ガン

発がん性のある食べ物は自然のものが多い

投稿日:

がんを発生させる食べ物は、意外や自然界に多く存荏します。今はなんでも天然、自然のものは体にいいんじゃないか、と誤解されていますが、本当に食べられる植物は限られているのです。

毒キノコに限らず、野山に生えている植物のほとんどは毒を持っています。中でも発がん物質が多く含まれているのです。
食べられる植物の中でも発がん物質が多いのは、山菜類でず。ワラビ、ゼンマイ、キノコなどには発がん物質が含まれていますので、食べ方に気を付けなければなりません。昔の人は、こういった山菜、野菜類を絶対に生では食べませんでした。生で食べると体に異常をきたす、ということを認識していたのでしょう。

野菜は必ずおひたしにしますし、山菜はまずあく抜きをしてからおひたしにします。あく抜きには灰を使いますから、昔の農家には必ず灰小屋があって、かまどや囲炉裏で出た灰を蓄えていました‥ ひと冬黙えた灰は、春になって山菜の時期が来ると、そのあく抜きに使われました。

今はもう、あく抜きなんかせず、そのまま食べてしまうようです。なんでも天ぶらにしてしまうとか。そういう意味では、情報の少なかった昔の人のほうが知識は豊富だったのです。食物関連での発がん物質といえば、カビも上位に挙げられます。

冷蔵庫の普及と食品添加物のおかげで、カビの発生はずいぶん少なくなりました。昔はお米でもなんでも、みんなあっという間にカビが生えたものです。そして、それを食べてアフラトキシンというカビ毒に侵され、肝臓がんにかかるケースも多くありました。「自然のものは体にいい」という考え方は捨て、「自然は危険」なものとして用心するに越したことはありません。自然の中では、食べられるもののほうが例外なのです。

春先の芽は、食中毒の原因になることもあるので注意「じゃがいも」 | 危険な食品
https://life-ddefense.com/d-food/archives/431

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

がんが嫌がる肉の食べ方

中高年になったら肉だけではなく、魚もある程度食べる食習慣が大切です。特に青魚の脂に含まれる脂肪酸は、動脈硬化を防ぐ作用や脳血栓、心筋梗塞の予防効果がある善玉脂肪酸。 中には、がんの発症リスクを下げる脂 …

何を食べるかよりもいつ食べるかの方が重要

免疫細胞の大半は、腸に集まっています。そのため腸が活発に、しかも正常に機能しないと、その免疫力を維持することはできません。 そして、それを誘導するのが食事です。免疫力を維持するためには、食事が大切にな …

リラクゼーションにで免疫力を高める(芳香浴)

いい香りが免疫系、ホルモン系、自律神経系の活動を助ける アロマテラピーとは、1928年にフランスのルネ・モーリス・ガットフォセが作った芳香(アロマ) と療法(テラピー) の造語。その言葉を作り上げたの …

和食に知恵をひとくわえする

和食だけを食べていると、そこそこは続くのですが、そのうち飽きてしまいます。特に体にいい塩分低めの和食を心掛けると、どうしても物足りなさが出てくるのです。 それを補う工夫として、和食に、アジア各国の食の …

アミノ酸、脂肪酸は控える

アミノ酸の効能を掲げた飲料水、健康食品はすっかり私たちの身の回りに定着しています。アミノ酸はタンパク質の一種で、人間が活動するのに欠かせない栄養です。 アミノ酸を多く含む食品としては、乳製品、豆類、発 …