ガン

40歳以上は2食に切り替える

投稿日:

若いうちは特に忙しく仕事をしたり、スポーツをしたりしているうちは1日3食でいいのですが、中高年になったときには、1日2食のほうがいい場合も多くなります。

食事回数の分、消化機能にも負担がかかるからです。1日2食にすれば、体重も減って体が軽くなり、食後極端に眠くなることがなく、仕事の能率もよくなります。

2食をどうとるかば、各自の生活パターンとうまく合わせて考えます。朝ご飯と昼ご飯をしっかり食べ、夜は軽く1杯飲んで少量のおつまみを食べておしまいです。朝・昼にする人もいれば、昼・夜にする人もいますが、だいたい朝・昼がうまくいくようです。

まれに仕事の関係で朝は食べず、昼をちょっと早めにブランチとして食べ、夕食も早めに、という人もいます。お昼時忙しく働いている人は、昼はずっと働き通しになるわけですから、そうなります。要は状況に応じて、自分の体にプログラムすることが大切なのです。今週は1日3食、来週は2食、などというのではいけません。

また、1日2食なら食事の量は同量程度で。3食の場合は、夕食を軽くしましょう。朝、お腹が減って目が覚めるぐらいのサイクルがちょうどいいのです。胃を空にして寝たほうが、ぐっすり眠れます。食べたあとにすぐ寝ると、胃の働きはそこで止まってしまいます。すると一晩中胃の中に食物が残っていることになる。それでは胃も荒れますし、37度前後の温度にさらされた食べ物は、胃の中で腐ってしまいます。腐った食べ掛は起きたとき、胃から腸に移動します。

そこで消化、吸収されると、猛烈な口臭がしてきます。腐ったものを吸収すれば、がんの原因にもなります。口臭は、発がん危険因子のひとつでもあります。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

自然治癒力、免疫力をあげる「座禅」

気持ちを落ち着けて、ガンの宿敵・ストレスに負けない 「座禅を行ったからどうこうということはわかりませんが、ただ、ストレスからひととき解放されます」と、成願寺(東京・中野区) 坐禅会師家代表の岡本道雄師 …

がんが嫌がる肉の食べ方

中高年になったら肉だけではなく、魚もある程度食べる食習慣が大切です。特に青魚の脂に含まれる脂肪酸は、動脈硬化を防ぐ作用や脳血栓、心筋梗塞の予防効果がある善玉脂肪酸。 中には、がんの発症リスクを下げる脂 …

ガンが嫌がる発酵食品を積極的に食べる

発酵食品を作る酵母は、腸内の善玉菌を増やし、腸の免疫促進作用を強くします。腸の善玉菌を補うといえば、ヨーグルトなどの乳酸菌を真っ先に思い出しますが、酵母も同じ働きをしています。 ただ、酵母も乳酸菌も腸 …

動物実験でハナビラタケのガン退治力を100%実感

ハナビラタケ抽出液を少量与えたらすべてのマウスでガン増殖が抑制 ハナビラタケの抗ガン作用ベータは、β(1・3)グルカンによることを前の記事で紹介しました。では、β(1・3)グルカンの抗ガン作用は、どの …

胃ガンの手術後ハナビラタケで薬の副作用を抑制

手術に続き行われた抗ガン剤治療の副作用で頭重感と下痢に苦しむ 長野県飯田市に住むYさん(仮名・73歳)は、2008年の春に受けた健康診断で、胃ガンの疑いがある、と指摘されました。 「大きな病院でくわし …