ガン

がんが嫌がる肉の食べ方

投稿日:

中高年になったら肉だけではなく、魚もある程度食べる食習慣が大切です。特に青魚の脂に含まれる脂肪酸は、動脈硬化を防ぐ作用や脳血栓、心筋梗塞の予防効果がある善玉脂肪酸。

中には、がんの発症リスクを下げる脂肪酸も確認されています。しかし、魚中心にとはいっても、高齢者になってからいきなり肉食を止めると、血管がもろくなってしまいます。すると今度は脳血管障害などの恐れがありますから、ある程度良質のタンパク質を、日常的に補っていく必要があるわけです。

そういう意味で、高齢者も肉は食べたほうがいい。体力をつけ、免疫力を高めるためにも肉を摂ったほうがいいのです。これは虚証の人にも言えますが、消化にかかる負担を減らすため、霜降り肉は避けて脂肪分の少ないものを選んだり、ハンバーグや鶏肉を選んだり、と工夫してください。

発酵食品でもある肉の味噌漬けや粕漬けは、消化吸収が似いいので、高齢者や虚証の人にぜひ優先的に食べていただきたいと思います。新鮮なモツ肉が手に入れば、高齢者にとっては強い味方になります。トラやライオンなど肉食の動物は、獲物を倒したとき最初に内臓から食べます。

そういった肉食動物は、植物を一切食べなくでも、内臓さえ食べていればぜい肉もつかず、元気です。つまり、内臓にはそれだけ体にいいものが含まれていると考えていいでしょう。

江戸時代には薬として売られ、江戸の人たちは市外まで歩いて買いに行っていたそうです。ホルモンは柔らかくて食べやすいので、これから高齢者向けのホルモン料理はブームになるかもしれません。高齢者用に作ったホルモンカレーは、軟らかくて非常に食べやすいです。冷凍ホルモンだと硬くなってしまうので、肉屋さんでできるだけ新鮮なホルモンを手に入れたいところです。
まとめ

  • 高齢者になっていきなり肉をやめると、血管がもろくなり、脳血管障害などの危険性もあるので、たんぱく質を日常的に補っていく必要性があり。
  • 高齢者も肉を食べて体力をつけ免疫力を高める
  • 砂糖を使わないで調理する。
  • 発酵食品でもある肉の味噌漬けは、消化吸収がいいので優先的に食べる。
  • 新鮮なもつ肉は贅肉もつかず、体にいい成分がたっぷり。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

疲労物質がたまらない程度の運動量

こコニコ会話しながらできる運動がガン予防に最も効果あり 生活習慣病で、最も患者数の多いのが高血圧、次いで糖尿病。これらの予防や病気を進行させないための方法のひとつとして『運動』がある。が、ガン予防にも …

発がん性のある食べ物は自然のものが多い

がんを発生させる食べ物は、意外や自然界に多く存荏します。今はなんでも天然、自然のものは体にいいんじゃないか、と誤解されていますが、本当に食べられる植物は限られているのです。 毒キノコに限らず、野山に生 …

第二の心臓である足裏をマッサージで細胞を活発化させる

足裏を刺激すると血行がよくなり、自然治癒力が高まってガンを予防 足裏マッサージの効用を研究・実践したのがスイス人のジョゼフ・オイグスター神父。台湾名は呉若石という。自らの膝関節リウマチを足裏マッサージ …

1日15分でストレスから解放される「自律訓練法」

自己暗示をかけながら心と身体の緊張をはぐしていく訓練 人間の内臓の諸器官は、意志ではなく自律神経によって自動的に働いている。自律神経には交感神経と副交感神経があり、ストレスが加わると交感神経が作用して …

手術では治療できなかった乳ガンがハナビラタケ強化食で進行が止まり体調は一新

左乳のしこりを乳ガンと診断されて手術前から飲みだす 「乳ガンが見つかって、すぐにハナビラタケ増強食をとりはじめたおかげで、手術後から短期間で薬剤師の仕事に復帰できました。いまは体調がとてもよく、疲れ知 …