ガン

がんが嫌がるお酒の飲み方

投稿日:

昔から、「酒は百薬の長」と言われてきました。確かに、アルコール自体に発がん性は認められていません。血糖値も上がりません。適量を守れば、健康増進に役立ちます。

お酒は「百薬の長」か?[本当] | lie&true(本当、嘘)
https://www.lie-true.com/archives/170

しかし、やはり飲み過ぎはがん発症につながります。実際、口腔がん、咽頭がん、食道がんなどは過度な飲酒に関連性があると報告されています。

アルコール度数の高い酒は食道の粘膜を傷つけるので、それが原因と考えられています。酒も食事時間同様、「決まった時間に、決まった量を飲む」ようにしましょう。消化吸収のリズムが一定になっていることが大切です。そして、蒸留酒(焼酎、ウイスキー、ブランデーなど) より醸造酒(日本酒、ワイン、ビールなど) のほうが内臓への負担が大きいということを忘れてはいけません。
醸造酒造は糖分も多すぎる点がネックです。

つまみは食べないか、あっさりしたもので。発酵食品もいいです。大のお酒好きだと、お酒をやめることはちょっと難しいでしょう。

たとえば、1日2食の食習慣なら、酒は夜、寝る1時間ぐらい前にあっさりしたつまみ少々と共に、ブランデー、焼酎、泡盛などの蒸留酒を楽しむのがいいでしょう。

発酵食品というと漬け物ぐらいしか思い浮かばない人は、クリームチーズの粕漬けなどはどうでしょうか?酒屋さんが作ったもので、いい酒粕が出ているので、おいしいです。また九州名物の豆腐の味噌漬けもおすすめです。酒もつまみも、厳選して適量を、じっくり味わいながらがいいです。

【まとめ】

  • アルコール自体に発がん性は認められず、適量を守れば健康増進に役立つ。
  • 飲み過ぎはがん発症につながるため注意
  • 決まった時間に決まった量を飲む習慣をつける
  • 消化吸収のリズムを一定に
  • 焼酎、ウィスキー、ブランデーなどの蒸留酒より日本酒、ワイン、ブランデーなどの醸造酒のが糖分を含み、内臓への負担大。
  • つまみはあっさりしたものが発酵食品
  • 酒もつまみも適量をじっくりゆっくり楽しむ

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

和食に知恵をひとくわえする

和食だけを食べていると、そこそこは続くのですが、そのうち飽きてしまいます。特に体にいい塩分低めの和食を心掛けると、どうしても物足りなさが出てくるのです。 それを補う工夫として、和食に、アジア各国の食の …

あたたかい食事がいい理由

ここまでも何度か「温かいもの」「加熱食品」を食べましょう、と言われています。「温かい食事」がなぜ健康にいいのでしょうか? 食物は体に必要なものである半面、体にとっては異物です。最終的な単位まで分解しな …

免疫力強化にはなびらたけ!ガンも撃退する驚異のパワー

強力な抗ガン作用が確認 今からおよそ5~6年前の2008年9月、特許庁より「ハナビラタケの抽出物の成分と抗腫瘍作用、その抽出法」の特許が認可されました。 1999年に申請し、10年近く時間がかかりまし …

ハナビラタケ強化食で転移性の胃ガンが治まり薬の副作用も最小限に

持病の胃炎と思って受診したら胃ガン 胃ガンと宣告されたときは、ほんとうにショックでした。でも、よい先生にめぐり会い治療を受けられたおかげで、ガンは進行していません。ハナビラタケ強化食を飲みはじめてから …

何を食べるかよりもいつ食べるかの方が重要

免疫細胞の大半は、腸に集まっています。そのため腸が活発に、しかも正常に機能しないと、その免疫力を維持することはできません。 そして、それを誘導するのが食事です。免疫力を維持するためには、食事が大切にな …