サプリでストレスに対抗

チロシンで積極的に生きる ストレスVSサプリ

投稿日:

チロシンはアミノ酸の一種で、脳内で感情や精神機能、性的衝動を司る重要な神経伝達物質の前駆物質です。チロシンは体内のホルモン生成をコントロールしている副腎や下垂体、甲状腺の機能に重要な役割をはたしています。
うつ状態の人は脳内のチロシンが少なく、実際、うつ病治療に使われる処方薬のいくつかは、チロシンを増加させることで効果をもたらします。

研究によると、チロシンサプリメントはうつ状態や不安の治療に効果があり、しかも抗うつ剤に見られるような副作用がないということです。また、チロシンはストレスにも効果があります。ある研究でチロシンサプリメントを与えられた兵士は、チロシンを摂取していない兵士と比べて精神分析テストの成績がよく、機敏で、不平も少なく、全体的に優秀だったのです。

自然療法士は月経前症候群(PMS)の患者にチロシンを処方しており、摂取した多くの患者はチロシンによって、疲れやうつ状態、そのほか月経に伴う一般的な不快感が軽減しています。

また、性欲を司るドーパミンはチロシンから生成される神経伝達物質のひとつです。事実、チロシンは弱った性的エネルギーを回復するためによく処方されます。
性衝動の喪失はうつ状態の兆候であることが多く、うつ状態の人がセックスへの興味を失うだけでなく、人生を有意義にする行動への興味も失ってしまうことはよくあります。

科学的に実証されてはいませんが、いくつかの研究により、チロシンが成長ホルモンの生成を促すと考えられています。これが事実であれば、筋肉を発達させて脂肪を燃焼させる作用もあると考えられます。人によっては食欲を抑制する効果もあります。

チロシンは脳内の食欲中枢に直接的に働きかけるわけではありませんが、うつ状態に陥ったとき、食欲に安らぎを求めるタイプの人の精神状態を改善してくれると考えています。
500mgの錠剤またはカプセルを1日2回、食前に各2錠ずつ摂取してください。

チロシン

-サプリでストレスに対抗

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

カルシウムとマグネシウムには鎮静作用がある ストレスVSサプリ

この2つのミネラルは、毎日の食事では不足しがちですが、鎮静作用のある天然のストレス解消薬です。カルシウムとマグネシウムには血圧を下げる効果もあります。摂取量はカルシウム(500mg) とマグネシウム( …

魚のオメガ3 脂肪酸と感情の幸せな関係 ストレスVSサプリ

最近の研究で、欧米でのうつ病の増加と、寒冷地で獲れる脂肪分の多い魚の消費量の低下が関連づけられたことで、栄養と感情との関係が注目されています。 脂肪分の多い魚にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。 …

快適な眠りと目覚めのために ストレスVSサプリ

医薬品プロザック (Prozac) は抗うつ剤で、セロトニン一(脳で生成される物質で感情や睡眠、食欲に関連する)の活性を強化する話題の薬です。 セロトニンが少ないと、うつ病や不安感、睡眠障害を引き起こ …

シベリアンジンセンでストレスを軽減 ストレスVSサプリ

アジアジンセンの親戚であるシベリアンジンセン(エゾコウギ)は、ストレスによる悪影響からからだを保護する強壮剤です。 このハープは、神経の緊張にうまく対処させてくれるだけではなく、同時にスタミナや精神的 …

不眠症や緊張性頭痛などに効果のあるバレリアン ストレスVSサプリ

「ハープのバリウム」とも称されるバレリアン(セイヨウカノコソウ)は不眠症やストレス、緊張性頭痛などの治療に用いられます(「ハーブのバリウム」といわれてはいますが、合成薬品のバリウムとはまったく無関係で …