痛風 プリン体 制限 より糖 制限 が効く

痛風 プリン体 制限 より糖質制限が効くことをご存じでしょうか。痛風は、手や足に突然激しい痛みが起こります。 痛みは一箇所に生じ、複数が一気に痛むということはありません。 また、痛みのある部分が赤く腫れることもあります。 2~3日は歩けないほどの痛みが続き、その後1~2週間で徐々に治まっていきます。

痛風 プリン体 制限
痛風 プリン体 制限

痛風 プリン体 制限 より糖 制限

痛風は、腎臓で尿酸が排出できなくなる病気です。痛風は、体内に存在するプリン体という物質の最終産物、つまり老廃物である尿酸が血液中で結晶化して発症する病気です。尿酸は肝臓で分解された後、腎臓から尿とともに排泄されますが、この「産生」と「排泄」のバランスが崩れると体内に蓄積し、血液に溶けきれなくなつた過剰分が結晶となつて足の親指の付け根などの関節に溜まります。

この結晶が何らかの刺激を受けて関節から剥がれ落ちると、これを異物と認識した白血球が攻撃し、その結果、関節に炎症が起きて激しい痛みを生じます。

プリン体は細胞の核に含まれるDNA の主成分でもあり、エネルギー伝達物質という大切な役割を担っています。もともと体内に存在するものですが、ほとんどの食材にも含まれています。

このプリン体を多く含む食材を摂りすぎると、処理しきれなかった尿酸が血液中に増えた状態が続くわけです。そ」で痛風患者は、一般的には尿酸を増やす原因であるプリン体を減らすように指導されます。

しかし、根本原因は糖の摂りすぎによって、内臓脂肪が増えることにあるのです。内臓脂肪が蓄積すると、脂肪細胞からはたくさんの遊離脂肪酸が分泌されます。

これが血液に乗って肝臓に運ばれると、プリン体の代謝が過剰になって尿酸がたくさんつくられるようになります。その尿酸は排泄するために腎臓に運はれますが、態栃が淘まっている嘉では排准が阻害されてしまうのです。

糖質排泄 に役立つ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください