ガン

がんが好む食事、カロリーオーバーはガンの原因に

投稿日:

がんの喜ぶ栄養素は、第一に糖分。そしてがんを作る圧倒的な因子は、高カロリーな食べ物です。高カロリーなものを摂りすぎると、やはりがんになりやすい。

がん細胞は非常に増殖力が強いので、成長するためカロリーに依存するのです。最初からガリガリに痩せていたり、虚証の人ががんになるケースはかなり少ないのです。がんになる人は、たいがいが小太り以上。がん患者が痩せているのは、がん治療の結果です。

糖尿病やその予備軍の人たちに、「1日1600kcalに抑えましょう」といった指導がよくなされます。人が食べたものはすべて吸収されるという考えに基づいて、l日の摂取カロリーを決めているからです。しかし私は、吸収効率は人それぞれ違うという考え方をしています。

それでなければ、大食い選手権に出てくるギャル○根さんのような人の体はどうなっているのでしょう。私の考え方は、体重を量って太っていればカロリーオーバー、痩せていれば力口リーが少ない、と単純明快です。

運動選手など頻繁に体を動かしている人は、カロリーを多く摂っても構わないわけです。どんなに食べても痩せていくような人は、基礎体温と基礎代謝が高い体質を持っています。

そういう人は、じっとしていてもカロリーを消費しています。しかし代謝が落ちている人、糖尿で血管障害になってしまっている人は、末梢部まで血液の循環が悪くなっていますから、そういう人にカロリー制限をしても、ますます代謝が落ちて痩せにくくなってしまいます。

従ってカロリー制慣は状況、状況に応じてやっていく必要があります。

昨今、「糖質オフ」と謳われた食事や飲み物を見かけるようになりました。私たちは昔の人に比べると日常的に肉体労働をしていないので、やはり糖質は控えるに越したことはありません。それには炭水化物を減らすのがいいでしょう。糖尿病の患者さんは、発がん率が明らかに高くなります。

統計の取り方によって数字ほ変わってきますが、だいたい1.2 倍かぺ3倍の高さになります。糖尿病プラス喫煙では、6倍というデータもあります。

糖尿病患者は血糖値が高いか、あるいは肥満傾向の人が多いことが、発がん率の高さにつながっているのです。さらに血糖値が高いとがんのエサが多くあるということで、がんがひとたび発生するとその成長も加速されます。がんになったら糖尿病の患者さんこそ、つらくても糖分は禁止しなければなりません。

普段の食事はたまねぎと酢を合わせた玉ねぎ酢がおすすめです。

酢たまねぎの効果と実際の体験談 – 酢たまねぎの使用感、口コミ
https://108-blog.com/s-tama/2019/04/post.html

外食時の糖質オフアイデア
https://www.cause-reason.info/off/

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ガンが嫌がる発酵食品を積極的に食べる

発酵食品を作る酵母は、腸内の善玉菌を増やし、腸の免疫促進作用を強くします。腸の善玉菌を補うといえば、ヨーグルトなどの乳酸菌を真っ先に思い出しますが、酵母も同じ働きをしています。 ただ、酵母も乳酸菌も腸 …

十分な睡眠で新陳代謝があがり免疫力がアップする

夜は24時までに布団に入って眠る ストレス過多、不規則な生活の慢性化が当たり前になってしまった現代だからこそ不眠症に悩む人々が増え、20 ~60代の男女では4人に1人が不眠で悩んでいる。 人間にとって …

ハナビラタケはその後再発、転移もなし

免疫療法とハナビラタケを併用したら6割以上の患者さんのガンが改善した ハナビラタケが、白血球を増加させて免疫力を強化させること、動物実験ではガン細胞を100%退治したことを紹介していますが、では、人間 …

フレッシュなフルーツはヘルシーか?リンゴ、1個にはスティックシュガー10本分もの糖分

果物では、柿にはあまり虫が付きません。鳥もあまり寄っては来ません。鳥が柿を突き出したら、山にもうエサがなくなったからだと言われるほどです。 従って昔の日本人は、干し柿は食べましたが、柿をそのまま生で食 …

がんの発育を抑えるバランス粗食

食習慣は和食に切り替える がんを予防し、その発育を抑えるためには食習慣を和食にすることです。いわゆる『一汁二菜』の「租食」です。「粗食」 と言うと、「粗末」の「租」と勘違いする人がいますが、それは違い …