ガン

がんが嫌がるお酒の飲み方

投稿日:

昔から、「酒は百薬の長」と言われてきました。確かに、アルコール自体に発がん性は認められていません。血糖値も上がりません。適量を守れば、健康増進に役立ちます。

お酒は「百薬の長」か?[本当] | lie&true(本当、嘘)
https://www.lie-true.com/archives/170

しかし、やはり飲み過ぎはがん発症につながります。実際、口腔がん、咽頭がん、食道がんなどは過度な飲酒に関連性があると報告されています。

アルコール度数の高い酒は食道の粘膜を傷つけるので、それが原因と考えられています。酒も食事時間同様、「決まった時間に、決まった量を飲む」ようにしましょう。消化吸収のリズムが一定になっていることが大切です。そして、蒸留酒(焼酎、ウイスキー、ブランデーなど) より醸造酒(日本酒、ワイン、ビールなど) のほうが内臓への負担が大きいということを忘れてはいけません。
醸造酒造は糖分も多すぎる点がネックです。

つまみは食べないか、あっさりしたもので。発酵食品もいいです。大のお酒好きだと、お酒をやめることはちょっと難しいでしょう。

たとえば、1日2食の食習慣なら、酒は夜、寝る1時間ぐらい前にあっさりしたつまみ少々と共に、ブランデー、焼酎、泡盛などの蒸留酒を楽しむのがいいでしょう。

発酵食品というと漬け物ぐらいしか思い浮かばない人は、クリームチーズの粕漬けなどはどうでしょうか?酒屋さんが作ったもので、いい酒粕が出ているので、おいしいです。また九州名物の豆腐の味噌漬けもおすすめです。酒もつまみも、厳選して適量を、じっくり味わいながらがいいです。

【まとめ】

  • アルコール自体に発がん性は認められず、適量を守れば健康増進に役立つ。
  • 飲み過ぎはがん発症につながるため注意
  • 決まった時間に決まった量を飲む習慣をつける
  • 消化吸収のリズムを一定に
  • 焼酎、ウィスキー、ブランデーなどの蒸留酒より日本酒、ワイン、ブランデーなどの醸造酒のが糖分を含み、内臓への負担大。
  • つまみはあっさりしたものが発酵食品
  • 酒もつまみも適量をじっくりゆっくり楽しむ

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

がんがどんどん弱っていくビタミン豊富な漬物

現代の野菜や果物は、昔に比べるとビタミンが不足しています。では、ビタミンはどこで補えばいいのでしょう。ビタミン剤を毎日飲む?それよりよい方法は、「漬物」です。 ご年配で歯が悪い方は、漬物をジューサーに …

動物実験でハナビラタケのガン退治力を100%実感

ハナビラタケ抽出液を少量与えたらすべてのマウスでガン増殖が抑制 ハナビラタケの抗ガン作用ベータは、β(1・3)グルカンによることを前の記事で紹介しました。では、β(1・3)グルカンの抗ガン作用は、どの …

アミノ酸、脂肪酸は控える

アミノ酸の効能を掲げた飲料水、健康食品はすっかり私たちの身の回りに定着しています。アミノ酸はタンパク質の一種で、人間が活動するのに欠かせない栄養です。 アミノ酸を多く含む食品としては、乳製品、豆類、発 …

第二の心臓である足裏をマッサージで細胞を活発化させる

足裏を刺激すると血行がよくなり、自然治癒力が高まってガンを予防 足裏マッサージの効用を研究・実践したのがスイス人のジョゼフ・オイグスター神父。台湾名は呉若石という。自らの膝関節リウマチを足裏マッサージ …

がん治療中の食事

がんの治療中、抗がん剤を使うと食事ができなくなってしまいます。副作用で吐き気を催したり、実際に食べると吐いてします人もたくさんいます。 ここではまず、抗がん剤の始まりから説明していきましょう。抗がん剤 …