うつ

うつ病は心の病か?

投稿日:2017/04/05 更新日:

うつ病は、必ずしもわかいにく病気ではなく日常的に使っている言葉やイメージによってきちんと理解を求めていくことができます。

  • うつ病は心の病気です。心も体と同じように、病気になることがあります
  • 「うつ病は心が風邪をひいたようなものです」

最近、こんな説明がよく聞かれます。とくに「心の風邪」ということばには、「だれでもかかる」「ちゃんと治療できる」「こわがりすぎる必要はないが、放っておくとめんどうなことになる」というメッセージが込められているようで、工夫されたいい方だと思います。

けれども、正直にいうと、私はこれらのいいまわしに対してどこか違うような違和感があります。以前、ある方から、「心のかぜ」だなんて、とんでもないですよ。もっとうんとつらいし、なかなか治らないし…と、いかにも腹立たしそうにいわれたことがあり、それも違和感を持つひとつの理由になっているのかもしれません。

ただ、もっと基本的なこととして、「心」ということば自体が持つニュアンスがあります。たとえば「心があたたかい」「心がまっすぐだ」「心が通じる」というようないい方から、日本語の「心」ということばには、ひとがらしせいその人の人柄やものの感じ方、生きる姿勢などに深く結びついている部分があるように息えるのです。考えすぎなのかもしれませんが、「心の病気」と聞くと、なんだかその人の人間性そのものにゆがみや障害が起きているような印象を受けてしまいます。

そういうイメージは、精神科医としてけっして持ちたくないものなのです。

うつ病は「気分の変調」が起きる病気です。統合失調症は「思考のまとまり」がつきにくくなり、不安障害では危険を感じて自由に動けなくなります。

それらはどれも、私たちの「脳神経の働き」と関係していることが、ある程度までわかっています。このように、いろいろな精神的な不調については、「心」という、あたたかいけれどあいまいなことばを使わなくても、きちんと説明することができます。

みなさんも、うつ病について、なるべく身近で具体的なことばやイメージで理解していってほしいと思います。うつ症状に悩む本人も、周囲でサポートする人にとっても、「ふつうのことば」による理解が、症状の改善へと向かう大きな力になるはずだと私は思います。

水溶性低分子キトサン はこちら。

-うつ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

うつを引き起こすきっかけ

うつ病にも「誘因やきっかけ」のようなものがいくつかあります。けれども、これといって思い当たるきっかけがないままにうつ状態を強めたリスする人もいます。 よく聞かれる質問のひとつに「うつ病になりやすいのは …

ダイエットには隠れたうつ病のリスクが潜んでいる

栄養分の不足は脳の働きにも影響を及ぼすことがある もう少しやせたら? 足太いな という、夫や恋人、あこがれの人からのなにげない一言でダイエットに挑戦した経験はありませんか? そこそこのダイエットなら問 …

女性特有のうつの症状

一般に、男性よりも女性のほうがうつ病になりやすいといわれます。出産や更年期にうつ病がみられることから、女性ホルモンが関係していると考えられています。 女性ホルモンの影響がうつ病を招く なぜ女性のほうが …

うつ状態とうつ病

普段の生活で私たちが感じる軽い気分の落ち込みと病気としてのうつは本質的には区別することができません。 このことには非常に大事な意味が含まれています。 うつ病、うつ状態、抑うつ状態、抑うつ感、うつ的な気 …

うつ患者環境要因の事例集

うつの発病にかかわる環境要因のいくつかを描き出したケースを以下にあげます。 ケースその1: 深刻なうつ状態におちいっている若い女性のケース。母親は非常に厳しいしっけをし、気分屋であると描写した。患者が …