中性脂肪

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動 有酸素運動でなければ脂肪は燃えない

投稿日:

脂肪が燃焼しはじめるまでには少し時間がかかる

運動には大別すると2つの種類があります。1つは、体内に酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動(エアロビクス) と、もう1つは酸素をほとんど消費しないで瞬発的にエネルギーを使う無酸素運動(アネロビクス)です。

高中性脂肪血症や肥満をはじめ、生活習慣病に効果があるのは有酸素運動です。運動で使われるエネルギー源は、まずグリコーゲン、次にブドウ糖、そして脂肪の順。無酸素運動のような急激な運動は、脂肪が消費される前に終わってしまいますが、有酸素運動は長く続けることができるため、中性脂肪がしっかり消費されます。

初心者からベテランまでやっぱりウォーキングがおすすめ

また有酸素運動の利点は、体力に合わせて強度を調節できることです。心臓の負担も少なく、血圧を急上昇させるようなこともなく、中高年の方でも安心して行うことができます。

代表的な有酸素運動はウオーキングやジョギング、水中歩行などのアクアビクス、水泳、サイクリングなど。なかでも、ウォーキングがおすすめです。
食事療法は毎日のことですが、実は運動療法も毎日が望ましく、継続させなければなりません。その意味で、ウオーキングは日常的な動作であり、取り組みやすいのです。毎日が無理なら、せめて1週間に3~4回は行いたいもの。それもできないときは、はや足で歩く、階段を上るなどしましょう。

無酸素運動で筋力の低下を防ぐ

無酸素運動は、筋肉を鍛えるには最適の運動です。筋力をつけることは有酸素運動をラクに行うためにも必要で、筋肉が多いとエネルギーもたくさん消費できます。

そこで、有酸素運動に、筋肉トレーニングを適度に組み合わせると理想的です。ただし、血圧を急上昇させるおそれのある、息を止めて力むような運動は避けます。自然な呼吸下で行うのがポイントです。

代表的な脂肪を燃やす有酸素運動4つ

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳
  • サイクリング

代表的な筋肉を鍛える無酸素運動2つ

  • ダンベル体操
  • 100mダッシュ

激しい運動は事情あって出来ないという人に

さまざまな事情でこうした有酸素運動をやりたくても出来ない人も多数いらっしゃいます。そんな人におすすめなのは、日常生活の中の運動量もバカにできないなどが参考になります。無理をしてはいけません。自分の出来る範囲で行い、また少しずつ運動量を上げていくのがポイントです。

体が健康でなまっている人も
カロリーを効率よく消費するためには話ができる速度で歩くのが正解! 15分以上歩かないと脂肪は燃焼してくれない αリポ酸 ダイエット

などの情報は多々目にしますが、無理しないように少しずつ運動量を増やすのが大事です。アスリートのような運動量をいきなりはじめれば体が壊れてしまいます。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リフレッシュ効果の高いサイクリング

スピードと爽快感 サイクリングもウォーキングと同じ有酸素運動なので、高中性脂肪血症や肥満の解消に効果が期待できます。ウォーキングや水泳などと大きく違うのは、風を切って走る爽快感でしょう。また、遠出をす …

食品とは広く浅く向き合うのがポイント

皿数を増やす 特定の食品や限られた食品ばかり食べていると、栄養素が偏ります。逆にたくさんの種類の食品を食べるようにすれば、自然と栄養バランスが整ってきます。 いろいろな種類の食品をとるコツは、欠食をし …

運動療法を行う際の厳守事項

はじめる前に医師と相談する 高中性脂肪血症や肥満の治療や予防に欠かせない運動ですが、なかには運動をやってはいけない人もいるので注意してください。血圧や血糖がひじょうに高いとか、動脈硬化が進んでいて狭心 …

中性脂肪を増やす食習慣チェック

朝食をよく抜く→欠食は太りやすい 1日に同じエネルギーをとるなら、食事回数が3回より2のほうが太りやすく、中性脂肪を高くする食べ方。相撲の力士が太るために1日2食しか食べないのは有名な話です。食事回数 …

日常生活の中の運動量もバカにできない

チリも積もれば… 炊事、洗濯、掃除、草むしりなど、家庭での日常生活の中で体を動かす機会は意外と多いものです。そうしたレベルの活動量を多くするのも、消費エネルギーを増やすのに役立ちます。 ひとつひとつの …