ガン

がんが好む食事、カロリーオーバーはガンの原因に

投稿日:

がんの喜ぶ栄養素は、第一に糖分。そしてがんを作る圧倒的な因子は、高カロリーな食べ物です。高カロリーなものを摂りすぎると、やはりがんになりやすい。

がん細胞は非常に増殖力が強いので、成長するためカロリーに依存するのです。最初からガリガリに痩せていたり、虚証の人ががんになるケースはかなり少ないのです。がんになる人は、たいがいが小太り以上。がん患者が痩せているのは、がん治療の結果です。

糖尿病やその予備軍の人たちに、「1日1600kcalに抑えましょう」といった指導がよくなされます。人が食べたものはすべて吸収されるという考えに基づいて、l日の摂取カロリーを決めているからです。しかし私は、吸収効率は人それぞれ違うという考え方をしています。

それでなければ、大食い選手権に出てくるギャル○根さんのような人の体はどうなっているのでしょう。私の考え方は、体重を量って太っていればカロリーオーバー、痩せていれば力口リーが少ない、と単純明快です。

運動選手など頻繁に体を動かしている人は、カロリーを多く摂っても構わないわけです。どんなに食べても痩せていくような人は、基礎体温と基礎代謝が高い体質を持っています。

そういう人は、じっとしていてもカロリーを消費しています。しかし代謝が落ちている人、糖尿で血管障害になってしまっている人は、末梢部まで血液の循環が悪くなっていますから、そういう人にカロリー制限をしても、ますます代謝が落ちて痩せにくくなってしまいます。

従ってカロリー制慣は状況、状況に応じてやっていく必要があります。

昨今、「糖質オフ」と謳われた食事や飲み物を見かけるようになりました。私たちは昔の人に比べると日常的に肉体労働をしていないので、やはり糖質は控えるに越したことはありません。それには炭水化物を減らすのがいいでしょう。糖尿病の患者さんは、発がん率が明らかに高くなります。

統計の取り方によって数字ほ変わってきますが、だいたい1.2 倍かぺ3倍の高さになります。糖尿病プラス喫煙では、6倍というデータもあります。

糖尿病患者は血糖値が高いか、あるいは肥満傾向の人が多いことが、発がん率の高さにつながっているのです。さらに血糖値が高いとがんのエサが多くあるということで、がんがひとたび発生するとその成長も加速されます。がんになったら糖尿病の患者さんこそ、つらくても糖分は禁止しなければなりません。

普段の食事はたまねぎと酢を合わせた玉ねぎ酢がおすすめです。

酢たまねぎの効果と実際の体験談 – 酢たまねぎの使用感、口コミ
https://108-blog.com/s-tama/2019/04/post.html

外食時の糖質オフアイデア
https://www.cause-reason.info/off/

-ガン

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

よいイメージをしてNK細胞を元気にさせる「イメージ療法」

リラックス状態によってストレスを軽減し、気力や意欲が充電される スポーツにおいては「イメージトレーニング」が定着し、実際に結果に結もびついている。イスに座り、目をつむって自分の良いプレーを約15分間イ …

1日15分でストレスから解放される「自律訓練法」

自己暗示をかけながら心と身体の緊張をはぐしていく訓練 人間の内臓の諸器官は、意志ではなく自律神経によって自動的に働いている。自律神経には交感神経と副交感神経があり、ストレスが加わると交感神経が作用して …

免疫力強化にはなびらたけ!ガンも撃退する驚異のパワー

強力な抗ガン作用が確認 今からおよそ5~6年前の2008年9月、特許庁より「ハナビラタケの抽出物の成分と抗腫瘍作用、その抽出法」の特許が認可されました。 1999年に申請し、10年近く時間がかかりまし …

何を食べるかよりもいつ食べるかの方が重要

免疫細胞の大半は、腸に集まっています。そのため腸が活発に、しかも正常に機能しないと、その免疫力を維持することはできません。 そして、それを誘導するのが食事です。免疫力を維持するためには、食事が大切にな …

がん治療中の食事

がんの治療中、抗がん剤を使うと食事ができなくなってしまいます。副作用で吐き気を催したり、実際に食べると吐いてします人もたくさんいます。 ここではまず、抗がん剤の始まりから説明していきましょう。抗がん剤 …