ガン

40歳以上は2食に切り替える

投稿日:

若いうちは特に忙しく仕事をしたり、スポーツをしたりしているうちは1日3食でいいのですが、中高年になったときには、1日2食のほうがいい場合も多くなります。

食事回数の分、消化機能にも負担がかかるからです。1日2食にすれば、体重も減って体が軽くなり、食後極端に眠くなることがなく、仕事の能率もよくなります。

2食をどうとるかば、各自の生活パターンとうまく合わせて考えます。朝ご飯と昼ご飯をしっかり食べ、夜は軽く1杯飲んで少量のおつまみを食べておしまいです。朝・昼にする人もいれば、昼・夜にする人もいますが、だいたい朝・昼がうまくいくようです。

まれに仕事の関係で朝は食べず、昼をちょっと早めにブランチとして食べ、夕食も早めに、という人もいます。お昼時忙しく働いている人は、昼はずっと働き通しになるわけですから、そうなります。要は状況に応じて、自分の体にプログラムすることが大切なのです。今週は1日3食、来週は2食、などというのではいけません。

また、1日2食なら食事の量は同量程度で。3食の場合は、夕食を軽くしましょう。朝、お腹が減って目が覚めるぐらいのサイクルがちょうどいいのです。胃を空にして寝たほうが、ぐっすり眠れます。食べたあとにすぐ寝ると、胃の働きはそこで止まってしまいます。すると一晩中胃の中に食物が残っていることになる。それでは胃も荒れますし、37度前後の温度にさらされた食べ物は、胃の中で腐ってしまいます。腐った食べ掛は起きたとき、胃から腸に移動します。

そこで消化、吸収されると、猛烈な口臭がしてきます。腐ったものを吸収すれば、がんの原因にもなります。口臭は、発がん危険因子のひとつでもあります。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

がんがどんどん弱っていくビタミン豊富な漬物

現代の野菜や果物は、昔に比べるとビタミンが不足しています。では、ビタミンはどこで補えばいいのでしょう。ビタミン剤を毎日飲む?それよりよい方法は、「漬物」です。 ご年配で歯が悪い方は、漬物をジューサーに …

第二の心臓である足裏をマッサージで細胞を活発化させる

足裏を刺激すると血行がよくなり、自然治癒力が高まってガンを予防 足裏マッサージの効用を研究・実践したのがスイス人のジョゼフ・オイグスター神父。台湾名は呉若石という。自らの膝関節リウマチを足裏マッサージ …

身体状況、行動、思考をリラックスした状態に

感情をすっきりはき出すだけでも生体の機能が回復する場合もある 心理学者でロンドン大学名誉教授の博士は人間を4つのパーソナリティーに分け、さらにストレスの高いグループと低いグループに分け、10年にわたっ …

がんの発育を抑えるバランス粗食

食習慣は和食に切り替える がんを予防し、その発育を抑えるためには食習慣を和食にすることです。いわゆる『一汁二菜』の「租食」です。「粗食」 と言うと、「粗末」の「租」と勘違いする人がいますが、それは違い …

1日15分でストレスから解放される「自律訓練法」

自己暗示をかけながら心と身体の緊張をはぐしていく訓練 人間の内臓の諸器官は、意志ではなく自律神経によって自動的に働いている。自律神経には交感神経と副交感神経があり、ストレスが加わると交感神経が作用して …