ガン

ガン 育ててしまう食事

投稿日:2019/05/22 更新日:

ガン 育ててしまう食事 というものがあります。実証の人は仕事中心の生活をするあまり、食事内容、食事をとる時間をあまり気にしなくなる傾向にあります。暴飲暴食、脂っこい食事、美食、間食、夜食にも走りがちです。
陰性(実証)、陽性(虚証)の体質チェックはこちら。

食事の時間が不規則だったり、食事を抜いたりする人、または偏食は、がんをはじめとする病気にかかりやすくなります。私たちの体にある免疫細胞のうち、60~70%が腸に集まっています。

つまり腸が活発に、しかも正常に機能しないと、免疫力を維持できなくなるのです。そして、それを誘導するのが食事です。

現代人が考える健康を見直すときがきている

食事時間になって食事を食べないでいても、消化液と胃腸は自然に活動を始めます。そうプログラムされでいるからです。しかし、そのとき胃の中に食物がないと、代わりに自分の粘膜などを消化してしまうのです。
それで炎症が起こり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こします。こういった症状を繰り返していると、がんになりやすい。免疫力も下がってきて、完全な悪循環です。

また、いくら3食をとる時間が規則正しくても、間食、夜食をしては体によくありません。私たちの消化吸収機能は、無意識のうちにプログラムされています。

旅行で時差のある国に行ったとき、変な時間に食事がしたくなったり、排便したくなったりといった経験はありませんか。これは日本でプログラムされた通り、体が動いているからです。このプログラムの中には、睡眠も入っています。

従って、夜眠れないとか食欲がないとか、朝起きたのにご飯を食べたくないというときは、このプログラムが壊れかかっていると思っていい。すでに自律神経が病んでいるということですから、要注意です。

仕事の帰宅が遅い、夜勤などがあるなど現代特有のワークスタイルの場合、夕食が遅い人のための教科書がとても参考になります。

ガン

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

再発した肝臓がんがハナビラタケで進行が止まった

肝炎治療の途中で肝臓ガンが判明し手術を受けるも再発 青森市に住むSさん(仮名・75歳)は一人暮らし。近所に娘さん(仮名・49歳)が住んでいます。午前中は知り合いの産婦人科病院で働き、午後は娘さんの家で …

がん 何を食べるかよりもいつ食べるかの方が重要

がん 何を食べるかよりもいつ食べるかの方が重要 です。免疫細胞の大半は、腸に集まっています。そのため腸が活発に、しかも正常に機能しないと、その免疫力を維持することはできません。 そして、それを誘導する …

がんの発育を抑えるバランスの整った 粗食

がんの発育を抑えるバランスの整った 粗食 はががんを撃退するためにどのように大事なのかを紹介します。たまにがんに栄養を与えないために非常に質素な食事がいいと勘違いしている方がいます。たしかにがんの広が …

がん予防 40歳以上は2食に切り替える

40歳以上は2食に切り替える のががん予防には最適です。若いうちは特に忙しく仕事をしたり、スポーツをしたりしているうちは1日3食でいいのですが、中高年になったときには、1日2食のほうがいい場合も多くな …

伝統料理は健康バランスがとれている 沖縄食はがんに負けない

伝統料理は健康バランスがとれている 沖縄食はがんに負けない のでがんに強い食事と言えます。伝統食や完成された料理は、非常によくバランスがとれています。その地域の食材を使いながら、最大限の栄養バランスを …