ガン

なぜ、乳製品、豆製品は控えるのか

投稿日:2019/05/10 更新日:

がんの原因として乳製品が疑わしいことは最近の常識です。乳製品について私が気になるのは、日本でもアメリカでも、乳牛の生育過程でかなり人工的な手が加わっていることです。

ホルスタインはお乳を出すために、女性ホルモンを打ち続けています。しかしスイスでは、乳牛に女性ホルモンなどを打ってはいけない、と法律で決まっています。

その点、スイスの製品は安心しで食べられます。そうでない製品は、ホルモン剤の影響が明らかになるまでは、『君子は危うきに近寄らず』の気持ちで、控えたほうがよさそうです。

牛乳についてはもうひとつ、がんが好む糖分、アミノ酸、脂肪酸など高栄養の栄養素を持つという点でも注意が必要です。がんは糖分が大好きですが、私たちが糖分を断っでも代わりに高栄養のものがあれば、それをエサにします。

一方、植物性タンパク質が豊富に含まれることから、体によさそうなイメージのある豆類。しかし豆類は植物の種、すなわち子孫の部分にあたります。

豆類は栄養が多いので、他の虫や動物に食べられたり細菌が付いたりする可能性が高い。そこで彼らは、それら外敵から子孫を遠ざけるべく「守り」に入ります。すなわち豆の皮はことのほか分厚い。そしてそこに、いろいろな毒物が含まれているのです。

豆そのもののほかにも、豆の加工品は私たちの周りに多く存在します。コーヒーも豆類、チョコレートも豆類、あんこも豆から作られています。こういった豆の加工品で、豆の皮が入っているものには気を付けたほうがいいのです。

納豆にも皮は入っていますが、納豆の皮は発酵させてあるので、問題ありません。大豆を豆腐にしたとき出るおからは、皮のかたまりです。豆腐そのものは、皮の部分が取り除いてあるので大丈夫。ただし、最近の豆腐の新しい製造法により、高速でホモジナイズ(均質化)し、おからの出ない豆腐がスーパーなどに出回っていますから、それは注意が必要でしょう。そう考えると、豆乳をヨーグルト菌で発酵させた豆腐が、最も安心でヘルシーな豆腐といえます。
豆腐の食効

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

第二の心臓である足裏をマッサージで細胞を活発化させる

足裏を刺激すると血行がよくなり、自然治癒力が高まってガンを予防 足裏マッサージの効用を研究・実践したのがスイス人のジョゼフ・オイグスター神父。台湾名は呉若石という。自らの膝関節リウマチを足裏マッサージ …

リラクゼーションにで免疫力を高める(芳香浴)

いい香りが免疫系、ホルモン系、自律神経系の活動を助ける アロマテラピーとは、1928年にフランスのルネ・モーリス・ガットフォセが作った芳香(アロマ) と療法(テラピー) の造語。その言葉を作り上げたの …

十分な睡眠で新陳代謝があがり免疫力がアップする

夜は24時までに布団に入って眠る ストレス過多、不規則な生活の慢性化が当たり前になってしまった現代だからこそ不眠症に悩む人々が増え、20 ~60代の男女では4人に1人が不眠で悩んでいる。 人間にとって …

再発した肝臓がんがハナビラタケで進行が止まった

肝炎治療の途中で肝臓ガンが判明し手術を受けるも再発 青森市に住むSさん(仮名・75歳)は一人暮らし。近所に娘さん(仮名・49歳)が住んでいます。午前中は知り合いの産婦人科病院で働き、午後は娘さんの家で …

急増する大腸がんは40代からが要注意

最近、日本での大腸がんによる死亡率は上昇を続けています。日本人の50%が腸ストレスを感じているにあるように特に現代人は腸へのストレスをかかえています。 大腸がんの増加の背景にはさまざまな要因があります …