ガン

ガンを育てる食事

投稿日:2019/05/22 更新日:

実証の人は仕事中心の生活をするあまり、食事内容、食事をとる時間をあまり気にしなくなる傾向にあります。暴飲暴食、脂っこい食事、美食、間食、夜食にも走りがちです。
陰性(実証)、陽性(虚証)の体質チェックはこちら。

食事の時間が不規則だったり、食事を抜いたりする人、または偏食は、がんをはじめとする病気にかかりやすくなります。私たちの体にある免疫細胞のうち、60~70%が腸に集まっています。

つまり腸が活発に、しかも正常に機能しないと、免疫力を維持できなくなるのです。そして、それを誘導するのが食事です。

現代人が考える健康を見直すときがきている

食事時間になって食事を食べないでいても、消化液と胃腸は自然に活動を始めます。そうプログラムされでいるからです。しかし、そのとき胃の中に食物がないと、代わりに自分の粘膜などを消化してしまうのです。
それで炎症が起こり、胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こします。こういった症状を繰り返していると、がんになりやすい。免疫力も下がってきて、完全な悪循環です。

また、いくら3食をとる時間が規則正しくても、間食、夜食をしては体によくありません。私たちの消化吸収機能は、無意識のうちにプログラムされています。

旅行で時差のある国に行ったとき、変な時間に食事がしたくなったり、排便したくなったりといった経験はありませんか。これは日本でプログラムされた通り、体が動いているからです。このプログラムの中には、睡眠も入っています。

従って、夜眠れないとか食欲がないとか、朝起きたのにご飯を食べたくないというときは、このプログラムが壊れかかっていると思っていい。すでに自律神経が病んでいるということですから、要注意です。

仕事の帰宅が遅い、夜勤などがあるなど現代特有のワークスタイルの場合、夕食が遅い人のための教科書がとても参考になります。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

口呼吸は免疫力を低下させる、鼻呼吸に切り替える

白血病や血液のガンのリスクを下げる鼻呼吸の訓練を 「口呼吸は万病のもと」という指摘がある。あなたは無意識のうちに口呼吸をしていないかを、チェック。 唇の厚さが上下で著しく差がある 受け口である 歯並び …

第二の心臓である足裏をマッサージで細胞を活発化させる

足裏を刺激すると血行がよくなり、自然治癒力が高まってガンを予防 足裏マッサージの効用を研究・実践したのがスイス人のジョゼフ・オイグスター神父。台湾名は呉若石という。自らの膝関節リウマチを足裏マッサージ …

ハナビラタケはその後再発、転移もなし

免疫療法とハナビラタケを併用したら6割以上の患者さんのガンが改善した ハナビラタケが、白血球を増加させて免疫力を強化させること、動物実験ではガン細胞を100%退治したことを紹介していますが、では、人間 …

あたたかい食事がいい理由

ここまでも何度か「温かいもの」「加熱食品」を食べましょう、と言われています。「温かい食事」がなぜ健康にいいのでしょうか? 食物は体に必要なものである半面、体にとっては異物です。最終的な単位まで分解しな …

発がん性のある食べ物は自然のものが多い

がんを発生させる食べ物は、意外や自然界に多く存荏します。今はなんでも天然、自然のものは体にいいんじゃないか、と誤解されていますが、本当に食べられる植物は限られているのです。 毒キノコに限らず、野山に生 …