ガン

がんが嫌がる発酵食品を積極的に食べる

投稿日:2019/07/05 更新日:

がんが嫌がる発酵食品を積極的に食べる ことが大切です。発酵食品を作る酵母は、腸内の善玉菌を増やし、腸の免疫促進作用を強くします。腸の善玉菌を補うといえば、ヨーグルトなどの乳酸菌を真っ先に思い出しますが、酵母も同じ働きをしています。

ただ、酵母も乳酸菌も腸にしばらくは定着しますが、やがて腸の中にいる他の細菌に負けて、出ていきます。そのため1週間も発酵食品を食べないと、完全に元に戻ってしまうのです。従って、最低でも 1 日おきぐらいには発酵食品で酵母を補給したいところです。

発酵食品の臭いがきらいな方は腸まで生きたまま、酵母が届く製剤を直接服用する方法もあります。酵母が絶えず腸に補給されて善玉菌が増えると、腸の中にいるいろいろな悪玉菌と闘い、駆逐しでくれます。

本来だったら私たち自身が自分で白血球やいろいろな抗体を作っで悪玉菌と闘い、除去しなければいけないところ、酵母などの善玉菌は腹の中で悪い菌と代理戦争をしてくれるのです。だから、体がとても楽になる。胃腸がずっと健康な状態なまま、がんを防ぐ免疫機能を発揮してくれるというわけです。

また、発酵は一種の消化でもあります。植物も発酵し、漬物は半消化状態になるわけです。火を加えたのと同じ状態になるということです。発酵はほとんどが酵母菌か乳酸菌、納豆菌といった体にいい菌を使って行われるので、植物でもタンパク質でも、半分消化された状態になるのです。

例えば、肉を味噌に漬けると発酵します。味噌の中には麹菌、酵母菌、乳酸菌が含まれており、タンパク質を分解します。そこで半分消化されているため、病み上がりの人や虚証の人が肉の味噌漬けを食べても大丈夫なのです。

魚の粕漬けなども同じです。抗原性のあるものも発酵することによって全部分解されますから、アレルギーのある人にとっても、体に優しい食品ということになります。ただし、味噌漬け、粕漬けの類は塩分が濃いものもありますので、注意しましょう。

善玉菌を増やし快腸になる「乳酸菌酵母共棲培養エキス・ プシュケー」 | 自分の免疫力で治す
https://www.d-blood.info/2017/06/27/%e5%96%84%e7%8e%89%e8%8f%8c%e3%82%92%e5%a2%97%e3%82%84%e3%81%97%e5%bf%ab%e8%85%b8%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8b%e3%80%8c%e4%b9%b3%e9%85%b8%e8%8f%8c%e9%85%b5%e6%af%8d%e5%85%b1%e6%a3%b2%e5%9f%b9%e9%a4%8a/

善玉元気 フローラ健康科学研究所 の腸内環境を整える乳酸菌発酵エキス | 便秘を解消しよう!
https://benpi-guide.net/contents/archives/2863

がん

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

再発した肝臓がんがハナビラタケで進行が止まった

肝炎治療の途中で肝臓ガンが判明し手術を受けるも再発 青森市に住むSさん(仮名・75歳)は一人暮らし。近所に娘さん(仮名・49歳)が住んでいます。午前中は知り合いの産婦人科病院で働き、午後は娘さんの家で …

伝統料理は健康バランスがとれている 沖縄食はがんに負けない

伝統料理は健康バランスがとれている 沖縄食はがんに負けない のでがんに強い食事と言えます。伝統食や完成された料理は、非常によくバランスがとれています。その地域の食材を使いながら、最大限の栄養バランスを …

1日15分でストレスから解放される「自律訓練法」

自己暗示をかけながら心と身体の緊張をはぐしていく訓練 人間の内臓の諸器官は、意志ではなく自律神経によって自動的に働いている。自律神経には交感神経と副交感神経があり、ストレスが加わると交感神経が作用して …

ハナビラタケはその後再発、転移もなし

免疫療法とハナビラタケを併用したら6割以上の患者さんのガンが改善した ハナビラタケが、白血球を増加させて免疫力を強化させること、動物実験ではガン細胞を100%退治したことを紹介していますが、では、人間 …

自然治癒力、免疫力をあげる「座禅」

気持ちを落ち着けて、ガンの宿敵・ストレスに負けない 「座禅を行ったからどうこうということはわかりませんが、ただ、ストレスからひととき解放されます」と、成願寺(東京・中野区) 坐禅会師家代表の岡本道雄師 …