体の細胞が元気になるためには

日本人に合った生き方がある

「生きる力」というのは、予期せぬ出来事や突然の危機的状況に対応する能力のことをいいます。ですので、毎日が同じことのくり返しであったり、何も悩みがないと、「生きる力が弱くなる」ということがいえるでしょう。

たしかに、あまりにも過酷な状況というのは心身を破綻に導きますが、人間はやはりある程度は今よりも高いところにハードルを設定して、それをクリアすることで自分を満足させて生きていくべきだと思います。特に、やる気のある人というのは、いつも自分をぎりぎりのところまで追い込んでいるものです。

「もう少し頑張れる」「あと少し頑張れば認められる」と。やはり日本人のような勤勉な民族というのは、身体を壊さない程度に、自分の能力を出し切るところに目標を置いて力一杯生きることが、生きる力を養いながら力強く生きていく方法だと思います。

四季折々がある日本の場合、昔から、作物が実る季節に合わせて、さまざまな準備をしたり、そのために不測の事態まで考えて、計画を立てて暮らしてきました。

むしろ、農業国の日本という国の環境因子を考えると、こういう勤勉さがないと生き延びられなかったと言ってもいいかもしれません。

まさしく「生きる力」を存分に発揮して、天災や動乱などの有事に備えて暮らしてきたのです。ところが、南方へ行けば事情は違ってきます。

いつでもバナナやパパイヤが実っていて、食べたいときに食べ放題!となつてくると、なかなか勤勉さが根付きません。むしろ踊ったり、歌ったりにエネルギーを使って発散するため、生きる力も育まれず、危機的な状況にさらされたとき、なかなか対応できません。

逆に、日本よりもっと寒い北へ向かうと、肉や乳製品を手に入れなくてはならないので、荒々しさや競争社会が際立って、日本とは違った闘争心の世界へと入っていくわけです。

つまり温帯と熱帯、さらに寒冷地では、人間の生き方そのものが変わってきますし、そこで培われる「生きる力」にも大きな違いが生まれてくるのです。

こういうことはスポーツの世界が非常に象徴的であり、韓国や北朝鮮の人々は非常に闘争心が強いいっぼう、日本人は闘争心よりも組織力や正確さ、律儀な面を強調して勝負に挑もうとするわけです。

不測の事態が起こっても決して慌てずに、あらかじめシミュレーションした通りのプレーができれば必ず勝てるはずだというのが、これまでの日本人の論理でした。

体質は変えられる

ところが、現代の社会というのは思い通りにいかないことの方が多く、事前のシミュレーションはほとんど役に立たなくなっています。

今の社会では、勤勉さや律儀であること以上に、競争を乗り切る「生きる力」が求められます。特に家庭を支える男性の場合は、日々の暮らしを安定させる努力に加えて、さまざまな社会的危機を乗り越える「体力」というものが不可欠のものとなってきました。

いわば、健康こそが有事のときに力を発揮できる条件、という考え方に変わりつつあります。では、もともと身体の弱い人はどうすればいいのか。特に今の子供たちは大事きやしやに育てられているので身体の弱い子供が多く、華奢で線も細く、性格も優しい。

こういう子供たちは、大人になって有事に遭ったときに乗り越えるだけの力を、身につけられるのでしょうか。これはもう、体質改善しかないのです。
そしてもっとも手っ取り早い方法は、身体を鍛えることです。必要以上に過酷な筋肉トレーニングなどでなくとも、縄跳びやランニングで結構です。空手の練習でもいいでしょう。

そうやって毎日身体を鍛えていれば、筋肉というのはすぐに反応してきます。1ヶ月もすれば見違えるほどに身体つきが変わってくるのではないでしょうか。

そしていつの間にか風邪もひきにくくなり、体型や体質が変わることで、最終的には性格も変わってきます。健康は、有事に自分の持てる最高の力を発揮しきるためにあるのです。

そして最後に重要なのは、睡眠です。 快眠ぐっすり酵素「セロトアルファ」で睡眠薬が不要に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です