ガン

アミノ酸、脂肪酸は控える

投稿日:

アミノ酸の効能を掲げた飲料水、健康食品はすっかり私たちの身の回りに定着しています。アミノ酸はタンパク質の一種で、人間が活動するのに欠かせない栄養です。

アミノ酸を多く含む食品としては、乳製品、豆類、発芽玄米などが知られています。ところがアミノ酸は、糖分の次にがんが好むもの。

過度に摂るとがんを喜ばせることになるので、注意が必要です。タンパク質を分解すると、最後はアミノ酸になります。分解、吸収されたときのアミノ酸は、血中濃度はゆっくりしか上昇しません。

一方アミノ酸ドリンクは、アミノ酸をフリーで体の中に入れることになり、一気に血中濃度が上がってしまうので、気を付けなければなりません。天然の食品では、もやしなど豆類が発芽したものにも、アミノ酸が非常に多く含まれています。

がんのエサになるものを、そのままダイレクトに体の中に入れるのは、少なくともがん患者は避けるべきだと思います。また、アミノ酸入りのサプリメントも同様に注意が必要です。
アミノ酸入り以外でも、サプリメントには賦形剤として乳糖をはじめとする糖分が含まれています。

特にがん患者はアミノ酸、糖分と内容物を二重にチェックしてから服用するようにしましょう。

脂肪酸は体に必要な栄養素で、特に必須脂肪酸はその名の通り、なくてはならないもの。しかし脂肪酸の中には、血中のHDLコレステロール(善玉コレステロール)を減らし、LDLコレステロール(悪玉コレステロール) を増やすタチの悪いものもぁります。

油で揚げたスナック菓子や甘いケーキなどは、糖にアミノ酸、脂肪酸が加わり、腸に三重の負担をかけてしまいます。脂肪酸もアミノ酸と同様、ラードで食べる分には分解するまでに時間がかかり、じわじわと吸収されていきますから、血中濃度はさほど上がりません。とはいえ、過剰摂取は動脈硬化などの心臓病やがんにかかるリスクを上げてしまいます。
どうしても脂肪分が欲しい場合は、サバの味噌煮など、脂の乗った魚を食べましょう。魚の脂は中性脂肪を減らし、血液をサラサラにしてくれる働きがあり、健康的です。

  • アミノ酸はタンパク質の一種で、人間が活動するのに欠かせない栄養。
  • アミノ酸を多く含む食品としては、乳製品、豆類、発芽玄米などが知られている。
  • アミノ酸は糖分の次にがんが好むもの。
  • アミノ酸を過度に摂るとがんを喜ばせることになるので要注意。
  • アミノ酸ドリンクは、アミノ酸をフリーで体に入れることになり、一気に血中濃度が上がってしまうので、気を付けなければならない。
  • 天然の食品では、もやしなど豆類が発芽したものにも、アミノ酸が非常に多く含まれている。
  • 油で揚げたスナック菓子や甘いケーキなどは、糖にアミノ酸、脂肪酸が加わり、腸に三重の負担をかけてしまう。
  • 脂肪酸の過剰摂取は動脈硬化などの心臓病やがんにかかるリスクを上げてしまう。

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

胃ガンの手術後ハナビラタケで薬の副作用を抑制

手術に続き行われた抗ガン剤治療の副作用で頭重感と下痢に苦しむ 長野県飯田市に住むYさん(仮名・73歳)は、2008年の春に受けた健康診断で、胃ガンの疑いがある、と指摘されました。 「大きな病院でくわし …

大笑いするとガン細胞を破壊するNK細胞が活発に

笑いでガンに対する抵抗力が増強。表情だけでも笑顔を作れば効果あり 『笑う門には福来る』。笑いの満ちている家庭には幸せがやってくるという意味だが、その笑い、ガン治療にも予防にも大いに関係し、幸せをもたら …

急増する大腸がんは40代からが要注意

最近、日本での大腸がんによる死亡率は上昇を続けています。日本人の50%が腸ストレスを感じているにあるように特に現代人は腸へのストレスをかかえています。 大腸がんの増加の背景にはさまざまな要因があります …

第二の心臓である足裏をマッサージで細胞を活発化させる

足裏を刺激すると血行がよくなり、自然治癒力が高まってガンを予防 足裏マッサージの効用を研究・実践したのがスイス人のジョゼフ・オイグスター神父。台湾名は呉若石という。自らの膝関節リウマチを足裏マッサージ …

食品の注意事項

栄養価が高いとされ、健康食品としても依然人気が高い玄米。ところが、玄米がむしろ体に悪いものと考えている人もいます。 玄米はもみからもみ殻だけを除いて精米していない状態ですので、白米に比べて消化が悪い。 …