寒い冬はお腹が冷えて頻尿に悩む人が急増、腹巻きや生姜湯で防ぐ

冷えると膀胱の働きが衰える

尿意によってトイレに行く回数が異常に増えることを頻尿といいます。冬になると、頻尿に悩む人が急増し、その症状が深刻になるケースが少なくありません。

では、寒くなるとなぜ頻尿が起こりやすいのでしょうか

尿は、膀胱で作られた後、膀胱に運ばれ、いったんそこにためられます。そして膀胱内の尿が一定量に達すると、膀胱壁が刺激され、その情報が末梢神経から脊髄を通して大脳へと伝わって尿意を感じます。

もちろん、尿は摂取する水分量の影響を受け、多量に水を飲めばそれだけトイレに行く回数が増えてしまいます。この場A巧摂取した水分に見合った尿量がしっかりと出ていれば問題ありません。

しかし、水分をとりすぎたという意識もなく、また1回の尿量がそれほど多くないにもかかわらず、頻尿になっているようであれば、それは間違いなく頻尿です。

その頻尿の原因として第一にあげられるのが、体の冷えなのです。体が冷えると、体内で酸素や栄養分を運んでいる血液の流れが悪くなります。そして、末梢の血管まで血流が行き渡らなくなってしまいます。特に冬は、寒さで室内に閉じこもって体を動かす機会が減るため、血液中のLDLコレステロールや中性脂肪が増えて、血液が脂肪により濃くなります。

すると、脳や体のさまざまな組織は酸欠状態や栄養不足に陥り、排尿にかかる腎臓や膀胱といった体に臓器も正常に機能しなくなるのです。

冬はまた、自律神経の乱れを引き起こす原因にもなります。そのことも膀胱に悪影響を及ぼします。冷えが続くと膀胱は自律神経のうちの副交感神経優位の状態に陥ります。副交感神経が優位に働くと、膀胱は収縮するので、尿をためる容量が減ってしまい頻尿の原因となります。

外出時も腹巻きを

このように、体が冷えやすい冬は、非常に頻尿を発症しやすい季節です。では冷えを改善するためにはどうしたらいいのでしょうか。

頻尿に悩む人は、必ずといっていいほど、下半身、特におなかが冷えています。そこでおすすめしたいのが「腹巻き」の着用です。

気温が低くなると、私たちの体は冷えから内臓を守ろうとして、末楷の血流を減らし、おなかの周辺に集めようと働きます。そこで、腹巻きでおなかの周辺を温めれば、おなか周辺の血流がよくなり、おなかに集まっていた血流が全身に回るようになって、ポカポカと温かくなります。

すると、冷えによって生じた血流障害や自律神経の乱れが正され、頻尿の症状はしだいに和らいでいくはずです。
ちなみに、腹巻きというと、高齢者の下着というイメージが強いため、着用するのに抵抗を感じる人もいるかもしれません。しかし、最近はデザインや色も豊富になり、薄手のものも多数販売されているので、外出するときも気がねなく着用することができるでしょう。

生姜湯が血流を改善

また、頻尿対策の一環として、冬場は、体を温める効果がある食品を積極的に摂るようにします。

食事をすると基本的に体は温まりますが、アイスクリームなどの冷たい食品はもちろん、生野菜なども体を冷やすので、なるべくならとるのを控えましょう。野菜には食物繊維が多く、健康の維持に絶欠かせないので、冬は野菜炒めや野菜スープなど、温野菜にするといいでしょう。

飲み物で気をつける必要があるのは、アルコールとカフェインです。ビールやコーヒー、紅茶には利尿作用があるので、飲みすぎは禁物です。逆に、冬場におすすめなのが「生姜湯」です。生姜には辛味成分のジンゲロールが大変多く、これが血流を強力に促し、冷えからくる頻尿を和らげます。みなさんも、腹巻きやショウガ湯で体の冷えを取るように心がけ、ぜひ冬の頻尿を防ぐようにしてください。

ニラの種「すっきり種」の口コミ、使用感、効能・効果一覧

更年期以降の女性は女性ホルモン不足で内蔵脂肪太りを招くが不足分さえ補えば痩せる 酢大豆が効果的

女性は40代以降、太りやすくなる

スレンダーなほっそりとしたスタイルのいい女性でも、中年になると、男性のようにおなか太りが日立ってきます。いわゆるポッコリお腹が気になるようになります。

厚生労働省の「国民健康・栄養調査」によれば、男女とも20代から30代40代と肥満者の割合が増えていきます。全体に肥満者が多いのは男性ですが、その数は50代がピークで、それ以上の年齢になると徐々に減少していきます。

これに対して、女性は40代以降で肥満者が急増します。そもそも、肥満になるのは、食事でとるエネルギー(カロリー)が、運動などで消費されるエネルギーを上回ってしまうからという単純な理由です。

つまり、食べすぎや運動不足が肥満の原因になります。しかも、年を取るにつれて、脂肪を燃やす働きのある筋肉の量が減って、脂肪の燃えにくい体になっていきます。そのため、食べる量が若いころと同じようだと、燃やしきれずに残った脂肪がどんどんたまって、肥満になってしまうのです。

さらに、女性の場合は、更年期(一般に閉経前後の約10年間を指す)を迎えて女性ホルモン(エストロゲン) の分泌が減少することも、肥満の原因になっています。
更年期障害(症状・原因・治療)についてはこちら。

女性ホルモンの減少がぽっこりお腹の原因に

エストロゲンは、男性でも分泌されますが、その量は微量で、生涯を通じてほとんど変化しません。一方、女性は30歳前後に分泌量がピークになります。

実は、エストロゲンには内臓脂肪をつきにくくする働きがあります。そのため、若い女性は内臓脂肪太り(内臓脂肪型肥満)になりにくいのです。ところが、女性のエストロゲンの分泌量は更年期以降に急減します。

60歳以降の女性では、なんと男性の分泌量を下回ってしまうのです。エストロゲンの分泌量が減ると、さまざまな更年期障害が現れ、全身の働きにも大きな影響を与えます。

例えば、食欲への影響があります。エストロゲンの分泌量が減ると、レプチンという食欲を抑えるホルモンの分泌が減り、逆にグレリンという食欲を増進させるホルモンの分泌が増えて、食欲が増加します。

また、レプチンの働きが低下することで、内臓脂肪が燃えにくくなるともいわれています。このため、女性はエストロゲンの分泌量が減る40 代から、内臓脂肪が増えて太りやすくなります。もともと女性は下腹部や腰まわり、太ももなどに脂肪がつく皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満)になりやすいのですが、中年以降に内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)が多くなるのはこのためです。

内臓脂肪型肥満は、高血圧や脂質異常、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を進行させるためすぐに解消させる必要があるのです。
この内臓脂肪は、運動や食事といった生活習慣の改善で解消しやすいので、まずは、運動を習慣づけて、余分な内臓脂肪を燃やすようにしましょう。
こまめに動くだけでも、内臓脂肪を燃やす効果があります。食事では、脂っこい肉類はさけて、魚や大豆食品、野菜やキノコ、海藻類を十分にとって栄養バランスを整えることが必要です。

特に大豆製品は「畑の肉」といわれるほど良質なたんばく源であるばかりでなく、女性ホルモンとよく似た働きをするイソブラボンが豊富なので、更年期を過ぎた女性におすすめしたい食品です。大豆食品をとって、イソブラボンを補給すれば、内臓脂肪が燃えやすくなり、おなか太りの解消に役立つでしょう。

女性ホルモン不足の解消には「酢大豆」がおすすめ!

脂肪燃焼成分を豊富に含む大豆

中高年女性の肥満、特におなか太りは、更年期を過ぎてからの女性ホルモン(エストロゲン)分泌量の急激な減少と大きなかかわりがあるのですが、そこで、不足する女性ホルモンを補って、肥満を解消するのにおすすめなのが酢大豆です。
酢大豆はこちら

酢大豆の材料である大豆には、女性ホルモンと化学構造も働きもよく似たイソブラボンが含まれ、もう1つの材料である酢には、体内の脂肪を燃焼させるという働きがあります。
つまり、酢大豆は、大豆と酢の両方の働きで肥満を解消してくれる特効食なのです。

イソブラボンとは、大豆胚芽部分に多く含まれるフラボノイド(植物に広く含まれる色素化合物) の一種です。化学構造が女性ホルモンによく似ていて、体内に入ると女性ホルモンと同様の働きをすることから「植物性エストロゲン」とも呼ばれています。

大豆を積極的にとれば、イソブラボンが女性ホルモンの代わりとなって働き、内臓脂肪によるおなか太りを解消してくれるのです。実際、静岡県立大学などで行われた実験により、イソフラボンには、女性ホルモン不足による体脂肪の増加を抑える働きのあることがわかっています。

また、大豆の主成分である大豆たんばくは、脂肪燃焼を促す働きがあります。加えて、大豆たんばくに含まれるβ-コングリシニンという成分には、脂肪燃焼を助けるアディポネクチンというホルモンの分泌を、促す働きがあることもわかっています。
大豆のパワーについてはこちらに詳細があります。

酢の代謝アップ効果が相乗効果

方、酢には「クエン酸回路」を活性化させる働きがあります。クエン酸回路とは、摂取した食べ物をエネルギーに変える、いわば体内のエネルギー生産工場のようなものです。

クエン酸回路が活性化すると、エネルギーがどんどん作り出されるのです。ところが、この回路の働きが低下すると、食べ物を効率よくエネルギーに変えることができなくなるため、体内に内臓脂肪をためこんでしまい、おなか太りを招きやすくなります。

そこで、酢を積極的にとってクエン酸回路を活性化させれば、肥満を防ぐことができるというわけです。さらに、酢に含まれるアミノ酸(たんばく質の構成成分)は、脂肪の蓄墳を抑えます。特に酢に多く含まれるリジン、プロリン、アラニン、アルギニンなどのアミノ酸には、内臓脂肪を燃やす働きのあることがよく知られています。

つまり、酢をたくさんとれば、代謝(体内で行われる化学反応)がよくなって内臓脂肪が燃えやすくなり、おなか太りが解消するのです。このように、大豆と酢には肥満を解消する優れた働きがあります。そこで、大豆と酢を同時にとって相乗効果まで期待しようというのが、酢大豆です。といっても、

酢大豆は特に目新しいものではありません。以前、大ブームになって新問や雑誌の紙上をにぎわせたので、覚えている人もいることでしょう。ブームから30年以上たった今でも、日本各地で酢大豆を食べる習慣は脈々と受け継がれています。これは、酢大豆の肥満解消や健康増進に問する優れた働きが、多くの人に認められているからです。

実際、酢大豆を常食することでおなかがへこみ、5キロ、10キロを簡単に減量できた人がおおぜいます。おなか太りに悩んでいる人は、ぜひ試してみるといいでしょう。

さまざまな不調があらわれる更年期障害(症状・原因・治療)

想像していたよりもはるかにつらい「更年期症状」で悩んでいる場合は、自分に適した治療法を選択することが大切です。薬物療法では「ホルモン補充療法」が効果的ですが、乳がんのリスクも報告されているので、効能、効果そしてデメリットとなる副作用を知り、十分に理解した上で使用するのがいいでしょう。

どの治療法が自分に適しているのか?

「更年期症状」に対する薬物療法の中に、加齢により低下した女性ホルモンを補う「ホルモン補充療法」があります。そのほか、漢方薬や抗うつ薬などを服用する場合もあります。更年期症状の感じ方は人によって異なります。治療を受けるか受けないか、どの治療法を選択するか、どれくらいの期間治療を継続するかなどを決めるのは、最終的には患者さんご自身です。症状の種類や程度、女性ホルモンの低下の程度、それぞれの治療法の特徴などを考え合わせ、婦人科の専門医とよく相談して納得した上で決め治療を開始するといいでしょう。

ホルモン補充療法はのぼせ、発汗などに効果的だが治療中は乳がん検診を受ける

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」があります。ホルモン補充療法の目的は、不足すると特に体に大きな影響を及ぼすエストロゲンを補充することです。一般的に、40歳ごろの濃度50~80pg/mlを保つように補充します。ただし、エストロゲンだけを補充すると、子宮体がんが起こりやすいので、これを防ぐためにプロゲステロンを併用します。

一般に、ホルモン補充療法は、エストロゲンの低下や性腺刺激ホルモンの上昇が認められ、更年期症状が比較的強い場合に向いています。治療を受ける期間は人によって異なりますが、一般的には4~5年以内の治療期間となります。多くの方は、最もつらい時期に治療を始め、次第に薬を減らすなど様子を見ながら治療を終了し、更年期を脱しています。しかし、なかには、「ホルモン補充療法を受けていると心身の調子がよいため、長期間続けたい」といって、検査を受けながら長期間使用している方もいます。

薬の使い方

薬の使用法には、主に次の2つの方法があります。なお、薬には、のみ薬のほか、エストロゲンの貼り薬があります。

  • エストロゲンを連続、プロゲステロンを周期的に使用する方法
    エストロゲンを1ヶ月間毎日使用し、そのうちの約2週間はプロゲステロンを併用します。この方法では月経のような出血が起こります。2つの薬を併用したあと、約1週間の休薬期間を設ける方法もあります。
  • 連続使用の方法
    エストロゲンとプロゲステロンを同時に連続して使用します。初期に出血が起こりますが、やがて治まります。

3ヶ月間程度で効果を判定

ホルモン補充療法は、特に「のぼせ、発汗」などの改善に有効です。また、「動悸、肩こり」などほかの身体症状や、「落ち込み、憂うつ」などの精神症状の改善にも一定の効果がみられます。一般に治療開始から1ヶ月ほどで、何らかの効果が感じられるようになります。3ヶ月間程度で効果を判断し、期待したほどの効果が得られない場合は、ほかの治療法を検討します。なお、女性ホルモンを補うことで、更年期に関連して起こりやすい「老人性膵炎」を改善したり、骨租髭症、動脈硬化などを予防する効果もあります。

治療そのものを受けられない場合もある

ホルモン補充療法を長期にわたって受けると、「乳がん」、血液の塊(血栓)ができて血管が塞がる「静脈血栓塞栓症」「虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)」になる可能性が少し増えると欧米で報告されています。ただし短期(数年)であればリスクはほとんどありませんし、長期の場合でもリスクの上昇はわずかです。

ホルモン補充療法の治療が受けられない人

  • 乳がんや子宮がんになったことのある人や現在、治療中の人
  • 静脈血栓塞栓症を現在治療中の人

治療を受ける際に注意が必要な人

  • 静脈血栓塞栓症になったことのある人
  • 動脈硬化、糖尿病、肝機能障害、高血圧のある人
  • 子宮筋腫、子宮内膜症、乳腺症のある人
  • 胆石のある人

定期的に検査を受けなければならない人

ホルモン補充療法を受けている間は、1年に1回は乳がんや子宮がんの検査を受けることが重要です。そのほか、全身の健康状態を調べるため、一般的な健康診断も受けるようにします。

その他の薬物療法 漢方薬や抗うつ薬が使われる場合も

  • 漢方薬
    患者さんに適した漢方薬が選ばれる」「心を含めた全身状態のバランスを整えて、症状の改善を図る」などの特徴があり、患者さんひとりひとりに合った漢方薬を処方します。漢方薬は、ホルモン補充療法に比べると作用が穏やかです。更年期症状が比較的軽い場合や、エストロゲンがあまり低下していない場合、ホルモン補充療法を受けられない、あるいは希望しない場合に適しています。
    更年期障害の漢方薬の処方はこちら。
  • 抗うつ薬
    「気分の落ち込み、憂うつ、無気力」などがある場合に使われます。
  • 抗不安薬
    不安、イライラ」などがある場合に使われます。
  • 睡眠薬
    「不眠」があるときに使われます。

これらの薬は、エストロゲンがあまり低下していない、ホルモン補充療法を受けられない、あるいは希望しない場合に適しています。いずれも、ホルモン補充療法と併用することもあります。

更年期の期間を快適に過ごすために

軽い運動や好きなことをすることでリラックスする

  • バランスのいい食事
    体調が悪いときには、食事づくりも負担になります。だからといって食生活がおろそかになると、健康によくありません。簡単に調理ができて、栄養バランスのよい献立例をいくつか用意しておくのも大切です。また、「イソフラボン」を含む大豆には、エストロゲンに似た作用があるとされますので、大豆や大豆製品を積極的に食事に取り入れることが勧められます。ほかに「食事でカルシウムをとる」「野菜類や魚などを積極的に取り入れる」「腹八分目を心がける」などで、肥満や動脈硬化、骨粗鬆症などを予防します。
  • 運動による気分転換
    できる範囲で体を動かすようにしましょう。適度な運動は、全身の血液循環をよくし、肩こりなどを予防します。ストレス解消にもいいでしょう。

「更年期障害」下半身の冷えが強い人ほど症状は深刻

更年期の症状を「命の母」で軽減する

ちょうどお金や時間がかかった子育てで一息つく頃に女性は心身の不調に悩まされることが増えてきます。それが更年期障害です。具体的な症状としては

  • のぼせ
  • めまい
  • 肩こり
  • 生理不順
  • 手足の冷え

などが代表的です。
更年期障害をむかえる時期になっているにもかかわらず「どうも体調が悪い」「気分がすぐれない」といって悩む女性が増えています。あらかじめ更年期を迎える前に正しい知識と理解を深めておくことがポイントです。

更年期はある年齢になれば必ず訪れる

更年期は女性であれば誰もが必ず通る通過点です。いざ!というときに冷静に受け止め正しい知識で受け止めることができるようにしておかなければなりません。

更年期とは?

閉経の前後およそ10年間のことをいいます。
一般的には45~55歳と言われていますが、迎える年齢や期間の長さなどはそれぞれ個人差があり希ですが30代で症状を実感する人もいます。この時期は、女性ホルモンのエストロゲンが急激に減少するためにホルモンバランスが乱れて心身ともに不快な症状があらわれます。この不快な症状が更年期障害です。

肩こり・生理不順など普段にも起こる症状が多い

更年期になったら誰もが更年期症状に悩まされるわけではありません。症状は個人個人異なり千差万別です。のぼせや肩こりなどは更年期でなくても生じる症状ですし、こうした身体的なもの以外に不安感やイライラといった精神的な症状もあります。
また、卵巣機能の衰えによる生理不順や血の道症と呼ばれる子宮まわりの不調も代表的症状です。

生活習慣の見直しも有効

当然ですが、生活習慣を見直すことで症状が軽減する場合もたくさんあります。まずは基本的な「バランスのよい食事」です。体のためにも心のためにもバランスのよい食事は大切なのは言うまでもありません。日本も和食が世界で注目されているにもかかわらず国内は欧米化が急速にすすむという変な状況です。たんぱく質、ビタミンなどをバランスよくとるようにします。
次に「軽い運動」です。体がほかほかと温まる程度の有酸素運動が効果的ですので手軽にできるのはウォーキングです。車や電車を使うのが当たり前になっていますが少し歩く習慣をつけるだけで食欲もわき、よく眠れます。小さなストレスなどはウォーキングで吹き飛んでしまいます。
次は「ハーブ」と取り入れるです。お風呂の中に入れたり、ハーブティーとしてお茶で楽しんだりがおすすめです。ハーブには更年期障害を和らげるエストロゲンに似た成分を含むマリーゴールドや頭痛、肩こりに効くローズマリーなどがあります。

ローズマリーの特徴と作用、注意点はこちら。

次に「半身浴」でしっかり体を温めるようにします。しっかり汗をかいて全身を温めるためにはみぞおちまで湯につかる半身浴が効果的です。ぬるま湯で20分程度ゆったりと入るのがおすすめです。

生活習慣の改善で症状がよくならない場合

こうした生活習慣を見直してもなかなか症状が改善されない場合は常備薬を活用します。13種類の和漢生薬と11種類のビタミン系を配合した小林製薬の「命の母A」です。体を内側から温め更年期障害のつらい症状を改善する薬です。13種類の和漢生薬と肌荒れを防ぐビタミンB2を含む11種類のビタミン類の力でデリケートな女性の体をしっかりサポートします。
1回4錠、1日3回毎食後に水またはお湯で服用します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】命の母A(840錠)【命の母】[命の母a]【送料無料】
価格:3755円(税込、送料無料) (2017/11/10時点)

更年期のぽっこりお腹には酢大豆などがおすすめです。中高年女性の肥満、特におなか太りは、更年期を過ぎてからの女性ホルモン(エストロゲン)分泌量の急激な減少と大きなかかわりがあるのですが、そこで、不足する女性ホルモンを補って、肥満を解消するのにおすすめなのが酢大豆です。