ガン

がんの発育を抑えるバランス粗食

投稿日:

食習慣は和食に切り替える

がんを予防し、その発育を抑えるためには食習慣を和食にすることです。いわゆる『一汁二菜』の「租食」です。「粗食」 と言うと、「粗末」の「租」と勘違いする人がいますが、それは違います。実際は「バランス粗食」と呼んだほうが正しいです。栄養のバランスがとれていて、なおかつそれを食べてもあまり体重が増えない、または少し体重が減るぐらいの食事内容を指します。

和食は非常にバランスのとれた健康食です。白米に具だくさんの味噌汁、肉か魚。魚はたくさん食べても構いませんが、肉は多く摂りすぎないようにします。野菜はおひたしなど温野菜にしで、少し多めに摂ります。前にもお話したように、生野菜のサラダは体を冷やすこと、消化が悪いことから、特に虚証の人は避けたほうがいいのです。

それから、食卓には必ず漬物を加えましょう。漬物に代表される発酵食品は、いくつかの理由からお勧めです。残留農薬の面から玄米はお勧めできませんが、どうしても玄米を、というのであれば七分づき、五分づきぐらいの玄米をぬるま湯で3 回以上研ぎ、農薬を除去してから炊いて食べるようにしましょう。

日本で使われている水溶性の農薬は、お湯で丁寧に研げばほとんど除去することができます。ちまたで心配されている放射性物質も、同様に除去できます。この両方の意味からも、白米をお湯で研いで炊いて食べるのが最も現実的だと思います。

バランス粗食の例

ごはん
白米を、ぬるま湯でよく研いで炊きます。
さばの水煮と野菜のカレー抄め
さばの水煮缶を使ったかんたん料理。野菜は小松菜、タマネギなど。カレー粉、ニンニク、ショウガといったスパイスを効かせます。
わかめとキノコの味噌汁
食物繊維が豊富なわかめとキノコをたくさん入れ、味噌は少なめにします。
冷ややっこ
豆腐にちりめんじゃこ、大根おろし、めかぶなど、好きなものをかけて。
漬物、またはキムチ
旬の野菜を昔ながらの方法で漬けたぬか漬けなど。、キムチは乳酸菌の生きているものを選びましょう。
お茶
温かい番茶を食後にゆっくり飲むと、腹七、八分目の食事量でも満足感が得られます。体の冷えが強い人は生姜紅茶もおすすめです。
生姜紅茶が最強メニュー | パワー
https://full-power.info/archives/220

入浴で体温を1度上げて免疫力アップ | ガンにも負けないフコイダンのパワーと効能
https://fucoidan-guide.net/archives/565

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

なぜ、乳製品、豆製品は控えるのか

がんの原因として乳製品が疑わしいことは最近の常識です。乳製品について私が気になるのは、日本でもアメリカでも、乳牛の生育過程でかなり人工的な手が加わっていることです。 ホルスタインはお乳を出すために、女 …

40歳以上は2食に切り替える

若いうちは特に忙しく仕事をしたり、スポーツをしたりしているうちは1日3食でいいのですが、中高年になったときには、1日2食のほうがいい場合も多くなります。 食事回数の分、消化機能にも負担がかかるからです …

1日15分でストレスから解放される「自律訓練法」

自己暗示をかけながら心と身体の緊張をはぐしていく訓練 人間の内臓の諸器官は、意志ではなく自律神経によって自動的に働いている。自律神経には交感神経と副交感神経があり、ストレスが加わると交感神経が作用して …

大笑いするとガン細胞を破壊するNK細胞が活発に

笑いでガンに対する抵抗力が増強。表情だけでも笑顔を作れば効果あり 『笑う門には福来る』。笑いの満ちている家庭には幸せがやってくるという意味だが、その笑い、ガン治療にも予防にも大いに関係し、幸せをもたら …

動物実験でハナビラタケのガン退治力を100%実感

ハナビラタケ抽出液を少量与えたらすべてのマウスでガン増殖が抑制 ハナビラタケの抗ガン作用ベータは、β(1・3)グルカンによることを前の記事で紹介しました。では、β(1・3)グルカンの抗ガン作用は、どの …