ガン

食べ物の好みでがんの予兆が分かる アイスクリームを食べたくなったらガンにかかっているかもしれない

投稿日:

がん患者さんの中には、いつごろがんにかかったか、その行動をたどると分かる人がいます。共通点は、『アイスクリーム』です。「がんが食べさせるものは、甘いもの、特に冷えたもので、乳製品が多い」「そのすべてを満たしているのがアイスクリームです。

「そういえば、がんが見つかる4ヶ月前、真冬だというのに夫が自らアイスクリームを買ってきました」。ふだんコンビニに寄ることもないような人が、アイスクリームをどっさり買ってきで、おいしそうに食べでいた。あまりに珍しかったので、「夫が自分でアイスクリームを買っできて食べでいた」と日記に書き留めたほど。明らかに日にちが分かる、

それが発がん日です。SF映画などで、未知の生物に体を乗っ取られ、その生物の好きなものを突然食べるようになる、というシーンがありますが、まさに同じです。

これは、がんに限りません。ほかの病気でも、同じ病気にかかった人は、食の好みが似てきます。女性が子どもを妊娠すると、妊娠前とは全く違った食べ物が欲しくなるのと似ています。

がんは、自分の体の一部が突然大きく繁殖し出すわけですから、そのとき嗜好が変わるのです。妊娠中だったら酸っぱいもの、と相場は決まっていますが、がんの場合は甘くて冷たくて、カロリーの高い、だいたいが乳製品です。「そういえば、なんであのぐらいから急に、アイスクリームがあんなにおいしく感じるようになったんだろう」と心当たりのある方は、要注意。

ほかには季節の山菜、果物なども同様です。実はああいう旬のある植物で、あまり体にいいものはありません。タケノコだとかナシだとか、急に待ち遠しくなったら、それは危険なサインです。体内に現れたがん細胞が、あなたに食べさせている可能性があるのです。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

リラクゼーションにで免疫力を高める(芳香浴)

いい香りが免疫系、ホルモン系、自律神経系の活動を助ける アロマテラピーとは、1928年にフランスのルネ・モーリス・ガットフォセが作った芳香(アロマ) と療法(テラピー) の造語。その言葉を作り上げたの …

大笑いするとガン細胞を破壊するNK細胞が活発に

笑いでガンに対する抵抗力が増強。表情だけでも笑顔を作れば効果あり 『笑う門には福来る』。笑いの満ちている家庭には幸せがやってくるという意味だが、その笑い、ガン治療にも予防にも大いに関係し、幸せをもたら …

なぜ、乳製品、豆製品は控えるのか

がんの原因として乳製品が疑わしいことは最近の常識です。乳製品について私が気になるのは、日本でもアメリカでも、乳牛の生育過程でかなり人工的な手が加わっていることです。 ホルスタインはお乳を出すために、女 …

免疫力強化にはなびらたけ!ガンも撃退する驚異のパワー

強力な抗ガン作用が確認 今からおよそ5~6年前の2008年9月、特許庁より「ハナビラタケの抽出物の成分と抗腫瘍作用、その抽出法」の特許が認可されました。 1999年に申請し、10年近く時間がかかりまし …

急増する大腸がんは40代からが要注意

最近、日本での大腸がんによる死亡率は上昇を続けています。日本人の50%が腸ストレスを感じているにあるように特に現代人は腸へのストレスをかかえています。 大腸がんの増加の背景にはさまざまな要因があります …