更年期

漢方でも効かなかった更年期によるイライラ、不眠をヌーススピリッツで軽減

投稿日:

更年期とは、閉経の前後5年ずつの10年間です。日本人女性の閉経は平均40歳代後半~50歳くらいですので、45歳から55歳の10年間になります。更年期については、エストロゲン不足によりさまざまな症状がでます。

女性ホルモン(卵胞ホルモン:エストロゲン)の量が減少すると、エストロゲンが減っていることを感知した脳の視床下部が脳下垂体に性腺刺激ホルモン(卵胞刺激ホルモン:FSH)を出すように指令を出します。脳下垂体から出たFSHが卵巣に到達して、うまく卵巣が反応すればどっとエストロゲンの量が増え、うまく反応しなければ、視床下部はエストロゲンを増やそうとして、さらにFSHを出します。これが繰り返され、視床下部が焦ってがんばるうちに、同じ視床下部が関わる自律神経が影響を受け、バランスを崩してしまうのです。

また、エストロゲン量の大きなゆらぎに、体がついていけなくなり様々な症状に悩まされます。

これまで病気とは無縁であった方でも45歳を過ぎると、急に発汗する、「ホットフラッシュ」に悩まされたり、ホットフラッシュ以外の症状がとてもツライ人もたくさんいらっしゃいます。

特に何もしないでいると、最初よあらわれた症状りも時間の経過とともに重症化するのが一般的です。症状としてよくあるのは、頭痛、肩こり、めまい、関節痛、冷え、不眠、腰痛、イライラ、憂うつ感、集中力の低下など、更年期の症状は数百種類にも及ぶと言われています。また、複合的に症状が出ることが多く、重い病気では?と不安に思うこともあります。

こうした女性ホルモンに関連する症状に対しては、漢方薬がとても合うからと、漢方薬を処方してもらっても効果無しでがっかりということはよくあります。1~2ヶ月飲んでも改善しないのならほとんど効果無しといっていいでしょう。

更年期で不安な気持ちになっているのに、病院で処方された漢方が効かないとなるとさらにイライラや不安が募ります。なんだか治らないのでは?と悲観的になったりします。

そこでメンタルバランスを調整するのに役立つのがヌーススピリッツです。ヌーススピリッツは、水溶性低分子キトサンです。

キトサンというのは、多糖類の一種で、分子量は数千から数十万に及ぶ高分子です。キチン・キトサンの「キチン」は甲殻類の殻などに含まれる多糖類で、動物性食物繊維です。キチンを加工したものがキトサンとなります。

本来、水に溶けないキトサンを溶性に加工し、分子量も小さくすることで、体内への吸収率を上げ、その効能をより高めたものが水溶性キトサンです。

ヌーススピリッツは、キトサンの持つココロとメンタル面の不調に最適な機能性があることを 発見した精神科医 酒井和夫氏との共同開発によって誕生した 「ココロと気持ちの健康生活を実践する」ためのサプリメントです。

高濃度で凝縮された水溶性低分子キトサン粉末をそのままカプセル化しているので、メンタルバランスの調整に最適です。また、医師が開発に携わっているので安心です。更年期の症状は個人個人症状が千差万別です。誰でも時期がくれば訪れる更年期。人によって違いはありますが、女性では約9割がなんらかの不快な症状に悩みます。「病気じゃないから」と軽く考えるのは、NGです。できるだけ早く対応したほうが早く改善します。

 

-更年期

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

更年期以降の女性は女性ホルモン不足で内蔵脂肪太りを招くが不足分さえ補えば痩せる 酢大豆が効果的

女性は40代以降、太りやすくなる スレンダーなほっそりとしたスタイルのいい女性でも、中年になると、男性のようにおなか太りが日立ってきます。いわゆるポッコリお腹が気になるようになります。 厚生労働省の「 …

寒い冬はお腹が冷えて頻尿に悩む人が急増、腹巻きや生姜湯で防ぐ

冷えると膀胱の働きが衰える 尿意によってトイレに行く回数が異常に増えることを頻尿といいます。冬になると、頻尿に悩む人が急増し、その症状が深刻になるケースが少なくありません。 では、寒くなるとなぜ頻尿が …

更年期の症状を「命の母」で軽減する

ちょうどお金や時間がかかった子育てで一息つく頃に女性は心身の不調に悩まされることが増えてきます。それが更年期障害です。具体的な症状としては のぼせ めまい 肩こり 生理不順 手足の冷え などが代表的で …