ガン

がんが嫌がるお酒の飲み方

投稿日:

昔から、「酒は百薬の長」と言われてきました。確かに、アルコール自体に発がん性は認められていません。血糖値も上がりません。適量を守れば、健康増進に役立ちます。

お酒は「百薬の長」か?[本当] | lie&true(本当、嘘)
https://www.lie-true.com/archives/170

しかし、やはり飲み過ぎはがん発症につながります。実際、口腔がん、咽頭がん、食道がんなどは過度な飲酒に関連性があると報告されています。

アルコール度数の高い酒は食道の粘膜を傷つけるので、それが原因と考えられています。酒も食事時間同様、「決まった時間に、決まった量を飲む」ようにしましょう。消化吸収のリズムが一定になっていることが大切です。そして、蒸留酒(焼酎、ウイスキー、ブランデーなど) より醸造酒(日本酒、ワイン、ビールなど) のほうが内臓への負担が大きいということを忘れてはいけません。
醸造酒造は糖分も多すぎる点がネックです。

つまみは食べないか、あっさりしたもので。発酵食品もいいです。大のお酒好きだと、お酒をやめることはちょっと難しいでしょう。

たとえば、1日2食の食習慣なら、酒は夜、寝る1時間ぐらい前にあっさりしたつまみ少々と共に、ブランデー、焼酎、泡盛などの蒸留酒を楽しむのがいいでしょう。

発酵食品というと漬け物ぐらいしか思い浮かばない人は、クリームチーズの粕漬けなどはどうでしょうか?酒屋さんが作ったもので、いい酒粕が出ているので、おいしいです。また九州名物の豆腐の味噌漬けもおすすめです。酒もつまみも、厳選して適量を、じっくり味わいながらがいいです。

【まとめ】

  • アルコール自体に発がん性は認められず、適量を守れば健康増進に役立つ。
  • 飲み過ぎはがん発症につながるため注意
  • 決まった時間に決まった量を飲む習慣をつける
  • 消化吸収のリズムを一定に
  • 焼酎、ウィスキー、ブランデーなどの蒸留酒より日本酒、ワイン、ブランデーなどの醸造酒のが糖分を含み、内臓への負担大。
  • つまみはあっさりしたものが発酵食品
  • 酒もつまみも適量をじっくりゆっくり楽しむ

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ガンを育てる食事

実証の人は仕事中心の生活をするあまり、食事内容、食事をとる時間をあまり気にしなくなる傾向にあります。暴飲暴食、脂っこい食事、美食、間食、夜食にも走りがちです。 陰性(実証)、陽性(虚証)の体質チェック …

あたたかい食事がいい理由

ここまでも何度か「温かいもの」「加熱食品」を食べましょう、と言われています。「温かい食事」がなぜ健康にいいのでしょうか? 食物は体に必要なものである半面、体にとっては異物です。最終的な単位まで分解しな …

フレッシュなフルーツはヘルシーか?リンゴ、1個にはスティックシュガー10本分もの糖分

果物では、柿にはあまり虫が付きません。鳥もあまり寄っては来ません。鳥が柿を突き出したら、山にもうエサがなくなったからだと言われるほどです。 従って昔の日本人は、干し柿は食べましたが、柿をそのまま生で食 …

ガンが嫌がる発酵食品を積極的に食べる

発酵食品を作る酵母は、腸内の善玉菌を増やし、腸の免疫促進作用を強くします。腸の善玉菌を補うといえば、ヨーグルトなどの乳酸菌を真っ先に思い出しますが、酵母も同じ働きをしています。 ただ、酵母も乳酸菌も腸 …

ストレスで乱れた自律神経は音楽で整えてガン予防

落ち込んだらスローテンポ、イライラするならロックが有効 医者から見放された末期ガンの患者さんに残るのは、不安と恐怖です。悪いほうへと循環するのを断ち切って、生きる希望につなげるのに最もいいのは音楽です …