ガン

がんが嫌がるお酒の飲み方

投稿日:

昔から、「酒は百薬の長」と言われてきました。確かに、アルコール自体に発がん性は認められていません。血糖値も上がりません。適量を守れば、健康増進に役立ちます。

お酒は「百薬の長」か?[本当] | lie&true(本当、嘘)
https://www.lie-true.com/archives/170

しかし、やはり飲み過ぎはがん発症につながります。実際、口腔がん、咽頭がん、食道がんなどは過度な飲酒に関連性があると報告されています。

アルコール度数の高い酒は食道の粘膜を傷つけるので、それが原因と考えられています。酒も食事時間同様、「決まった時間に、決まった量を飲む」ようにしましょう。消化吸収のリズムが一定になっていることが大切です。そして、蒸留酒(焼酎、ウイスキー、ブランデーなど) より醸造酒(日本酒、ワイン、ビールなど) のほうが内臓への負担が大きいということを忘れてはいけません。
醸造酒造は糖分も多すぎる点がネックです。

つまみは食べないか、あっさりしたもので。発酵食品もいいです。大のお酒好きだと、お酒をやめることはちょっと難しいでしょう。

たとえば、1日2食の食習慣なら、酒は夜、寝る1時間ぐらい前にあっさりしたつまみ少々と共に、ブランデー、焼酎、泡盛などの蒸留酒を楽しむのがいいでしょう。

発酵食品というと漬け物ぐらいしか思い浮かばない人は、クリームチーズの粕漬けなどはどうでしょうか?酒屋さんが作ったもので、いい酒粕が出ているので、おいしいです。また九州名物の豆腐の味噌漬けもおすすめです。酒もつまみも、厳選して適量を、じっくり味わいながらがいいです。

【まとめ】

  • アルコール自体に発がん性は認められず、適量を守れば健康増進に役立つ。
  • 飲み過ぎはがん発症につながるため注意
  • 決まった時間に決まった量を飲む習慣をつける
  • 消化吸収のリズムを一定に
  • 焼酎、ウィスキー、ブランデーなどの蒸留酒より日本酒、ワイン、ブランデーなどの醸造酒のが糖分を含み、内臓への負担大。
  • つまみはあっさりしたものが発酵食品
  • 酒もつまみも適量をじっくりゆっくり楽しむ

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

よいイメージをしてNK細胞を元気にさせる「イメージ療法」

リラックス状態によってストレスを軽減し、気力や意欲が充電される スポーツにおいては「イメージトレーニング」が定着し、実際に結果に結もびついている。イスに座り、目をつむって自分の良いプレーを約15分間イ …

手術では治療できなかった乳ガンがハナビラタケ強化食で進行が止まり体調は一新

左乳のしこりを乳ガンと診断されて手術前から飲みだす 「乳ガンが見つかって、すぐにハナビラタケ増強食をとりはじめたおかげで、手術後から短期間で薬剤師の仕事に復帰できました。いまは体調がとてもよく、疲れ知 …

伝統料理は健康バランスがとれている

伝統食や完成された料理は、非常によくバランスがとれています。その地域の食材を使いながら、最大限の栄養バランスを考えて作られているわけです。 だから、日本人は多くの人が伝統的な料理を大切にしています。例 …

月1回の針治療で細胞活動を活発にする

鍼灸で免疫機能が上昇し、神経の緊張が壌和される アメリカ国立衛生研究所(NIH) がハリ治療の有効性を認め、さらに支持する発表を行ったためアメリカではにわかにハリ治療が脚光を集め始めている。注目された …

ガンが嫌がる発酵食品を積極的に食べる

発酵食品を作る酵母は、腸内の善玉菌を増やし、腸の免疫促進作用を強くします。腸の善玉菌を補うといえば、ヨーグルトなどの乳酸菌を真っ先に思い出しますが、酵母も同じ働きをしています。 ただ、酵母も乳酸菌も腸 …