ナノクラスター水 クラスターの小さい水の効果

ナノクラスター水
ナノクラスター水

ナノクラスター水 という言葉を聞いたことがあるでしょうか。クラスター水とはどんなものか、ナノクラスター水のどんな点が優れているのかを検証し、代表的な ナノクラスター水 を紹介します。

ナノクラスター水

健康や美容のために水を飲むことが大切なのは多くの人が知っているでしょう。私たち人間の体は成人で6~7割が水分で、例えば2~3日遭難したとしても水さえ確保できていれば命を落とすことはありません。生命にとって水はかけがえのないものであることは言うまでもありません。

それでは、クラスターが小さい水 クラスター水 の効果はどこにあるのでしょうか。

健康にいい水やおいしい水の宣伝に「 クラスターが小さいからいい 」といった文言が目につくことがあります。また、浄水器などでもクラスターの小さな水が体にいいという広告もよく耳にします。「 クラスターの小さな水 は体内で吸収されやすく、新陳代謝を活発にします。新陳代謝をうがすことによって体内で不要になった老廃物も早く排出されるようになり、血液がサラサラになるのです。 」という感じで説明されているのが一般的です。

はたして、クラスターとはどんなものなのでしょうか。液体状態の水は孤立した水の分子 H2O(エイチ・ツー・オー) が集まったものではありません。液体の水は水分子が互いに引っ張り合いながら、ある大きさを持った「かたまり」をつくっているのです。

水は分子1個では存在できず、水素結合を行なって最低5分子以上がつながっている。そして、その状態は固定しておらず、大集団を作ったり壊れたりを繰り返しています。

こうした分子のかたまりを「クラスター」と呼びます。クラスターとはブドウなどの房を意味する言葉で、分子が数百個集まった状態にあると考えられるものです。こうしたクラスターの大きさは一定ではなく、1兆分の1秒というものすごい速度で、かたまりが壊れたり生まれたりしています。そのため、クラスターの大きさを測定することは不可能です。液体の水の動的構造については、現在では、ある大きさの水のクラスターが長い時間存在することはなく、また、大きさのそろったクラスターが一定時間存在することもあり得ないとされています。

ナノクラスター水 というのは、 ナノ ( 10億分の1 )レベルのクラスター構造をもった水ということになります。

少し脇道にそれてしまいましたが、

つまり クラスター水 というのは、分子が小さい水ということです。そして、分子が小さいと 身体に浸透していきやすい ということになります。また、分子が小さいと、水を飲んだときに口当たりがまろやかに感じます。

例えば血液の場合だと、クラスター値が小さい水を飲むことで、血がサラサラになり、血栓がつくられにくくなるというメリットがあります。

では、いつも飲んでいる水道水のクラスター値はどのくらいでしょうか。それは、115Hz ~ 140Hz です。そして、一般的な ミネラルウォーター や浄水器でろ過した水が 110Hz ~ 130Hz くらいだといわれています。

今回紹介する クラスター水 は

の 2 種類です。

クラスター水 XYZ サイズダウン は、水の分子集団(クラスター)をサイズダウンさせる特許技術で誕生しました。 ナノクラスター水 VIVO は、製造技術で、自然水をナノ(10億分の1)レベルのクラスター構造に変換されています。

コメント