ガン

なぜ、乳製品、豆製品は控えるのか

投稿日:2019/05/10 更新日:

がんの原因として乳製品が疑わしいことは最近の常識です。乳製品について私が気になるのは、日本でもアメリカでも、乳牛の生育過程でかなり人工的な手が加わっていることです。

ホルスタインはお乳を出すために、女性ホルモンを打ち続けています。しかしスイスでは、乳牛に女性ホルモンなどを打ってはいけない、と法律で決まっています。

その点、スイスの製品は安心しで食べられます。そうでない製品は、ホルモン剤の影響が明らかになるまでは、『君子は危うきに近寄らず』の気持ちで、控えたほうがよさそうです。

牛乳についてはもうひとつ、がんが好む糖分、アミノ酸、脂肪酸など高栄養の栄養素を持つという点でも注意が必要です。がんは糖分が大好きですが、私たちが糖分を断っでも代わりに高栄養のものがあれば、それをエサにします。

一方、植物性タンパク質が豊富に含まれることから、体によさそうなイメージのある豆類。しかし豆類は植物の種、すなわち子孫の部分にあたります。

豆類は栄養が多いので、他の虫や動物に食べられたり細菌が付いたりする可能性が高い。そこで彼らは、それら外敵から子孫を遠ざけるべく「守り」に入ります。すなわち豆の皮はことのほか分厚い。そしてそこに、いろいろな毒物が含まれているのです。

豆そのもののほかにも、豆の加工品は私たちの周りに多く存在します。コーヒーも豆類、チョコレートも豆類、あんこも豆から作られています。こういった豆の加工品で、豆の皮が入っているものには気を付けたほうがいいのです。

納豆にも皮は入っていますが、納豆の皮は発酵させてあるので、問題ありません。大豆を豆腐にしたとき出るおからは、皮のかたまりです。豆腐そのものは、皮の部分が取り除いてあるので大丈夫。ただし、最近の豆腐の新しい製造法により、高速でホモジナイズ(均質化)し、おからの出ない豆腐がスーパーなどに出回っていますから、それは注意が必要でしょう。そう考えると、豆乳をヨーグルト菌で発酵させた豆腐が、最も安心でヘルシーな豆腐といえます。
豆腐の食効

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

発がん性のある食べ物は自然のものが多い

がんを発生させる食べ物は、意外や自然界に多く存荏します。今はなんでも天然、自然のものは体にいいんじゃないか、と誤解されていますが、本当に食べられる植物は限られているのです。 毒キノコに限らず、野山に生 …

ガンを育てる食事

実証の人は仕事中心の生活をするあまり、食事内容、食事をとる時間をあまり気にしなくなる傾向にあります。暴飲暴食、脂っこい食事、美食、間食、夜食にも走りがちです。 陰性(実証)、陽性(虚証)の体質チェック …

40歳以上は2食に切り替える

若いうちは特に忙しく仕事をしたり、スポーツをしたりしているうちは1日3食でいいのですが、中高年になったときには、1日2食のほうがいい場合も多くなります。 食事回数の分、消化機能にも負担がかかるからです …

動物実験でハナビラタケのガン退治力を100%実感

ハナビラタケ抽出液を少量与えたらすべてのマウスでガン増殖が抑制 ハナビラタケの抗ガン作用ベータは、β(1・3)グルカンによることを前の記事で紹介しました。では、β(1・3)グルカンの抗ガン作用は、どの …

がんの発育を抑えるバランス粗食

食習慣は和食に切り替える がんを予防し、その発育を抑えるためには食習慣を和食にすることです。いわゆる『一汁二菜』の「租食」です。「粗食」 と言うと、「粗末」の「租」と勘違いする人がいますが、それは違い …