高麗紅参の効果マニア

30種類以上のサポニン群によるさまざまな薬効の紹介。

効能

生活習慣、多種多様な病気から生じる「むくみ」

投稿日:

「むくみ」のに悩んでいる人は、国内に1000万人以上いると言われ、そのうち7割が女性です。特に40歳以上の女性は注意が必要と言われています。
むくみは生活習慣やさまざまな病気から起こりますが、ストレス社会の現代においては、患者数は年々増加傾向にあります。むくみは単に症状として辛いだけでなく、活力そを削いで、生活の質を損なうことにもなりかねません。決して軽く考えず、早めの対処を心がけましょう。

体内の余分な水分が皮下組織に過剰に溜まっている状態

起床時に、顔が「パンパン」に腫れている、まぶたが重い、夕方になると足が「重い」「だるい」と感じて、靴がきつく感じる。そんな症状がむくみです。むくみ(浮腫) は、体内の余分な水分が皮下組織に過剰に溜まっている状態をいいます。むくみが出る場所は足、手、顔など、さまざまです。

足のむくみ

足の細胞間に水分が溜まり、足が膨らんでしまう状態。重力の関係で、水分は足に溜まってしまうため、むくみやすいのです。血液やリンパの循環が悪い、つまり新陳代謝が悪くなると起こります。足のむくみには以下のような理由が考えられます。

  1. 長時間立ちっばなし・座りつばなし
  2. 塩分の摂りすぎ
  3. 冷え性による
  4. ホルモンバランスによる
  5. 骨盤のゆがみによる
  6. 妊娠による
  7. 外反母趾による

手のむくみ

手のむくみは、パソコン作業や調理関係の仕事をはじめ、手を使う頻度が多い人は注意が必要です。放っておくと、いつの間にか二の腕にセルライトが付着してしまいます。セルライトは血行不良や脂肪の代謝不良が原因で生じる脂肪の固まりで、一度付くとなかなか落としにくい厄介な脂肪です。

顔のむくみ

顔のむくみには主に2つの原因が考えられます。

  1. 生活習慣の乱れによる(食べすぎ、睡眠不足、運動不足、塩分の摂りすぎ等)
  2. text
  3. ケインケ浮腫

    急に唇が腫れたり、目の周りが赤くなったりすることをケインケ浮腫(突発性局所性浮腫) といいます。突然、口や唇、目の周りなどにむくみが起こります。何らかの理由で血管の神経の過剰な興奮により、毛細血管の透過性が高くなるのが原因で、アレルギ一体質や、自律神経が不安定な人に多く発症します。

    高麗紅参の作用は、血流改善とホルモンバランスの調節機能で、体の内側から解消

    むくみは原因によって対処法は違ってきます。たとえば、立ちっばなしなどによる足のむくみは、足を上下させたりして、時々違う体勢をとることで改善します。
    塩分の摂りすぎなど食生活や生活習慣の乱れが原因のむくみは、食生活の見直しや生活リズムを整えることが必要不可欠です。
    毎日適度な運動を行うことで、血流を改善し、全身の代謝アップを図ることも大切です。それらに加えて高麗紅参を服用することで、血流を促し、冷えや睡眠不足などを解消させ、むくみの改善が期待できます。また、ホルモンの乱れが原因の場合も、高麗紅参のホルモンバランス調節機能によって、むくみを媛和できます。
    更年期に起こるむくみにも高麗紅参は有効です。むくみは体の何らかの不調のサインです。早めの対処で、体調不良の元から改善することが大切です。

-効能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

血管疾患を引き起こす「高血圧」を改善低血圧にも効果

国の調査によると、日本人の死亡原因の1位はがん、2位は心臓疾患、3位は脳血管疾患とされています。その心疾患や脳血管疾患の原因の多くは「高血圧」と言われているのです。 高血圧症患者を調査してみると、血管 …

年々急増の「糖尿病」

糖尿病患者とその予備軍は2000万人と推定され、その数は年々急増しています。これには食生活を含めた生活習慣の悪化が要因となっています。糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす病気として非常に恐れられていま …

寝たきりの原因第二位の「関節痛」

日本人の寝たきりの原因、第1位は脳卒中ですが、第2位は骨折・関節疾患です。実は、ここ数年、骨折・関節疾患による寝たきりは急激に増加していて、第1位の脳卒中に近づく勢いで急増しています。 日本の関節痛の …

女性の大半が悩む「冷え症」

冷え性は東洋人に多く、特に日本人の7~8剖が冷え性だと言われています。特に女性に多く末梢への症状が目立ちます。 西洋医学に「冷え性」という病名はありませんが、東洋医学では、冷え性は治療の必要があるけん …

痛みのストレスと不安が大きい「腰痛」

日本で、腰痛に悩む人は約1200万人とも言われ、年代別では50~80歳で60%以上にもなります。しかし、腰痛を予防することは、たとえば糖尿病や高血圧などの生活習慣病や風邪などを予防するのとは異なり独特 …