ガン

フレッシュなフルーツはヘルシーか?リンゴ、1個にはスティックシュガー10本分もの糖分

投稿日:

果物では、柿にはあまり虫が付きません。鳥もあまり寄っては来ません。鳥が柿を突き出したら、山にもうエサがなくなったからだと言われるほどです。

従って昔の日本人は、干し柿は食べましたが、柿をそのまま生で食べることはほとんどありませんでした。ブルーベリーなどのベリー類も、虫が付かない果物として有名です。

昔は桑の笑もよく食べたそうです。桑の菓はカイコのエサとして知られていますが、桑の実を好む虫がいるため、無農薬でも虫を排除するべく、よく洗って食べなければなりません。虫が付くほど、食用に向いている。いつの問にか、日本人は逆の考え方をするようになってしまいました。

がんの患者さんに果物はあまり勧めない医師が多いのも本当です。のど越しがよく、食欲のない患者さんにとっでは食べやすいものですが、糖分と冷たいもの、というがのはがんが好む2大要素を備えているのです。

例えば米を食べても血糖値は135mg/dl以上には上げません。ところが果物を多くとったりお菓子を間食したり、糖をフリーで体に入れると、あっという間に吸収されてしまいます。そして血糖値も瞬間的に150~200mg/dl超まで跳ね上がります。これは、がんに有利な状態です。

特に最近の果物は、リンゴでもグレープフルーツでも酸っぱいものが少なくなり、より甘く、さらに甘く改良されています。
今やリンゴ1個、あるいはグレープフルーツ1個には、スティックシュガー10本分もの糖分が含まれているのです。

また、糖分が多くなると虫が付きやすくなるため、より多くの農薬が使われている可能性もあります。果物はヘルシー、と一概には言えないのです。

糖質カット酵母で食後の血糖値の急上昇もなし「パクパク 酵母くん」これなら!好きなものを思いっきり食べられる
https://1088note.com/g-cut/2016/04/post.html

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

動物実験でハナビラタケのガン退治力を100%実感

ハナビラタケ抽出液を少量与えたらすべてのマウスでガン増殖が抑制 ハナビラタケの抗ガン作用ベータは、β(1・3)グルカンによることを前の記事で紹介しました。では、β(1・3)グルカンの抗ガン作用は、どの …

身体状況、行動、思考をリラックスした状態に

感情をすっきりはき出すだけでも生体の機能が回復する場合もある 心理学者でロンドン大学名誉教授の博士は人間を4つのパーソナリティーに分け、さらにストレスの高いグループと低いグループに分け、10年にわたっ …

ハナビラタケ強化食で転移性の胃ガンが治まり薬の副作用も最小限に

持病の胃炎と思って受診したら胃ガン 胃ガンと宣告されたときは、ほんとうにショックでした。でも、よい先生にめぐり会い治療を受けられたおかげで、ガンは進行していません。ハナビラタケ強化食を飲みはじめてから …

がんが好む食事、カロリーオーバーはガンの原因に

がんの喜ぶ栄養素は、第一に糖分。そしてがんを作る圧倒的な因子は、高カロリーな食べ物です。高カロリーなものを摂りすぎると、やはりがんになりやすい。 がん細胞は非常に増殖力が強いので、成長するためカロリー …

なぜ、乳製品、豆製品は控えるのか

がんの原因として乳製品が疑わしいことは最近の常識です。乳製品について私が気になるのは、日本でもアメリカでも、乳牛の生育過程でかなり人工的な手が加わっていることです。 ホルスタインはお乳を出すために、女 …