サプリでストレスに対抗

ブルーな気分と上手につきあう ストレスVSサプリ

投稿日:

うつ病は欧米、とくにアメリカでもっとも多い病気のひとつです。アメリカでは1,700万人が、一生に一度はうつ病を経験しています。世界で推計3億2,200万人もいます。うつ病の人は2015年時点の世界総数推計で3億2,200万人に達し、05年比で18%以上増加しています。

域別分布比ではアジア・太平洋地域で世界全体の約48%を占め、アメリカ地域は約15%、欧州地域は約12%でした。
年齢別では55~74歳の発症率が高かった。女性はどの世代でも男性よりも発症率が高く、特に60~64歳の女性は全人口比で8%近くがうつに悩まされているのです。

国別推計でアジア地域を見ると中国が約5,482万人と際立って多く、次いで日本が約506万人、フィリピンが約330万人でした。
推計人数で千万台だったのは、インドの約5,668万人、米国の約1,749万人、ブラジルの約1,155万人など。人口比率が高かったのは、ウクライナ、エストニア、米国、ブラジル、オーストラリア、ギリシャ、ポルトガルなどでいずれも人口比6%前後。日本と中国はいずれも同約4%でした。

この病気は、体内の化学物質のバランスがこわれたり、離婚や家族の死など感情が不安定になるような出来事が原因となります。
うつ病の兆候は、不眠症になる、やる気がなくなる、食欲が変化する、かなしくなる、たびたび死にたくなるなどです。そうした症状が1週間以上続く場合は、専門家に相談してください(うつ病は誰でもがなる病気の一種です。必ずなおりますが、本人を連れていくことが困難な場合でも、専門家に早期に相談すべきです。

とくに人生の岐路にたっているときなど、まわりの家族は注意深く観察する必要があります。いつも一緒にいるせいか意外と前兆を見逃し、かなしい結末をむかえることもあります)。

うつ病を軽く見てはいけませんが、多くの人が軽度のうつ病( 一過性のかなしみや不幸を感じる「ブルー」な状態) になります。
そのような感情にあっても、通常の体機能に支障はありませんが、なるべくならたのしい人生を送りたいものです。

最近では、うつ病や不安などの病気の治療も、製薬業界の領域になっています。その結果、何百万人もの人がプロザックやゾロフトなどの抗うつ剤や、ザナックスやヴァリウムなどの抗不安薬を使用しています。

しかし、そうした薬は不快で思いがけない、危険な副作用を伴うことがあります。うれしいことに今日、そうした薬に代わるような、安全で効果の高い、比較的安価な天然の代替品が自然食品店で入手できるようになりました。

とくに処方薬は飲みたくないけれども、気分をよくしたいと願う軽度のうつ病患者にとってはうれしいことです。
そのようなサプリメントについて述べる前に、薬を飲むだけで「完治する」うつ病ばかりではないことを断っておく必要があります。

食事に気を配り、十分な運動をして、精神的に充実した生活をすることが、前向きな人生を送るためには重要です。

たとえば、私が落ちこんだとき、最初に行くところはスポーツジムですが、それは汗を流すと気分がよくなるからです。運動をすることでベータ・エンドルフィン(脳にある幸福感を高める化学物質)の生成量が増えます。

三十分ほどトレーニングをこなしただけで気分が変化します。その次に行くところは、太平洋を一望できる景色のよい丘です。
美しい場所にいると、うつ状態でいることが不可能に思えてきます。あなたも、落ちこんだときに気分をよくする、自分だけの回復方法を見つけてください。

たいていの場合、何か前向きなことをすると気分がよくなります。次に挙げるのは、落ちこんだ気分を回復するサプリメントです。

現在、処方抗うつ剤を使用しているけれども、天然のサプリメントに切り替えたいという人は、処方薬の使用を中止する前に必ず医師に相談してください。
場合によっては、退薬症状を避けるために服用量を徐々に減らす必要があります。

大事な注意点は、うつ病と診断された人、医師の治療を受けている人は必ずかかりつけの医師に相談してください。医薬品との相互作用により、悪化する場合や他の症状が現れる場合があります。素人考えは禁物です。

-サプリでストレスに対抗

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

魚のオメガ3 脂肪酸と感情の幸せな関係 ストレスVSサプリ

最近の研究で、欧米でのうつ病の増加と、寒冷地で獲れる脂肪分の多い魚の消費量の低下が関連づけられたことで、栄養と感情との関係が注目されています。 脂肪分の多い魚にはオメガ3脂肪酸が豊富に含まれています。 …

シベリアンジンセンでストレスを軽減 ストレスVSサプリ

アジアジンセンの親戚であるシベリアンジンセン(エゾコウギ)は、ストレスによる悪影響からからだを保護する強壮剤です。 このハープは、神経の緊張にうまく対処させてくれるだけではなく、同時にスタミナや精神的 …

チロシンで積極的に生きる ストレスVSサプリ

チロシンはアミノ酸の一種で、脳内で感情や精神機能、性的衝動を司る重要な神経伝達物質の前駆物質です。チロシンは体内のホルモン生成をコントロールしている副腎や下垂体、甲状腺の機能に重要な役割をはたしていま …

快適な眠りと目覚めのために ストレスVSサプリ

医薬品プロザック (Prozac) は抗うつ剤で、セロトニン一(脳で生成される物質で感情や睡眠、食欲に関連する)の活性を強化する話題の薬です。 セロトニンが少ないと、うつ病や不安感、睡眠障害を引き起こ …

花のエッセンスがうつ状態や不安をやわらげる ストレスVSサプリ

花のエッセンスは、ホメオパシーで用いる、ストレスやうつ状態、不安などをやわらげるとされる複数の花エッセンスの希釈液です。 なかでももっとも有名なレスキュー治療法は、1930年代にエドワード・バック氏に …