ガン

和食に知恵をひとくわえする

投稿日:

和食だけを食べていると、そこそこは続くのですが、そのうち飽きてしまいます。特に体にいい塩分低めの和食を心掛けると、どうしても物足りなさが出てくるのです。

それを補う工夫として、和食に、アジア各国の食の知恵を加えたもの、スパイシーな味を和食に足し引きしながらローテーションし、楽しく健康的に食事ができるようひと工夫するといいでしょう。

日本のワサビ、ミョウガ、ショウガも見直したいスパイシーな食材です。スパイシーな味の代表的なものはカレー、キムチ。カレーやキムチはスパイスが多い分、塩分は少ないのが特徴です。

特にカレーは、塩分ゼロで作ることも可能です。スパイスが効いてさえいれば、塩分が少なくても物足りなさは感じません。しかもカレーはそれ自体がバランス食品ですから、野菜、肉、魚…となんでも入れることが朋できます。

味噌汁も、ひと工夫加えることで塩分を少な目に、そして飽きずに毎日楽しめます。塩分を気にして薄くすると、「こんな薄いのは飲めない」という方が多くいます。それなら具を多くしてしまえば、その分薄めなくても味噌自体の量は減ります。

これでノ「減塩味噌汁」のでき上がりです。あるいは味噌汁を薄くした上でカレー粉を適宜入れ、スープカレー風にしてしまう飲み方もあります。
みそ汁はダシをしっかりとることと旬の食材をたっぷり入れることで減塩に | 減塩食にチャレンジ – 高血圧を改善する方法
https://lowsalt-guide.net/introduction/archives/108

オススメの常備食材

納豆
キムチやネギ、マグロ、ちりめんじゃこ、大根おろし、青菜、山芋などを加えて。
めかぶ
植物繊維が豊富で、満腹感を得やすい。酢の物にするか、豆腐にのせます。
さばの水煮缶
汁ごと料理に使えます。煮物、妙めもの、カレーのメイン食材など。
キムチ
乳酸菌が生きているキムチを選びましょう。味噌汁に入れても。
ぬか漬け
旬の野菜を昔ながらの方法で漬けたものを選びましょう。
豆腐
日持ちのする充填豆腐を買い置きすると便利です○
ゴマとゴマ油
香りの強い黒ゴマ、香りは控えめですがコクのきる白ゴマをお好みで。
オリーブ油
なるべく酸化度の低いもの。
スパイス
コショウ、シナモン、カレー粉、サンシヨウ、ワサビ、ゆずコショウ、ニンニク、ショウガなど。風味豊かな食卓になります。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

がんが嫌がる肉の食べ方

中高年になったら肉だけではなく、魚もある程度食べる食習慣が大切です。特に青魚の脂に含まれる脂肪酸は、動脈硬化を防ぐ作用や脳血栓、心筋梗塞の予防効果がある善玉脂肪酸。 中には、がんの発症リスクを下げる脂 …

手術では治療できなかった乳ガンがハナビラタケ強化食で進行が止まり体調は一新

左乳のしこりを乳ガンと診断されて手術前から飲みだす 「乳ガンが見つかって、すぐにハナビラタケ増強食をとりはじめたおかげで、手術後から短期間で薬剤師の仕事に復帰できました。いまは体調がとてもよく、疲れ知 …

自然治癒力、免疫力をあげる「座禅」

気持ちを落ち着けて、ガンの宿敵・ストレスに負けない 「座禅を行ったからどうこうということはわかりませんが、ただ、ストレスからひととき解放されます」と、成願寺(東京・中野区) 坐禅会師家代表の岡本道雄師 …

がんが好む食事、糖ががんを育てる

がんと私たちの食生活が密接にかかわっていることは、周知の通りです。 ガンにならないための食習慣 | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める https://malignant-tumor.com/arc …

ハナビラタケ強化食で転移性の胃ガンが治まり薬の副作用も最小限に

持病の胃炎と思って受診したら胃ガン 胃ガンと宣告されたときは、ほんとうにショックでした。でも、よい先生にめぐり会い治療を受けられたおかげで、ガンは進行していません。ハナビラタケ強化食を飲みはじめてから …