ガン

伝統料理は健康バランスがとれている

投稿日:

伝統食や完成された料理は、非常によくバランスがとれています。その地域の食材を使いながら、最大限の栄養バランスを考えて作られているわけです。

だから、日本人は多くの人が伝統的な料理を大切にしています。例えば、お寿司。刺身が乗っているから、体を冷やすことが多くなります。しかし、ご飯を酢飯にしてあるため、ふつうのご飯よりもそれだけで体が温まるのです。それでもまだ体を冷やす恐れがあるので、寿司にはワサビが入っています。ただ、虚証の人などはさらに冷えが心配なので、最後にガリを食べて、体を温めるわけです。

刺身、酢飯、ワサビ、ガリをすべて食べると、バランスがとれる。それで、ひとつの料理が完成するわけです。中華料理は本来必ず「五色」と呼ばれる5つの色合いの食材を入れます。「五色」がひとつだけだったりするものは「中華料理」と呼ぶべきではないのです。

5つの色、5つの香り、5つの味をひとつのプレートの中に入れる。中華料理は一皿一皿独立しており、食べる前にはすでに皿の中でバランスがとれていることになります。

胃の中でバランスがとれる日本料理や韓国料理とは、そこが大きな違いです。沖縄食は、海のものと山のもののバランスが非常によくとれています。特に海のものでは、昆布など海藻類を多く食べています。昆布は沖純では採れませんが、江戸時代、北前船で北海道から昆布を大量に積み、沖縄を経由して中国に輸出していたのです。沖縄で荷造りし直されるとき、型の悪いものや輸送途中に痛んだものは、すべて沖縄で消費するようになりました。

以来、沖縄は昆布の消費量日本一、いや世界一ともいえる消費量を誇っているのです。食物繊維を多く含み、栄養学的にも優れている昆布を昔から豊富に摂っていることが、沖縄県民の長寿の秘訣といえそうです。また、薩摩で名産となっているさつま揚げ、黒豚はどちらも沖縄で生まれたもので、体にもいいと言われています。

お酒も、沖縄で飲まれている泡盛は蒸留酒だから、肝臓に負担をかけにくくし、がんにも強いお酒、ということです。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

よいイメージをしてNK細胞を元気にさせる「イメージ療法」

リラックス状態によってストレスを軽減し、気力や意欲が充電される スポーツにおいては「イメージトレーニング」が定着し、実際に結果に結もびついている。イスに座り、目をつむって自分の良いプレーを約15分間イ …

食べ物の好みでがんの予兆が分かる アイスクリームを食べたくなったらガンにかかっているかもしれない

がん患者さんの中には、いつごろがんにかかったか、その行動をたどると分かる人がいます。共通点は、『アイスクリーム』です。「がんが食べさせるものは、甘いもの、特に冷えたもので、乳製品が多い」「そのすべてを …

がんが好む食事、カロリーオーバーはガンの原因に

がんの喜ぶ栄養素は、第一に糖分。そしてがんを作る圧倒的な因子は、高カロリーな食べ物です。高カロリーなものを摂りすぎると、やはりがんになりやすい。 がん細胞は非常に増殖力が強いので、成長するためカロリー …

再発した肝臓がんがハナビラタケで進行が止まった

肝炎治療の途中で肝臓ガンが判明し手術を受けるも再発 青森市に住むSさん(仮名・75歳)は一人暮らし。近所に娘さん(仮名・49歳)が住んでいます。午前中は知り合いの産婦人科病院で働き、午後は娘さんの家で …

がんがどんどん弱っていくビタミン豊富な漬物

現代の野菜や果物は、昔に比べるとビタミンが不足しています。では、ビタミンはどこで補えばいいのでしょう。ビタミン剤を毎日飲む?それよりよい方法は、「漬物」です。 ご年配で歯が悪い方は、漬物をジューサーに …