ガン

食べ物の好みでがんの予兆が分かる アイスクリームを食べたくなったらガンにかかっているかもしれない

投稿日:

がん患者さんの中には、いつごろがんにかかったか、その行動をたどると分かる人がいます。共通点は、『アイスクリーム』です。「がんが食べさせるものは、甘いもの、特に冷えたもので、乳製品が多い」「そのすべてを満たしているのがアイスクリームです。

「そういえば、がんが見つかる4ヶ月前、真冬だというのに夫が自らアイスクリームを買ってきました」。ふだんコンビニに寄ることもないような人が、アイスクリームをどっさり買ってきで、おいしそうに食べでいた。あまりに珍しかったので、「夫が自分でアイスクリームを買っできて食べでいた」と日記に書き留めたほど。明らかに日にちが分かる、

それが発がん日です。SF映画などで、未知の生物に体を乗っ取られ、その生物の好きなものを突然食べるようになる、というシーンがありますが、まさに同じです。

これは、がんに限りません。ほかの病気でも、同じ病気にかかった人は、食の好みが似てきます。女性が子どもを妊娠すると、妊娠前とは全く違った食べ物が欲しくなるのと似ています。

がんは、自分の体の一部が突然大きく繁殖し出すわけですから、そのとき嗜好が変わるのです。妊娠中だったら酸っぱいもの、と相場は決まっていますが、がんの場合は甘くて冷たくて、カロリーの高い、だいたいが乳製品です。「そういえば、なんであのぐらいから急に、アイスクリームがあんなにおいしく感じるようになったんだろう」と心当たりのある方は、要注意。

ほかには季節の山菜、果物なども同様です。実はああいう旬のある植物で、あまり体にいいものはありません。タケノコだとかナシだとか、急に待ち遠しくなったら、それは危険なサインです。体内に現れたがん細胞が、あなたに食べさせている可能性があるのです。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ストレスで乱れた自律神経は音楽で整えてガン予防

落ち込んだらスローテンポ、イライラするならロックが有効 医者から見放された末期ガンの患者さんに残るのは、不安と恐怖です。悪いほうへと循環するのを断ち切って、生きる希望につなげるのに最もいいのは音楽です …

第二の心臓である足裏をマッサージで細胞を活発化させる

足裏を刺激すると血行がよくなり、自然治癒力が高まってガンを予防 足裏マッサージの効用を研究・実践したのがスイス人のジョゼフ・オイグスター神父。台湾名は呉若石という。自らの膝関節リウマチを足裏マッサージ …

口呼吸は免疫力を低下させる、鼻呼吸に切り替える

白血病や血液のガンのリスクを下げる鼻呼吸の訓練を 「口呼吸は万病のもと」という指摘がある。あなたは無意識のうちに口呼吸をしていないかを、チェック。 唇の厚さが上下で著しく差がある 受け口である 歯並び …

月1回の針治療で細胞活動を活発にする

鍼灸で免疫機能が上昇し、神経の緊張が壌和される アメリカ国立衛生研究所(NIH) がハリ治療の有効性を認め、さらに支持する発表を行ったためアメリカではにわかにハリ治療が脚光を集め始めている。注目された …

40歳以上は2食に切り替える

若いうちは特に忙しく仕事をしたり、スポーツをしたりしているうちは1日3食でいいのですが、中高年になったときには、1日2食のほうがいい場合も多くなります。 食事回数の分、消化機能にも負担がかかるからです …