ガン

食品の注意事項

投稿日:

栄養価が高いとされ、健康食品としても依然人気が高い玄米。ところが、玄米がむしろ体に悪いものと考えている人もいます。
玄米はもみからもみ殻だけを除いて精米していない状態ですので、白米に比べて消化が悪い。特に虚証の人、がん患者さんなどは消化吸収にエネルギーを要するため、体に大きな負担をかけてしまいます。その上、栄養吸収率も低くなっています。

また、玄米は油分が多くて水を弾くため、水で洗っても種皮や胚芽部分の農薬がとり除けません。それなら有機玄米だったら大丈夫かというと、農薬を使っていないはずの玄米から必ず農薬が検出されます。日本で使われている農薬は水溶性なので、隣の田んぼで農薬をまかれたら、あっという間に汚染されてしまうのです。完全無農薬の玄米を作ることは、日本の国土ではまずできないでしょう。5分づきの米をぬるま湯で3 回洗と農薬は99%除去できます。

海産物では、魚の重金属汚染は非常に探刻です。水銀、ヒ素、亜鉛といった重金属が魚たちの体の中に蓄積されています。特にマグロ、カツオなどの大型魚類は、自分が重金属汚染を受けた上、同様に汚染された小魚を食べているわけですから、なるべく口にしないほうがよさそうです。

魚類ではありませんが、クジラは食物連鎖の頂点にあるから、余計危ない。その点、プランクトンを食べて生きている小魚は、比較的重金属の蓄積が少ないと考えられます。サケ以下の大きさのニシン、サバ、イワシ、サンマ、アジなどがそれにあたります。

人工の食品に目を移すと、食品添加物も問題のある存在です。もちろん個々の食品添加物に関しては、すべて膨大な実験データに基づき安全性が保障されています。しかし、ひとつの食品の中に食品添加物が1種類だけ、ということはほとんどありません。何十種類と入っているものもざらでしょう。

その何十種類かをいっペんにとったときどうなるか、そこは何のデータも出でいません。これは非常に怖いことです。日本で生産される食品添加物をすべで日本人が体の中に入れているとすると、l年間にl人4キロの食品添加物を食べている計算になります。

実際には食品全部を食べるわけではありませんから、残す分を換算しても、1年間に1 人1キロの食品添加物を食べていることになります。毎年1キロ分の化学薬品を食べて、体にどんな影響が及ぶのか。その解明はまだこれから、というところです。

しかしながら、食品添加物よりもっと怖いのは、実はペットボトルです。ペットボトルのプラスチックから、微量ながら可塑剤という環境ホルモンが溶出されています。検出限界以下の数字ではありますが、溶け出ている事実には間違いありません。

スイスほかいくつかの国では、これを重く見て、ペットボトルでの飲料水販売を禁止。飲料水はすべて重いガラス瓶に詰められています。

一方、日本でもアメリカでも、いまだペットボトルを全面的に認めています。あと何十年かしたときに、「やっぱりあれはいけなかった」ということにならなければよいのですが。これは政府の良識さえ問われる問題です。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ガンが嫌がる発酵食品を積極的に食べる

発酵食品を作る酵母は、腸内の善玉菌を増やし、腸の免疫促進作用を強くします。腸の善玉菌を補うといえば、ヨーグルトなどの乳酸菌を真っ先に思い出しますが、酵母も同じ働きをしています。 ただ、酵母も乳酸菌も腸 …

大笑いするとガン細胞を破壊するNK細胞が活発に

笑いでガンに対する抵抗力が増強。表情だけでも笑顔を作れば効果あり 『笑う門には福来る』。笑いの満ちている家庭には幸せがやってくるという意味だが、その笑い、ガン治療にも予防にも大いに関係し、幸せをもたら …

免疫力強化にはなびらたけ!ガンも撃退する驚異のパワー

強力な抗ガン作用が確認 今からおよそ5~6年前の2008年9月、特許庁より「ハナビラタケの抽出物の成分と抗腫瘍作用、その抽出法」の特許が認可されました。 1999年に申請し、10年近く時間がかかりまし …

急増する大腸がんは40代からが要注意

最近、日本での大腸がんによる死亡率は上昇を続けています。日本人の50%が腸ストレスを感じているにあるように特に現代人は腸へのストレスをかかえています。 大腸がんの増加の背景にはさまざまな要因があります …

ハナビラタケはその後再発、転移もなし

免疫療法とハナビラタケを併用したら6割以上の患者さんのガンが改善した ハナビラタケが、白血球を増加させて免疫力を強化させること、動物実験ではガン細胞を100%退治したことを紹介していますが、では、人間 …