ガン

食べ物の好みでがんの予兆が分かる アイスクリームを食べたくなったらガンにかかっているかもしれない

投稿日:

がん患者さんの中には、いつごろがんにかかったか、その行動をたどると分かる人がいます。共通点は、『アイスクリーム』です。「がんが食べさせるものは、甘いもの、特に冷えたもので、乳製品が多い」「そのすべてを満たしているのがアイスクリームです。

「そういえば、がんが見つかる4ヶ月前、真冬だというのに夫が自らアイスクリームを買ってきました」。ふだんコンビニに寄ることもないような人が、アイスクリームをどっさり買ってきで、おいしそうに食べでいた。あまりに珍しかったので、「夫が自分でアイスクリームを買っできて食べでいた」と日記に書き留めたほど。明らかに日にちが分かる、

それが発がん日です。SF映画などで、未知の生物に体を乗っ取られ、その生物の好きなものを突然食べるようになる、というシーンがありますが、まさに同じです。

これは、がんに限りません。ほかの病気でも、同じ病気にかかった人は、食の好みが似てきます。女性が子どもを妊娠すると、妊娠前とは全く違った食べ物が欲しくなるのと似ています。

がんは、自分の体の一部が突然大きく繁殖し出すわけですから、そのとき嗜好が変わるのです。妊娠中だったら酸っぱいもの、と相場は決まっていますが、がんの場合は甘くて冷たくて、カロリーの高い、だいたいが乳製品です。「そういえば、なんであのぐらいから急に、アイスクリームがあんなにおいしく感じるようになったんだろう」と心当たりのある方は、要注意。

ほかには季節の山菜、果物なども同様です。実はああいう旬のある植物で、あまり体にいいものはありません。タケノコだとかナシだとか、急に待ち遠しくなったら、それは危険なサインです。体内に現れたがん細胞が、あなたに食べさせている可能性があるのです。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

あたたかい食事がいい理由

ここまでも何度か「温かいもの」「加熱食品」を食べましょう、と言われています。「温かい食事」がなぜ健康にいいのでしょうか? 食物は体に必要なものである半面、体にとっては異物です。最終的な単位まで分解しな …

がんが好む食事、糖ががんを育てる

がんと私たちの食生活が密接にかかわっていることは、周知の通りです。 ガンにならないための食習慣 | ガンの予防対策と増殖抑制作用を高める https://malignant-tumor.com/arc …

何を食べるかよりもいつ食べるかの方が重要

免疫細胞の大半は、腸に集まっています。そのため腸が活発に、しかも正常に機能しないと、その免疫力を維持することはできません。 そして、それを誘導するのが食事です。免疫力を維持するためには、食事が大切にな …

がん治療中の食事

がんの治療中、抗がん剤を使うと食事ができなくなってしまいます。副作用で吐き気を催したり、実際に食べると吐いてします人もたくさんいます。 ここではまず、抗がん剤の始まりから説明していきましょう。抗がん剤 …

月1回の針治療で細胞活動を活発にする

鍼灸で免疫機能が上昇し、神経の緊張が壌和される アメリカ国立衛生研究所(NIH) がハリ治療の有効性を認め、さらに支持する発表を行ったためアメリカではにわかにハリ治療が脚光を集め始めている。注目された …