ガン

がん治療中の食事

投稿日:

がんの治療中、抗がん剤を使うと食事ができなくなってしまいます。副作用で吐き気を催したり、実際に食べると吐いてします人もたくさんいます。

ここではまず、抗がん剤の始まりから説明していきましょう。抗がん剤のほとんどは、「代謝括抗剤」と呼ばれるものです。これはもともと、第1次世界大戟でドイツ軍が使ったナイトロジエンマスタードという毒ガスの成分を中心に開発されてきた薬。

つまり、スタートが「毒」なのです。抗がん剤は、消化管などにおける活発な細胞分裂を阻害します。同時に、これはいわば神経毒ですから、まず神経がやられてしまって食欲がなくなります。がん細胞の分裂を阻害すると同時に、腸の壁における細胞分裂をも阻止してしまいます。

それで、抗がん剤を使うと食事ができなくなるのです。それでもなぜ、抗がん剤を使うのか。抗がん剤を使うと胃や腸の壁が傷んで、しばらく食事をとれなくなります。食事がとれなければ、がんにも栄養が行き届かなくなるわけです。

もちろん、抗がん剤はがんにとって毒そのものです。その両方の面からがんに効いているのではないでしょうか。

その証拠に、患者さんの中には時々、抗がん剤を投与しても食欲の全く落ちないタフな方がいます。そういう患者さんには、あまり抗がん剤が効きません。むしろ抗がん剤を使ったあと、吐き気を催して体が何も受けつけなくなる人ほど、がんが小さくなるのです。

それはすなわち、がんを「兵程攻め」にしているからです。つまり、抗がん剤を使わずとも、自分でがんを兵糧攻めにしてもいいわけです。それが、「がんの嫌がる食事」の基本的なコンセプトです。

もし自分で食欲をコントロールできるのならば、抗がん剤を使うにしてもほんの少量、がん細胞の近くに注射してあげればいいのです。そしてなるべく食事をとらないようにすれば、抗がん剤の量を減らしても十分効く、ということです。

どうしても食べたければ、おかゆに梅干し程度がいいでしょう。ただし、塩分は少なくしましょう。今、日本の病院では食事のとれなくなったがん患者さんに、高栄養の流動食を点滴へ中心静脈栄養)で行います。大半が乳製品メーカーから出ている製剤で、とてつもなく甘いもの。高栄養で甘いというだけでも、本当はがん患者さんにあまりお勧めできません。

それよりも、バランスの取れたサムゲタン(参鶏湯)のスープでも飲んでいたほうがいいと思います。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

がんが嫌がるお酒の飲み方

昔から、「酒は百薬の長」と言われてきました。確かに、アルコール自体に発がん性は認められていません。血糖値も上がりません。適量を守れば、健康増進に役立ちます。 お酒は「百薬の長」か?[本当] | lie …

口呼吸は免疫力を低下させる、鼻呼吸に切り替える

白血病や血液のガンのリスクを下げる鼻呼吸の訓練を 「口呼吸は万病のもと」という指摘がある。あなたは無意識のうちに口呼吸をしていないかを、チェック。 唇の厚さが上下で著しく差がある 受け口である 歯並び …

ハナビラタケはその後再発、転移もなし

免疫療法とハナビラタケを併用したら6割以上の患者さんのガンが改善した ハナビラタケが、白血球を増加させて免疫力を強化させること、動物実験ではガン細胞を100%退治したことを紹介していますが、では、人間 …

急増する大腸がんは40代からが要注意

最近、日本での大腸がんによる死亡率は上昇を続けています。日本人の50%が腸ストレスを感じているにあるように特に現代人は腸へのストレスをかかえています。 大腸がんの増加の背景にはさまざまな要因があります …

あたたかい食事がいい理由

ここまでも何度か「温かいもの」「加熱食品」を食べましょう、と言われています。「温かい食事」がなぜ健康にいいのでしょうか? 食物は体に必要なものである半面、体にとっては異物です。最終的な単位まで分解しな …