトイレの回数がかなり少なかった人でも更年期になると、少し体が冷えるととすぐにトイレに行きたくなる頻尿に悩まされます。

冷え 頻尿 冷えると膀胱の働きが衰える

冷え 頻尿
冷え 頻尿

尿意によってトイレに行く回数が異常に増えることを頻尿といいます。冬になると、頻尿に悩む人が急増し、その症状が深刻になるケースが少なくありません。

では、寒くなるとなぜ頻尿が起こりやすいのでしょうか

尿は、膀胱で作られた後、膀胱に運ばれ、いったんそこにためられます。そして膀胱内の尿が一定量に達すると、膀胱壁が刺激され、その情報が末梢神経から脊髄を通して大脳へと伝わって尿意を感じます。

もちろん、尿は摂取する水分量の影響を受け、多量に水を飲めばそれだけトイレに行く回数が増えてしまいます。この場A巧摂取した水分に見合った尿量がしっかりと出ていれば問題ありません。

しかし、水分をとりすぎたという意識もなく、また1回の尿量がそれほど多くないにもかかわらず、頻尿になっているようであれば、それは間違いなく頻尿です。

その頻尿の原因として第一にあげられるのが、体の冷えなのです。体が冷えると、体内で酸素や栄養分を運んでいる血液の流れが悪くなります。そして、末梢の血管まで血流が行き渡らなくなってしまいます。特に冬は、寒さで室内に閉じこもって体を動かす機会が減るため、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が増えて、血液が脂肪により濃くなります。

すると、脳や体のさまざまな組織は酸欠状態や栄養不足に陥り、排尿にかかる腎臓や膀胱といった体に臓器も正常に機能しなくなるのです。

冬はまた、自律神経の乱れを引き起こす原因にもなります。そのことも膀胱に悪影響を及ぼします。冷えが続くと膀胱は自律神経のうちの副交感神経優位の状態に陥ります。副交感神経が優位に働くと、膀胱は収縮するので、尿をためる容量が減ってしまい頻尿の原因となります。

外出時も腹巻きを

このように、体が冷えやすい冬は、非常に頻尿を発症しやすい季節です。では冷えを改善するためにはどうしたらいいのでしょうか。

頻尿に悩む人は、必ずといっていいほど、下半身、特におなかが冷えています。そこでおすすめしたいのが「腹巻き」の着用です。

気温が低くなると、私たちの体は冷えから内臓を守ろうとして、末楷の血流を減らし、おなかの周辺に集めようと働きます。そこで、腹巻きでおなかの周辺を温めれば、おなか周辺の血流がよくなり、おなかに集まっていた血流が全身に回るようになって、ポカポカと温かくなります。

すると、冷えによって生じた血流障害や自律神経の乱れが正され、頻尿の症状はしだいに和らいでいくはずです。
ちなみに、腹巻きというと、高齢者の下着というイメージが強いため、着用するのに抵抗を感じる人もいるかもしれません。しかし、最近はデザインや色も豊富になり、薄手のものも多数販売されているので、外出するときも気がねなく着用することができるでしょう。

 

生姜湯が血流を改善

また、頻尿対策の一環として、冬場は、体を温める効果がある食品を積極的に摂るようにします。

食事をすると基本的に体は温まりますが、アイスクリームなどの冷たい食品はもちろん、生野菜なども体を冷やすので、なるべくならとるのを控えましょう。野菜には食物繊維が多く、健康の維持に絶欠かせないので、冬は野菜炒めや野菜スープなど、温野菜にするといいでしょう。

飲み物で気をつける必要があるのは、アルコールとカフェインです。ビールやコーヒー、紅茶には利尿作用があるので、飲みすぎは禁物です。逆に、冬場におすすめなのが「生姜湯」です。生姜には辛味成分のジンゲロールが大変多く、これが血流を強力に促し、冷えからくる頻尿を和らげます。みなさんも、腹巻きやショウガ湯で体の冷えを取るように心がけ、ぜひ冬の頻尿を防ぐようにしてください。

更年期

更年期とは関係なく頻尿になっているのなら腎臓のチェックをしてみましょう。

更年期 女性ホルモン 不足で内蔵脂肪太りを招くが不足分さえ補えば痩せる 酢大豆 が効果的

更年期 女性ホルモン 不足で内蔵脂肪太りを招くが不足分さえ補えば痩せる 酢大豆 が効果的です。更年期に入った女性のための情報です。どうしても女性は40歳代を超えたあたりから太りやすくなります。これは女性ホルモンが不足するためです。代謝が落ちて太りやすくなってしまうのです。

更年期 女性ホルモン が減る40代以降、太りやすくなる

更年期 女性ホルモン
更年期 女性ホルモン

スレンダーなほっそりとしたスタイルのいい女性でも、中年になると、男性のようにおなか太りが日立ってきます。いわゆるポッコリお腹が気になるようになります。

厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によれば、男女とも20代から30代40代と肥満者の割合が増えていきます。全体に肥満者が多いのは男性ですが、その数は50代がピークで、それ以上の年齢になると徐々に減少していきます。

これに対して、女性は40代以降で肥満者が急増します。そもそも、肥満になるのは、食事でとるエネルギー(カロリー)が、運動などで消費されるエネルギーを上回ってしまうからという単純な理由です。

つまり、食べすぎや運動不足が肥満の原因になります。しかも、年を取るにつれて、脂肪を燃やす働きのある筋肉の量が減って、脂肪の燃えにくい体になっていきます。そのため、食べる量が若いころと同じようだと、燃やしきれずに残った脂肪がどんどんたまって、肥満になってしまうのです。

さらに、女性の場合は、更年期(一般に閉経前後の約10年間を指す)を迎えて女性ホルモン(エストロゲン) の分泌が減少することも、肥満の原因になっています。
更年期障害(症状・原因・治療)についてはこちら。

女性ホルモンの減少がぽっこりお腹の原因に

エストロゲンは、男性でも分泌されますが、その量は微量で、生涯を通じてほとんど変化しません。一方、女性は30歳前後に分泌量がピークになります。

実は、エストロゲンには内臓脂肪をつきにくくする働きがあります。そのため、若い女性は内臓脂肪太り(内臓脂肪型肥満)になりにくいのです。ところが、女性のエストロゲンの分泌量は更年期以降に急減します。

60歳以降の女性では、なんと男性の分泌量を下回ってしまうのです。エストロゲンの分泌量が減ると、さまざまな更年期障害が現れ、全身の働きにも大きな影響を与えます。

例えば、食欲への影響があります。エストロゲンの分泌量が減ると、レプチンという食欲を抑えるホルモンの分泌が減り、逆にグレリンという食欲を増進させるホルモンの分泌が増えて、食欲が増加します。

また、レプチンの働きが低下することで、内臓脂肪が燃えにくくなるともいわれています。このため、女性はエストロゲンの分泌量が減る40 代から、内臓脂肪が増えて太りやすくなります。もともと女性は下腹部や腰まわり、太ももなどに脂肪がつく皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満)になりやすいのですが、中年以降に内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)が多くなるのはこのためです。

内臓脂肪型肥満は、高血圧や脂質異常、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を進行させるためすぐに解消させる必要があるのです。
この内臓脂肪は、運動や食事といった生活習慣の改善で解消しやすいので、まずは、運動を習慣づけて、余分な内臓脂肪を燃やすようにしましょう。
こまめに動くだけでも、内臓脂肪を燃やす効果があります。食事では、脂っこい肉類はさけて、魚や大豆食品、野菜やキノコ、海藻類を十分にとって栄養バランスを整えることが必要です。

特に大豆製品は「畑の肉」といわれるほど良質なたんばく源であるばかりでなく、女性ホルモンとよく似た働きをするイソブラボンが豊富なので、更年期を過ぎた女性におすすめしたい食品です。大豆食品をとって、イソブラボンを補給すれば、内臓脂肪が燃えやすくなり、おなか太りの解消に役立つでしょう。

女性ホルモン不足の解消には「酢大豆」がおすすめ!

脂肪燃焼成分を豊富に含む大豆

中高年女性の肥満、特におなか太りは、更年期を過ぎてからの女性ホルモン(エストロゲン)分泌量の急激な減少と大きなかかわりがあるのですが、そこで、不足する女性ホルモンを補って、肥満を解消するのにおすすめなのが酢大豆です。
酢大豆はこちら

酢大豆の材料である大豆には、女性ホルモンと化学構造も働きもよく似たイソブラボンが含まれ、もう1つの材料である酢には、体内の脂肪を燃焼させるという働きがあります。
つまり、酢大豆は、大豆と酢の両方の働きで肥満を解消してくれる特効食なのです。

イソブラボンとは、大豆胚芽部分に多く含まれるフラボノイド(植物に広く含まれる色素化合物) の一種です。化学構造が女性ホルモンによく似ていて、体内に入ると女性ホルモンと同様の働きをすることから「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。

大豆を積極的にとれば、イソブラボンが女性ホルモンの代わりとなって働き、内臓脂肪によるおなか太りを解消してくれるのです。実際、静岡県立大学などで行われた実験により、イソフラボンには、女性ホルモン不足による体脂肪の増加を抑える働きのあることがわかっています。

また、大豆の主成分である大豆たんばくは、脂肪燃焼を促す働きがあります。加えて、大豆たんばくに含まれるβ-コングリシニンという成分には、脂肪燃焼を助けるアディポネクチンというホルモンの分泌を、促す働きがあることもわかっています。
大豆のパワーについてはこちらに詳細があります。

酢の代謝アップ効果が相乗効果

方、酢には「クエン酸回路」を活性化させる働きがあります。クエン酸回路とは、摂取した食べ物をエネルギーに変える、いわば体内のエネルギー生産工場のようなものです。

クエン酸回路が活性化すると、エネルギーがどんどん作り出されるのです。ところが、この回路の働きが低下すると、食べ物を効率よくエネルギーに変えることができなくなるため、体内に内臓脂肪をためこんでしまい、おなか太りを招きやすくなります。

そこで、酢を積極的にとってクエン酸回路を活性化させれば、肥満を防ぐことができるというわけです。さらに、酢に含まれるアミノ酸(たんばく質の構成成分)は、脂肪の蓄墳を抑えます。特に酢に多く含まれるリジン、プロリン、アラニン、アルギニンなどのアミノ酸には、内臓脂肪を燃やす働きのあることがよく知られています。

つまり、酢をたくさんとれば、代謝(体内で行われる化学反応)がよくなって内臓脂肪が燃えやすくなり、おなか太りが解消するのです。このように、大豆と酢には肥満を解消する優れた働きがあります。そこで、大豆と酢を同時にとって相乗効果まで期待しようというのが、酢大豆です。といっても、

酢大豆は特に目新しいものではありません。以前、大ブームになって新問や雑誌の紙上をにぎわせたので、覚えている人もいることでしょう。ブームから30年以上たった今でも、日本各地で酢大豆を食べる習慣は脈々と受け継がれています。これは、酢大豆の肥満解消や健康増進に問する優れた働きが、多くの人に認められているからです。

実際、酢大豆を常食することでおなかがへこみ、5キロ、10キロを簡単に減量できた人がおおぜいます。おなか太りに悩んでいる人は、ぜひ試してみるといいでしょう。

酢大豆 ダブルパワーで便秘とサヨナラ

更年期