ハーブのお酒

残ったワインをハーブで変身させる

ワインは、1度栓を開けたら飲み切らないと味が変わってしまうので、つい開けるのをためらいがちです。でも、ハーブを漬け込めば日持ちするので、毎日1杯ずつ飲んで健康維持に役立ちます。

白ワインなら、ローズマリーの菓や花がついた小枝6本を甘口の白ワイン1本に漬け、4日たったらワインをこします。また、赤の場合は煮立たせた赤ワイン1リットルにカップ2 セージを入れ15 分おいて。こしてから好みで砂糖を入れます。

  1. 甘口のワイン1本にローズマリーの小枝6本を入れます。
  2. しっかり栓をして4日間おきます。
  3. 冷蔵庫で保存し毎食グラスに1杯飲みます。

暑い夏に効果大さわやかミント入り梅酒

ハーブを使った健康酒を作ってみませんか。まずは食欲増進の働きをし、夏パテ防止にもなるさわやかなミント入り梅酒です。
作り方は、梅酒を作るときに、フレッシュミントの葉を1枚一緒に漬け込むだけ。市販の梅酒を使う場合はミントの葉を浮かべるだけでも効果があります。
食前酒として毎日少しずつ飲みましょう。白ワインにミントを入れるミントワインもおすすめです。

バラの香りでリラックス効果大、花びらワインがおしゃれ

気が高ぶって寝つけないとき、「寝酒を飲もうかな」って思うこともあります。どうせなら、おしゃれに飲んで気分よく休みたいもの。
そこでリラックス効果の高いバラを使ったお酒を紹介します。ロゼワインに真っ赤なバラの花びらをぎっしり詰め、コルクで栓をして1 週間。バラが香る赤ワインに変身です。200gの花びらに焼酎1升、氷砂糖100gを容器に入れて、バラのお酒も。ただし、バラは観賞用のものは使わないこと。寝酒は注意も必要です。

食べ過ぎのときにはナツメブランデー

油っこいものを食べたり、外食が続いて胃もたれがするときに消化を助けてくれるのが、ナツメグ入りブランデー。ブランデーは安いもので十分です。
ナツメグ40gをおろし金ですりおろします(粉末でないほうが風味があります)。3カップのブランデーにナツメグを入れ栓をして、ときどき混ぜながら3週間おいて。
キッチンペーパーなどでこして完成。食前にスプーン1杯、寝る前にホットミルクに入れて飲んでもいいでしょう。

  1. ナツメグを40gをおろし金でおろします。
  2. 3カップのブランデーに1を入れて栓をして時々振って混ぜます。
  3. 3週間たったらキッチンペーパーでこしてできあがり

食前におおさじ1または、グラス1杯ずつ飲みます。寝る前にホットミルクに大さじ1を入れてもいいでしょう。

ハーブを使った料理と一緒にハーブ酒を飲むのもおすすめです。

ハーブティー

ハーブティーのおいしい入れ方

ハーブティーは、リラックスや胃腸の調子を整える効能があり、しかもノンカフェインです。その日の気分でハーブを変えて、お茶の時間をヘルシータイムにすればストレス解消にもなります。
上手なハーブティーの入れ方です。

友達が集まったら、ポットを使って入れましょう。透明なハーブティー用のポットもありますが、ふつうのポットでももちろんOKです。

温めたポットに1人分ティースプーン1杯のドライハーブ(フレッシュなら3杯)を入れます。熱湯を注いだらすぐにふたをして、葉や花びらなら3~5分、根や実は5~10分蒸らしましょう。

次は1人分の入れ方です。茶こしとふたがついたハーブティー用のカップが便利です。もしハーブティー用のカップがなければふつうの茶こしにハーブを入れ、ソーサーを逆さにしてかぶせて蒸らしましょう。

ティーバッグはポットにお揚を注いでからポットの縁からすべらすように入れます。すると、ティーバッグに空気が入らず中まで沈み、ハーブがきちんと抽出されます。
ハーブティーは必ずふたをして、熱によきはつって揮発する成分を逃さないようにすることが大切です。

イライラ解消にはハーブミルクがGOOD!

ストレスがたまってイライラしたり、早く寝なければいけないときに限って目がさえてしまって…なんてことありますよね。そんなときは、ハーブミルクがおすすめ。

ミントやシナモンがリラックスさせてくれます。1カップ分のミルクを温めます。そこにはドライのペパーミント小さじ1を入れ、ふたをして5分蒸らします。飲む前にこして温め直します。ミルクにシナモンパウダーをふりかけたシナモンミルクも同様に効果があります。

合わせて寝室の環境も快眠できるように工夫するさらに効果的です。
やすらぎの香り

風邪の症状にもハーブティーが効く

風邪気味で気分がさえない、のどや鼻の調子が悪い、そんなときはハーブティーで早めにケアしましょう。寝付けないときは、タンポポの根とカモミールを同量混ぜたもの小さじ1で、コップ1杯分のハーブティーを作ります。
10分蒸らしたらレモンやハチミツを入れて飲みましょう。

また、鼻風邪にはユーカリ、エルダーフラワーを、のど風邪にはセージ、マシュマロー、マレインがそれぞれ効きます。

胃腸が不調のときは、カモミールやミント

油っぼいものを食べすぎたときや、体調を崩して胃が弱っているときのむかつきなどで辛いときがありますね。カモミールには鎮痛、鎮静作用があり、ヨーロッパでは古くから胃腸の調子が悪いときに飲まれています。ティーバッグになったものは手軽なので、常備しておくと便利。そのまま飲んでもいいですが、

ハチミツを加えれば飲みやすく、疲れもとれます。また、ミントも鎮痛、消化促進作用があるのでミントティーを飲むのも効果的です。

熱っぽくて体が少し火照っているようなときはスパイス入りハニーレモン

「何となく熱っぼい。明日は会社休めないし困ったな」というときのお助けハーブティーです。一晩ですっきりします。レモン1個をしぼり、ハチミツ大さじ1を加えてお湯で割り、クローブ1粒を浮かべてシナモンスティックでかき混ぜます。

クローブやシナモンがからだを温め、老廃物を体外に排出してくれるのです。レモンパームも解熱作用があり効果的です。ポットに4〜5枚の葉を入れてお茶を作り、ハチミツを加えて飲みましょう。

のどの不調、お腹がはって苦しいときはタイム

のどがいがらっぼくてチクチク痛むときは、風邪の初期症状。早めに対処します。

2分の1カップの水にタイム(ド下ライなら小さじl、生なら枝5~6本) を浸し、その水でうがいをします。
タイムには痛みを和らげる成分が含まれています。また、お腹が張ってガスがたまり不快なときもタイムが役立ちます。タイムの2を1本ポットに入れ、ハーブティーにして飲みます。タイムは種類が豊富すが、レモンタイムが飲みやすくておすすめです。

安い紅茶でも工夫次第で

スーパーの安売りで買ってきた紅茶、値段はよかったんだけど昧がいまいち。というときに重宝するのが、アールグレイの香料として使われるベルガモット。

ずっと飲み続けて味に飽きてしまった紅茶も、次の方法で香りをつけて変身させることができます。ベルガモットのエッセンシャルオイルをコットンに1滴たらし、紅茶の缶のふたに張りつけます。ただし、オイルは葉につけないように注意します。約2週間でアールグレイの香りがつきます。


ハーブを使った料理

普段の料理にプラスαするだけでOK!

イタリア料理やフランス料理のレストランに行くと、お皿が運ばれた瞬間にふわーっといい香りがします。それは、ソースにも飾り付けにも、ハーブを使っているためです。見た目にもとても綺麗です。
最近はいろいろなハーブがスパイス売場で簡単に手に入るようになりました。そこで、いつもの料理にハーブをプラスして、レストランの味に変えてみましょう。ハーブは彩りも美しいので、お客様のおもてなしにも最適です。

たとえば、フレッシュハーブなら、こんな使い方がおすすめ。

  • サラダにちぎったハーブをトッピング
  • フライドチキンなどの衣や、ハンバーグに刻んで入れる
  • パンを焼くときオーブンの天板に敷く
  • サンドウィッチにちぎってはさむ
  • 盛り付けのときに一枝添える
  • 塩に混ぜて料理や手作りドレッシングに
  • 味に飽きてしまった紅茶の葉に混ぜる
  • ホットミルクに入れる

手作りハーブオイルなら料理にもサラダにも活躍

良質の植物性オイルに1種または数種のハーブを漬け込んで、香りを移したものがハーブオイル。料理はもちろん、ハーブによってはバスオイルにも利用できるスグレモノ。
では、作り方をご紹介。
フレッシュハーブをひとにぎり、熱湯で消毒したビンに入れ、ハーブがかぶるくらいのオイル(オリーブオイルやサンフラワーオイルなど)を注ぎます。
ゴミやほこりが入らないように、ガーゼなど通気性がいい布でふたをして。それを、日の当たる暖かいところに約1ヶ月置いてハーブを取り出せば出来上がり。
ときどきスプーンでかき混ぜるのがポイント。香りが弱ければハーブを新しいものと取り替えて同じ作業を繰り返して。タイム、マジョラム、バジル、ローズマリー、フェンネル、ガーリックにクローブをさしたもの、セポリーなどが適しています。
ドライは香りが強いので、使うときは量を3分の1くらいに減らして使用します。
ソテーやドレッシングなどに1本あれば大活躍。作り方は簡単だし、きれいなビンに作って窓辺やキッチンに並べれば、お部屋のインテリアにもなっておしゃれです。

酢がまろやかに!

お酢の酸味が消え、まろやかな味になるハーブビネガーは、料理の味を引き立てレパートリーを広げてくれます。ハーブオイルと一緒に作って料理に活躍させましょう。
熱湯消毒したビンに好みのハーブを一束またはひとにぎり入れ、ハーブがかぶる量のワインビネガーを注ぎます。ガーゼでふたをしたら、窓辺などの暖かいところに置いて。ときどきビンをゆすって、1週間くらいしたらハーブを取り出しましょう。香りが弱い場合は、新しいハーブを入れてさらに1週間くらいねかせます。

タイム、ローズマリー、ディル、バジル、タラゴン、フェンネル、マジョラム、セージなどが合います。赤唐辛子を1本人れるとビリッとしたビネガーに。

保存するときは、一度ハーブビネガーをこしてコルクの栓をします。金属のふたはさびてしまうので注意してください。ドレッシングやマリネ、ソテーした肉や魚にかけて使いましょう。また、ハーブビネガーをしょう油で割って、ゴマの味がするロケットというハーブと大根を2 ~3時間漬ければ、おいしい漬物が出来上がり。塩を一切使わずヘルシーです。

ハーブプラスバターでいつもの料理がごちそうに早変わり

ハーブバターは、作り方も簡単で冷蔵庫に長く保存できるので、作っておくととても便利。トーストだけでなく、バゲットや胚芽パンに塗れば、ランチやディナーの1品に変身。ハーブバターでソテーすれば肉や魚がぐんとおいしくなります。

作り方は、室温で柔らかくしたバターにフレッシュハーブは刻んで、ドライハーブならそのまま練り込むだけ。パンにはセージ、肉にはチャービル、魚にはフェンネルやタラゴンがよく合います。

手作りなら安上がりに作れるハーブチーズ

高級スーパーなどで見かける、ハーブ入りのクリームチーズ。とてもおいしそうだけど、値段にちょっとびっくり。でも、市販のクリームチーズにハーブを混ぜれば、オリジナルチーズが作れるんです。簡単でおいしく、しかも見た目もきれい。小さな器に何種類か作っておけば、ホームパーティーなどでカナッぺやサンドウィッチにも大活躍します。

作り方は、クリームチーズを室温で柔らかくして、フレッシュハーブを刻んで混ぜるだけ。好みでレモン汁やにんにくのみじん切りを加えてもいいでしょう。
チーズに合うハーブは、チャービル、パセリ、タラゴン、バジル、クレソン、マジョラム、タイム、セージなど。1種類でもいいし、数種類組合せて使ってもいいでしょう。
7種類のハーブとシェリーの香り豊かなチーズの作り方を紹介します。タラゴン、タイム、チャイブ、チャービル、パセリ、セージ、セポリーのみじん切り計大さじ2と、チェダーチーズ100グラム、バター、シェリー酒各大さじ2をチーズが溶けて柔らかくなるまでよく混ぜます。昔からイギリス北西部に伝わるチーズです。

暑い夏にさわやかなフレッシュトマトの砂糖菓子

おもてなしに最適な、ミントを使ったお菓子です。白い紙やレースの上に並べたり、アイスクリームやクッキー、ムースなどに添えて、爽やかさを演出しましょう。水洗いしたミントの葉を、傷めないように水気を切ります。表面に卵白を塗り、ググラニュー糖をふりかけて乾燥さます。テーブルに出すまでに冷蔵庫に入れて冷やしておきましょう。バラの花びらも同様の方法で砂糖菓子に変身します。

ハーブ入りキャンディー

暑い日のお客さまを、見た目にも涼しげなハーブ入りのアイスキューブでお迎えしてみませんか。ハーブは何でもいいのですが、ミントなど、飲み物と相性がいいものを選びましょう。
製氷皿に半分だけ水を入れ、その上にフレッシュハーブをそっと浮かべて凍らせます。凍った上に水を足して凍らせれば、ちょうど真ん中にハーブが入ります。アイスティーやソーダに浮かべてサーブすれば、色もキレイです。
ハーブティーについてはこちら