ガン

あたたかい食事がいい理由

投稿日:

ここまでも何度か「温かいもの」「加熱食品」を食べましょう、と言われています。「温かい食事」がなぜ健康にいいのでしょうか?

食物は体に必要なものである半面、体にとっては異物です。最終的な単位まで分解しないと、体は食物を吸収することができません。最終的な単位とは糖分、アミノ酸、脂肪酸などです。分解は酵素による反応で、体の中で酵素がうまく働くためには、最低37度の温度が必要です。

その温度が下がると、酵素はうまく働くことができません。従って冷たいものを食べるのは、体にとって一番負担がかかるのです。それから食べ物を温かくすることによって、食べ物の中にあるタンパク質などが変性し、消化されやすくなります。温かくした時点で、消化の準備段階に入っているわけです。

例えば、野菜にはビタミンが含まれています。生野菜をたくさん食べればビタミンCがすべて吸収されるかというと、そうでもありません。ビタミンを吸収するためには、その前にセルロースという硬い壁を分解しなければならないのです。
セルロースを分解するにはミキサーで砕いて野菜ジュースにするのもひとつの方法ですが、一番かんたんなのは、熱を加えることです。

するとセルロースは分解され、ビタミンを吸収しやすくなります。野菜に熱を加えると、ビタミンの量は3分の1に減ってしまうかもしれませんが、減ったビタミンはすべて体に吸収されます。生野菜を食べるより効率的で、確実です。人間は火を使うことによって、調理ができるようになりました。そのおかげで他の動物より長生きでき、文明も発達しできたのです。

従って、「火」は人間にとって必要不可欠なもの。人間の消化吸収には、温かい食事が一番合っているのです。特に虚証の人、病み上がりの人は、絶対に冷えたもの、生のものは口にしないぼうがいい。アレルギーに悩む人も同じです。

アレルギーは、60年代頃から急増 | アレルギーは腸で治す
https://constipation-guide.net/allergie/?p=1

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自然治癒力、免疫力をあげる「座禅」

気持ちを落ち着けて、ガンの宿敵・ストレスに負けない 「座禅を行ったからどうこうということはわかりませんが、ただ、ストレスからひととき解放されます」と、成願寺(東京・中野区) 坐禅会師家代表の岡本道雄師 …

十分な睡眠で新陳代謝があがり免疫力がアップする

夜は24時までに布団に入って眠る ストレス過多、不規則な生活の慢性化が当たり前になってしまった現代だからこそ不眠症に悩む人々が増え、20 ~60代の男女では4人に1人が不眠で悩んでいる。 人間にとって …

がんが嫌がる肉の食べ方

中高年になったら肉だけではなく、魚もある程度食べる食習慣が大切です。特に青魚の脂に含まれる脂肪酸は、動脈硬化を防ぐ作用や脳血栓、心筋梗塞の予防効果がある善玉脂肪酸。 中には、がんの発症リスクを下げる脂 …

身体状況、行動、思考をリラックスした状態に

感情をすっきりはき出すだけでも生体の機能が回復する場合もある 心理学者でロンドン大学名誉教授の博士は人間を4つのパーソナリティーに分け、さらにストレスの高いグループと低いグループに分け、10年にわたっ …

第二の心臓である足裏をマッサージで細胞を活発化させる

足裏を刺激すると血行がよくなり、自然治癒力が高まってガンを予防 足裏マッサージの効用を研究・実践したのがスイス人のジョゼフ・オイグスター神父。台湾名は呉若石という。自らの膝関節リウマチを足裏マッサージ …