ガン

伝統料理は健康バランスがとれている

投稿日:

伝統食や完成された料理は、非常によくバランスがとれています。その地域の食材を使いながら、最大限の栄養バランスを考えて作られているわけです。

だから、日本人は多くの人が伝統的な料理を大切にしています。例えば、お寿司。刺身が乗っているから、体を冷やすことが多くなります。しかし、ご飯を酢飯にしてあるため、ふつうのご飯よりもそれだけで体が温まるのです。それでもまだ体を冷やす恐れがあるので、寿司にはワサビが入っています。ただ、虚証の人などはさらに冷えが心配なので、最後にガリを食べて、体を温めるわけです。

刺身、酢飯、ワサビ、ガリをすべて食べると、バランスがとれる。それで、ひとつの料理が完成するわけです。中華料理は本来必ず「五色」と呼ばれる5つの色合いの食材を入れます。「五色」がひとつだけだったりするものは「中華料理」と呼ぶべきではないのです。

5つの色、5つの香り、5つの味をひとつのプレートの中に入れる。中華料理は一皿一皿独立しており、食べる前にはすでに皿の中でバランスがとれていることになります。

胃の中でバランスがとれる日本料理や韓国料理とは、そこが大きな違いです。沖縄食は、海のものと山のもののバランスが非常によくとれています。特に海のものでは、昆布など海藻類を多く食べています。昆布は沖純では採れませんが、江戸時代、北前船で北海道から昆布を大量に積み、沖縄を経由して中国に輸出していたのです。沖縄で荷造りし直されるとき、型の悪いものや輸送途中に痛んだものは、すべて沖縄で消費するようになりました。

以来、沖縄は昆布の消費量日本一、いや世界一ともいえる消費量を誇っているのです。食物繊維を多く含み、栄養学的にも優れている昆布を昔から豊富に摂っていることが、沖縄県民の長寿の秘訣といえそうです。また、薩摩で名産となっているさつま揚げ、黒豚はどちらも沖縄で生まれたもので、体にもいいと言われています。

お酒も、沖縄で飲まれている泡盛は蒸留酒だから、肝臓に負担をかけにくくし、がんにも強いお酒、ということです。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自然治癒力、免疫力をあげる「座禅」

気持ちを落ち着けて、ガンの宿敵・ストレスに負けない 「座禅を行ったからどうこうということはわかりませんが、ただ、ストレスからひととき解放されます」と、成願寺(東京・中野区) 坐禅会師家代表の岡本道雄師 …

がんが嫌がる肉の食べ方

中高年になったら肉だけではなく、魚もある程度食べる食習慣が大切です。特に青魚の脂に含まれる脂肪酸は、動脈硬化を防ぐ作用や脳血栓、心筋梗塞の予防効果がある善玉脂肪酸。 中には、がんの発症リスクを下げる脂 …

がんの発育を抑えるバランス粗食

食習慣は和食に切り替える がんを予防し、その発育を抑えるためには食習慣を和食にすることです。いわゆる『一汁二菜』の「租食」です。「粗食」 と言うと、「粗末」の「租」と勘違いする人がいますが、それは違い …

口呼吸は免疫力を低下させる、鼻呼吸に切り替える

白血病や血液のガンのリスクを下げる鼻呼吸の訓練を 「口呼吸は万病のもと」という指摘がある。あなたは無意識のうちに口呼吸をしていないかを、チェック。 唇の厚さが上下で著しく差がある 受け口である 歯並び …

なぜ、乳製品、豆製品は控えるのか

がんの原因として乳製品が疑わしいことは最近の常識です。乳製品について私が気になるのは、日本でもアメリカでも、乳牛の生育過程でかなり人工的な手が加わっていることです。 ホルスタインはお乳を出すために、女 …