ガン

発がん性のある食べ物は自然のものが多い

投稿日:

がんを発生させる食べ物は、意外や自然界に多く存荏します。今はなんでも天然、自然のものは体にいいんじゃないか、と誤解されていますが、本当に食べられる植物は限られているのです。

毒キノコに限らず、野山に生えている植物のほとんどは毒を持っています。中でも発がん物質が多く含まれているのです。
食べられる植物の中でも発がん物質が多いのは、山菜類でず。ワラビ、ゼンマイ、キノコなどには発がん物質が含まれていますので、食べ方に気を付けなければなりません。昔の人は、こういった山菜、野菜類を絶対に生では食べませんでした。生で食べると体に異常をきたす、ということを認識していたのでしょう。

野菜は必ずおひたしにしますし、山菜はまずあく抜きをしてからおひたしにします。あく抜きには灰を使いますから、昔の農家には必ず灰小屋があって、かまどや囲炉裏で出た灰を蓄えていました‥ ひと冬黙えた灰は、春になって山菜の時期が来ると、そのあく抜きに使われました。

今はもう、あく抜きなんかせず、そのまま食べてしまうようです。なんでも天ぶらにしてしまうとか。そういう意味では、情報の少なかった昔の人のほうが知識は豊富だったのです。食物関連での発がん物質といえば、カビも上位に挙げられます。

冷蔵庫の普及と食品添加物のおかげで、カビの発生はずいぶん少なくなりました。昔はお米でもなんでも、みんなあっという間にカビが生えたものです。そして、それを食べてアフラトキシンというカビ毒に侵され、肝臓がんにかかるケースも多くありました。「自然のものは体にいい」という考え方は捨て、「自然は危険」なものとして用心するに越したことはありません。自然の中では、食べられるもののほうが例外なのです。

春先の芽は、食中毒の原因になることもあるので注意「じゃがいも」 | 危険な食品
https://life-ddefense.com/d-food/archives/431

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

動物実験でハナビラタケのガン退治力を100%実感

ハナビラタケ抽出液を少量与えたらすべてのマウスでガン増殖が抑制 ハナビラタケの抗ガン作用ベータは、β(1・3)グルカンによることを前の記事で紹介しました。では、β(1・3)グルカンの抗ガン作用は、どの …

疲労物質がたまらない程度の運動量

こコニコ会話しながらできる運動がガン予防に最も効果あり 生活習慣病で、最も患者数の多いのが高血圧、次いで糖尿病。これらの予防や病気を進行させないための方法のひとつとして『運動』がある。が、ガン予防にも …

月1回の針治療で細胞活動を活発にする

鍼灸で免疫機能が上昇し、神経の緊張が壌和される アメリカ国立衛生研究所(NIH) がハリ治療の有効性を認め、さらに支持する発表を行ったためアメリカではにわかにハリ治療が脚光を集め始めている。注目された …

がんが好む食事、カロリーオーバーはガンの原因に

がんの喜ぶ栄養素は、第一に糖分。そしてがんを作る圧倒的な因子は、高カロリーな食べ物です。高カロリーなものを摂りすぎると、やはりがんになりやすい。 がん細胞は非常に増殖力が強いので、成長するためカロリー …

ハナビラタケはその後再発、転移もなし

免疫療法とハナビラタケを併用したら6割以上の患者さんのガンが改善した ハナビラタケが、白血球を増加させて免疫力を強化させること、動物実験ではガン細胞を100%退治したことを紹介していますが、では、人間 …