ガン

40歳以上は2食に切り替える

投稿日:

若いうちは特に忙しく仕事をしたり、スポーツをしたりしているうちは1日3食でいいのですが、中高年になったときには、1日2食のほうがいい場合も多くなります。

食事回数の分、消化機能にも負担がかかるからです。1日2食にすれば、体重も減って体が軽くなり、食後極端に眠くなることがなく、仕事の能率もよくなります。

2食をどうとるかば、各自の生活パターンとうまく合わせて考えます。朝ご飯と昼ご飯をしっかり食べ、夜は軽く1杯飲んで少量のおつまみを食べておしまいです。朝・昼にする人もいれば、昼・夜にする人もいますが、だいたい朝・昼がうまくいくようです。

まれに仕事の関係で朝は食べず、昼をちょっと早めにブランチとして食べ、夕食も早めに、という人もいます。お昼時忙しく働いている人は、昼はずっと働き通しになるわけですから、そうなります。要は状況に応じて、自分の体にプログラムすることが大切なのです。今週は1日3食、来週は2食、などというのではいけません。

また、1日2食なら食事の量は同量程度で。3食の場合は、夕食を軽くしましょう。朝、お腹が減って目が覚めるぐらいのサイクルがちょうどいいのです。胃を空にして寝たほうが、ぐっすり眠れます。食べたあとにすぐ寝ると、胃の働きはそこで止まってしまいます。すると一晩中胃の中に食物が残っていることになる。それでは胃も荒れますし、37度前後の温度にさらされた食べ物は、胃の中で腐ってしまいます。腐った食べ掛は起きたとき、胃から腸に移動します。

そこで消化、吸収されると、猛烈な口臭がしてきます。腐ったものを吸収すれば、がんの原因にもなります。口臭は、発がん危険因子のひとつでもあります。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

身体状況、行動、思考をリラックスした状態に

感情をすっきりはき出すだけでも生体の機能が回復する場合もある 心理学者でロンドン大学名誉教授の博士は人間を4つのパーソナリティーに分け、さらにストレスの高いグループと低いグループに分け、10年にわたっ …

がん治療中の食事

がんの治療中、抗がん剤を使うと食事ができなくなってしまいます。副作用で吐き気を催したり、実際に食べると吐いてします人もたくさんいます。 ここではまず、抗がん剤の始まりから説明していきましょう。抗がん剤 …

食品の注意事項

栄養価が高いとされ、健康食品としても依然人気が高い玄米。ところが、玄米がむしろ体に悪いものと考えている人もいます。 玄米はもみからもみ殻だけを除いて精米していない状態ですので、白米に比べて消化が悪い。 …

口呼吸は免疫力を低下させる、鼻呼吸に切り替える

白血病や血液のガンのリスクを下げる鼻呼吸の訓練を 「口呼吸は万病のもと」という指摘がある。あなたは無意識のうちに口呼吸をしていないかを、チェック。 唇の厚さが上下で著しく差がある 受け口である 歯並び …

食べ物の好みでがんの予兆が分かる アイスクリームを食べたくなったらガンにかかっているかもしれない

がん患者さんの中には、いつごろがんにかかったか、その行動をたどると分かる人がいます。共通点は、『アイスクリーム』です。「がんが食べさせるものは、甘いもの、特に冷えたもので、乳製品が多い」「そのすべてを …