サプリでストレスに対抗

快適な眠りと目覚めのために ストレスVSサプリ

投稿日:

医薬品プロザック (Prozac) は抗うつ剤で、セロトニン一(脳で生成される物質で感情や睡眠、食欲に関連する)の活性を強化する話題の薬です。

セロトニンが少ないと、うつ病や不安感、睡眠障害を引き起こします。プロザック (Prozac) は、脳細胞がセロトニンを短時間に消費するのを防ぐことで、欠乏症を防ぎます。

5-ヒドロキシトリプトファン(5-HTP)は話題のサプリメントで、抗うつ剤では不可能な効果をもたらします。

つまり、細胞のセロトニン生成を促してセロトニン生成量を増やすのです。標準的な抗うつ剤と比較したところ、5-HTPには同様の効果があり、しかも口の渇きやき性的能力の低下、動悸、身震い、不安感など、抗うつ剤に見られる副作用もありませんでした。費用もわずかで済み、処方箋も必要ありません。

5-HTPは、睡眠障害の治療にも使われています。セロトニンは眠りと目覚めのサイクルをつかさど司る天然ホルモン、メラトニンの前駆物質で、セロトニンが増加するとメラトニンも増加し、ぐっすりと眠ることができます。

月経前症候群や冬期うつ病(別名SAD)、偏頭痛、不安感や暴力的行動などはセロトニンの欠乏と深い関連があります。50mgのカプセルを毎日二錠が目安です。ほかの抗うつ剤やモノアミンオキシダーゼ抑制剤を併用しないでください。

セロトアルファを飲むだけで熟睡できる!

セロトアルファの成分

5つの厳選された成分が凝縮されており「幸せ成分」が安眠効果を発揮します。

  1. 大麦発酵酵素
    日本酒を発酵させる際に使われ、大麦を麹で発酵させた物質を体内で効率よく吸収できるよう研究開発を重ね大麦発酵酵素の製品化に成功。
  2. ビフィズス菌
    脳は第2の脳と言われています。善玉菌、悪玉菌をバランスよく機能させることで健康な状態を維持することできます。セロトアルファにはビフィズス菌BB536が含まれ、他のビフィズス菌に比べて酸や酵素に強く、生きたまま腸に到達すること出来ます。
  3. 各種アミノ酸
    最近、話題のアミノ酸の一種であるグリシンをバランス良く配合させています。自律神経の調整に不可欠です。
  4. 焼成カルシウム
    牡蠣の殻を特殊製法で微粉末にした「焼成カルシウム」は長時間にわたり酸化還元作用が確認されています。

-サプリでストレスに対抗

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

チロシンで積極的に生きる ストレスVSサプリ

チロシンはアミノ酸の一種で、脳内で感情や精神機能、性的衝動を司る重要な神経伝達物質の前駆物質です。チロシンは体内のホルモン生成をコントロールしている副腎や下垂体、甲状腺の機能に重要な役割をはたしていま …

花のエッセンスがうつ状態や不安をやわらげる ストレスVSサプリ

花のエッセンスは、ホメオパシーで用いる、ストレスやうつ状態、不安などをやわらげるとされる複数の花エッセンスの希釈液です。 なかでももっとも有名なレスキュー治療法は、1930年代にエドワード・バック氏に …

魚のオメガ3 脂肪酸と感情の幸せな関係 ストレスVSサプリ

最近の研究で、欧米でのうつ病の増加と、寒冷地で獲れる脂肪分の多い魚の消費量の低下が関連づけられたことで、栄養と感情との関係が注目されています。 脂肪分の多い魚にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。 …

シベリアンジンセンでストレスを軽減 ストレスVSサプリ

アジアジンセンの親戚であるシベリアンジンセン(エゾコウギ)は、ストレスによる悪影響からからだを保護する強壮剤です。 このハープは、神経の緊張にうまく対処させてくれるだけではなく、同時にスタミナや精神的 …

ペッパーの一種、カワカワが不安解消 ストレスVSサプリ

三千年もの間、南太平洋諸国では幸福感とリラックスを得るために、ペッパーの一種であるカワカワからつくられる飲料が利用されています。カワカワが不安を解消する「新」ハーブとして注目を集めています。 最近、ポ …