高麗紅参の効果マニア

30種類以上のサポニン群によるさまざまな薬効の紹介。

効能

高齢化社会の深刻な問題「認知症」 現代社会における大きな問題点になる

投稿日:2013年5月21日 更新日:

高齢化社会と言われる現在、認知症患者は急増していて、2005年では約205万人でしたが、この調子でいけば、2020年頃には約300万人に達するとみられています。そうなると介護者を含めた約1000万人以上の国民が何らかの形で認知症問題に関わることになります。

脳の血管が詰まることで起こるものと、脳全体の異常な老化が原因のものとある

認知症とは、後天的な脳の器質的障害により、一旦正常に発達した知能が低下した状態を言いますが、単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった、誰にでも起こる現象は含まず、病的に能力が低下する場合のみを指します。
認知症は大きく分けると「脳血管性認知症」と「アルツハイマー型認知症」の2つのタイプになります。
以前は前者が多かったのですが、現在は後者の患者が多くなっています。

脳血管性認知症は生活習慣病からくる小さな脳梗塞が多発し、脳の血管が詰まり、脳の組織が徐々に死んでしまい、認知症や運動に障害が出てくるものです。
従って、その治療には脳梗塞や脳出血への治療が有用と考えられ、脳血流改善薬や脳血管拡張薬、脳代謝賦括薬などが用いられます。
一方、アルツハイマー型認知症は、脳全体に異常な老化が起こり、脳の司令部である大脳皮質に障害が発生し、そのため脳内のあらゆる情報伝達がうまくいかず、認知症症状がきわめてゆっくりと進行していきます。治療薬は情報伝達を担うアセチルコリンを分解する酵素アセチルコリンエステラーゼを聾する薬(「アリセプト」) だけが、厚生労働省から認められています。しかし、残念ながらアルツハイマー型認知症を発症すると10年から15年で死亡すると言われています。

初期症状

  • 職場で手紙の住所や日付を書き間違える
  • つじつまの合わない文章を書くようになる
  • 人の名前や物を仕舞った場所を忘れたり、約束を忘れる

進行症状

  • 通勤の道を間違える
  • 家の中でトイレの場所を忘れる
  • 年齢がわからなくなってしまう
  • 言葉の最後の数語を反復させる
  • 人形を子供と信じてなでたり、あやす
  • 食事をしたことを忘れ、食べた直後に「食事はまだ?」と催促する

重症化

人格が変化し、感情的に不安定になり、術卸したり、環境に適応できずに
さまざまを問題を引き起こし、ついには精神の荒廃状態に陥り、言葉を発す
ることもできなくなり、寝たきりになる。

このように、認知症は、本人はもちろんのこと、家族など周りの人の生活にも暗く大きな影響を与える深刻な病気です。しかし、その根本的な治療薬はまだ開発されておらず、その開発が社会的に熱望されているのが現状です。

高麗紅参の作用で神経細胞の死滅を抑制することでアルツハイマー型認知症に有効に作用する

近年、「アミロイド仮説」に基づくアルツハイマー型認知症の根本治療薬の開発研究が盛んに行われています。
アミロイド仮説とは、脳内におけるアミロイドβタンパクが増加・蓄積すると神経の変性・脱落が起こり、アルツハイマー病発症の原因となるという仮説です。
最近、高麗紅参のアミロイドに対する影響を調べた臨床試験が数多く報告されており、大変興味ある結果が出ています。

また、高麗紅参の脳血管性痴呆症に対する効果も発表されています。実際に行われた実験では、細胞実験により、高麗紅参はアミロイドβタンパクにより神経細胞が死滅することを抑制することがわかりました。
同様の結果が世界各地の研究者によって確認されています。また、韓国・ソウル医療センターやソウル国立大学病院で行われた臨床実験でも、高麗紅参を投与したアルツハイマー病患者に改善が見られたことがわかっています。

脳血管性痴呆症についても、紅参の主要有効成分であるサポニンのジンセノサイドRb1やRb2が有効な薬物となりうることを示唆しているとの報告があります。これらの結果から、高麗紅参は副作用がないことから、根本的な治療薬の補助として、認知症患者の予防および治療に利用されていくことが期待できるのです。

-効能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

痛みのストレスと不安が大きい「腰痛」

日本で、腰痛に悩む人は約1200万人とも言われ、年代別では50~80歳で60%以上にもなります。しかし、腰痛を予防することは、たとえば糖尿病や高血圧などの生活習慣病や風邪などを予防するのとは異なり独特 …

高齢化社会とともに急増中の「骨粗鬆症」

国内の骨粗鬆症患者数は、現在1100万人と推定され、今後、高齢化が進むにつれ、患者数は急増していくものと考えられています。骨粗鬆症の患者数は男性に比べ、女性が2倍も多いことも特徴です。 骨粗鬆症とは、 …

寝たきりの原因第二位の「関節痛」

日本人の寝たきりの原因、第1位は脳卒中ですが、第2位は骨折・関節疾患です。実は、ここ数年、骨折・関節疾患による寝たきりは急激に増加していて、第1位の脳卒中に近づく勢いで急増しています。 日本の関節痛の …

現代病と深く関連する「ストレス」

現代は、ストレス社会とも言われ複雑化する社会の中で悩んでいる人もたくさんいます。。適度なストレスは生活にメリハリをつけ、心身を強くするトレーニングにもなります。しかし、過度のストレスは心身のバランスを …

生活習慣病では定番となってしまった「脂質異常症」

「脂質異常症」はかつては「高脂血症」と呼ばれていた病気です。2007年に高脂血症から脂質異常症に改名されました。 平成18年の時点での栄養調査の結果によると、「脂質異常症が疑われる人」は約1410万人 …