中性脂肪

脂肪を燃焼させるのは有酸素運動 有酸素運動でなければ脂肪は燃えない

投稿日:

脂肪が燃焼しはじめるまでには少し時間がかかる

運動には大別すると2つの種類があります。1つは、体内に酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動(エアロビクス) と、もう1つは酸素をほとんど消費しないで瞬発的にエネルギーを使う無酸素運動(アネロビクス)です。

高中性脂肪血症や肥満をはじめ、生活習慣病に効果があるのは有酸素運動です。運動で使われるエネルギー源は、まずグリコーゲン、次にブドウ糖、そして脂肪の順。無酸素運動のような急激な運動は、脂肪が消費される前に終わってしまいますが、有酸素運動は長く続けることができるため、中性脂肪がしっかり消費されます。

初心者からベテランまでやっぱりウォーキングがおすすめ

また有酸素運動の利点は、体力に合わせて強度を調節できることです。心臓の負担も少なく、血圧を急上昇させるようなこともなく、中高年の方でも安心して行うことができます。

代表的な有酸素運動はウオーキングやジョギング、水中歩行などのアクアビクス、水泳、サイクリングなど。なかでも、ウォーキングがおすすめです。
食事療法は毎日のことですが、実は運動療法も毎日が望ましく、継続させなければなりません。その意味で、ウオーキングは日常的な動作であり、取り組みやすいのです。毎日が無理なら、せめて1週間に3~4回は行いたいもの。それもできないときは、はや足で歩く、階段を上るなどしましょう。

無酸素運動で筋力の低下を防ぐ

無酸素運動は、筋肉を鍛えるには最適の運動です。筋力をつけることは有酸素運動をラクに行うためにも必要で、筋肉が多いとエネルギーもたくさん消費できます。

そこで、有酸素運動に、筋肉トレーニングを適度に組み合わせると理想的です。ただし、血圧を急上昇させるおそれのある、息を止めて力むような運動は避けます。自然な呼吸下で行うのがポイントです。

代表的な脂肪を燃やす有酸素運動4つ

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • 水泳
  • サイクリング

代表的な筋肉を鍛える無酸素運動2つ

  • ダンベル体操
  • 100mダッシュ

激しい運動は事情あって出来ないという人に

さまざまな事情でこうした有酸素運動をやりたくても出来ない人も多数いらっしゃいます。そんな人におすすめなのは、日常生活の中の運動量もバカにできないなどが参考になります。無理をしてはいけません。自分の出来る範囲で行い、また少しずつ運動量を上げていくのがポイントです。

体が健康でなまっている人も
カロリーを効率よく消費するためには話ができる速度で歩くのが正解! 15分以上歩かないと脂肪は燃焼してくれない αリポ酸 ダイエット

などの情報は多々目にしますが、無理しないように少しずつ運動量を増やすのが大事です。アスリートのような運動量をいきなりはじめれば体が壊れてしまいます。

-中性脂肪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リポたんぱく

種類 脂質の成分 役割 カイロミクロン 中性脂肪が約80~ 9 0%、残る10% はコレステロールやリン脂質 食事で摂取した脂肪から小腸で合成され、リンパ管を通して血液に入り、肝臓に運搬されリポたんぱ …

スリムなのに…かくれ肥満

自覚しにくい故に危険も 体重も多くなく、見た目もやせているほうのなのに、体脂肪をはかってみたら実は肥満だった、あるいは腹腔内脂肪が異常に多かったという人がいます。このタイプの人は、自分が肥満だとは自覚 …

おなかの脂肪は悪性のケースが多い

余った脂肪は脂肪細胞にどんどんたまる 血中の中性脂肪ばかりに関心がいきがちですが、皮下の組織についた中性脂肪を忘れてはいけません。体内で合成された中性脂肪のうち、エネルギーとして使われなかった分は肝臓 …

治療の基本は食事と運動

中性脂肪血症は生活習慣の改善だけでもよくなる 高中性脂肪血症の原因は食べすぎ、飲みすぎと運動不足といいましたが、治療はこの3つを改善することが治療の柱となります。食べすぎ、飲みすぎに注意し、適度な運動 …

中性脂肪を増やしてしまう日頃の習慣

並んでもエスカレーターに乗る 10kcalの運動でも10年後には1万kcal 階段はガラガラなのに、エスカレーターは長蛇の列。よく見かける光景ですが、運動不足はこんな小さなことから積み重なっていきます …