肝臓

リアルメイトのしじみエキスWのオルニチンで肝臓のぶつぶつ脂肪が全快

投稿日:

甘いものとお酒に目がない

昔からデザートは別腹で、とにかく甘いものが大好きで、満腹になるまで食べないと気が済みません。それでも体は太らずに、体重はずっと不思議と46kgを維持してきました。メタポリック症候群とは無縁だと思い込んでいたら、4年前の検診でショックな事実がわかりました。

肝臓の検査結果がCランクで、脂肪肝を指摘されたのです。確かにエコー検査の画像には、肝臓の下の方に白いブツブツの脂肪がびっしりついていました。

脂肪肝は肝硬変にも至る場合があり、油断は厳禁とのこと。そこで、甘いものを食べるのは1日1回とし、お酒もノンアルコール飲料に切り替えました。

けれども、我慢の継続はやはり難しいもの。甘いものが無性に欲しくなり、コンビニでまとめ買いをして、一気にと食べることもしばしばでした。

これでは脂肪肝を抜け出せないと悩んでいました。病院の待合室の雑誌でシジミの評判が耳に入りました。シジミが肝臓にいいことは昔からの定説だし、カルシウムも豊富なのだから、骨粗鬆症予防にもいいに違いない。

そこで、毎日寝る前にシジミを飲み始めたところ、朝の目覚めがさわやかにったことを実感しました。夜更かしをした翌朝でもさわやかに目がさめてすぐに起きられて、体も軽快なのです。

この体調の変化が、肝機能回5ヶ月で脂肪肝を脱出。肝機能のデータも上々!復の兆しだったのでしょう。というのも、シジミを飲み始めて5ヶ月後に受けた検査では、肝機能の判定で見事にAランクを獲得。エコー検査の画像では、肝臓にへばりついていた白いブツブツの脂肪も一切なし。

本当にすっかり消えていたのです。病院の薬を飲んでいたわけでもないですし、この最高の結果は、シジミの贈りものとしか考えられません。脂肪肝から解放された今では、甘いものを食べることに不安はなく、我慢の反動からくる無茶な食べ方もしなくなりました。
お酒も解禁して、ビールやワインをおいしくいただいています。心おきなく食べる・飲む楽しみを取り戻すことができて、シジミとは一生のおつき合いと決めています。

リアルメイトのしじみエキスWのオルニチン

-肝臓

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

悪酔いを防ぐのは適量を守りチャンポンしないこと

種類の違うお酒を、いわゆるチャンボンで飲むと、悪酔いするとよくいわれます。この第一の理由は、飲む場所をかえる際の移動による疲労や、お酒の種類(濃度)の変化によってアルコールの絶対量がふえてしまうという …

日本人が肝臓の心配をせずに飲める量は日本酒換算で1日2合以内

「酒は百薬の長」といわれますが、それもほどほどの量での話。過ぎれば二日酔いや悪酔いたいを招き、ついには肝臓を傷める元凶と化します。 お酒は「百薬の長」か?[本当] そこで気になるのが、具体的にどのくら …

飲酒を夜9時までにすることで不快な二日酔いが予防できる

不快でツライ二日酔いを完全に防ぐ、とっておきの方法があります。それは、夜寝ている間に、飲んだアルコールが血液中から完全になくなるような飲み方をすることです。 では、その飲み方とはどんなものなのか、日本 …

肝臓に負担をかける薬はお酒と一緒に飲まない

医師から何か薬を処方してもらい、それを飲んでいるときは、アルコールの飲み方について必ず医師の指示に従う必要があります。 それというのも、薬とお酒をいっしょに飲むと、肝聴で薬を処理する速度が著しく遅れて …

肝臓を労る生活習慣の基本は食べ過ぎ・飲み過ぎに注意して肥満を防ぐ

腹八分目の食事が基本 肥満の原因の多くは、食べ過ぎによる栄養過剰。食生活の習慣はだいたい20歳ぐらいまでにできあがります。年をとると若いときほどエネルギーを必要としなくなりますが、年齢に合わせて食習慣 …