耳鳴り 改善 食品 ビタミンB群 を積極的に摂るとよい

耳鳴り 改善 食品 ビタミンB1 を積極的に摂るとよいでしょう。実は日本人の 4 人に 1 人は慢性的な耳鳴りに悩んでおり、特に高齢者では多く発生し、難聴者において 30 ~ 40 % が耳鳴りと認められています。 耳鳴りの原因は明らかにはされていませんが、内耳の障害に伴う感音難聴がもっとも一般的です。

耳鳴り 改善 食品 ビタミンB1

耳鳴り 改善食品 ビタミンB群
耳鳴り 改善食品 ビタミンB群

「人は口にしたものでできている」とよく耳にします。耳鳴りの改善にも、食事は大事な意味を持ちます。特に意識してとりたいのは、ビタミンB群です。ビタミンB群のなかでも、ビタミンB12 は、内服療法や、鼓室内注入療法などで使われる成分です。

ビタミンB12には傷ついた神経を修復したり、正常な血液をつくつたりする働きがあります。中枢神経や末梢神経の働きを調整する役割もあります。内耳の血流をふやし、興奮する神経を鎮めるために不可欠な栄養素なのです。

ビタミンB12は、レバー、うなぎ、貝類、サンマ、卵、チーズ、焼きノリに豊富です。反対に、野菜類にはほとんど含まれません。健康増進やダイエット目的に動物性食品を食べない人がいますが、実はそれも不健康なことなのです。耳鳴りの人は、特にビタミンB12を含むこれらの食品をバランスよくとるようにしましょう。

タミンB12の造血作用は、葉酸(ビタミン哲をともに摂取することで増強されます。葉酸はレバー、緑黄色野菜、焼きノリに豊富です。ビタミンB1も大事です。

これには、脳の中枢神経や末梢神経の働きを正しく保つ作用があります。ご飯などに含まれる糖質をエネルギーに変えるうえでも使われます。よって、これが不足すると、疲労感やだるさ、無気力感が強くなり、不眠やイライラが増悪したりします。耳鳴りの悪化も招きます。ぜんりゆうこくもつビタミンBlは豚肉、ウナギ、大豆、ゴマ、玄米やソバなどの全粒穀物に豊富です。反対に、糖質を多く含むお菓子類を食べすぎると、ビタミンB1が不足してしまいます。

糖質の分解にはビタミンB1が必要であるため、糖質の豊富なものをとっていると、それを無駄に消費するのです。疲れていると甘いお菓子を食べたくなりますが、それは耳鳴りを悪化させる行為となります。

甘いお菓子を食べるのならば、ビタミンCを多く含む果物を食べることをお勧めします。ほかにもビタミンB群の仲間はたくさんあります。なさらに、内耳の血流をよくするため、血液をサラサラにする働きのある食べ物を意識してとるようにしましょう。

納豆
納豆に含まれるナットウキナーゼという栄養素には、血栓(血の塊) を溶か
す働きがあるとされます。
海藻
コンプやワカメ、モズク、ヒジキなどの海藻類には、アルギン酸という水溶性の食物繊維が含まれます。これには、コレステロールの吸収を妨げて、動脈硬化を
防ぐ効果があります。腸の健康増進にも不可欠な栄養素です。
梅干し・お酢・レモン
梅干しやお酢、レモンなどには、クエン酸という酸味成分が含まれます。この酸味成分に、血液をサラサラにする働きがあります。また、疲労
回復にも効果的です。
ビタミンC の豊富な野菜や果物
ビタミンC は、血管壁を強くする働きがあるとともに、体内をアンチエイジング(抗老化) させる抗酸化作用があります。この栄養素
は、イチゴやミカン、カキ、キウイなどの果物や、ブロッコリーやパセリ、菜の花、コマツナ、ピーマン、ジャガイモなどの野菜に豊富です。
ビタミンE の豊富な食品
ビタミンEは、体内の酸化を防ぎ、アンチエイジング作用の非常に強い抗酸化物質の一つです。動脈硬化の予防に欠かせない栄養素でもあり

食習慣

耳鳴り 毛染め 原因 になっていることも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください