うつ

遺伝や家族との関係性

投稿日:2017/04/03 更新日:

うつ病と遺伝の関係ははっきりとわかっていませんが、家族にうつ病を発症した人がいる時には、精神的な距離を保ちながら見守りましょう。

うつと遺伝や家族との関係性についても、関心が集まる話題のひとつです。たとえば、「母親がうつ病でしたが、自分はだいじょうぶでしょうか」「同居している家族がうつ病になったのですが、なにか影響がありますか」というようなことです。

まず、遺伝に関する医学的な見解ですが、双極性障害(いわゆる操うつ病) についてはある程度遺伝の関与が考えられていますが、うつ病に関しては、はっきりしたことはわかっていません。

思い出してほしいこととしてうつ病はたいへん多くの人がかかっている病気だということです。女性のうつ病の生涯有病率は10~25%という高い数字です。

25% といえば4人に1人ですから、同じ家族のなかにl人、2人とうつ病の人がいても、さほど不思議なことではありません。科学的にはっきりわかっていないうつと遺伝の関係を心配するよりも、自分自身のうつを防いでいくためにできることを考えていくほうが、ずっと前向きです。

性格は、遺伝的な要因と環境的な要因がからみ合いながら形成されていきますから、自分の性格を理解して、環境との相性を考えていくのは、心の健康にとってだいじなことです。

たとえば、長年二人で暮らしてきた夫婦のうち、まず夫がうつ病を発症し、あとを追うように妻も発症するというように、家族のなかでだれかがうつ病になると、他の家族メンバーにいろいろな影響が出てくるということはたしかにあります。

これにはいろいろな理由が考えられますが、一般的にはやはり、いわゆる「巻き込まれてしまう」ということが大きいのではないかと思います。家族のだれかがうつ病になったときには、うつ病になった当人からも、自分自身からも、意識的に少し精神的な距り離を保ちながら、長い目で見守っていくということが、大切です。

「ヌーススピリッツ」 はこちら。

-うつ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ダイエットには隠れたうつ病のリスクが潜んでいる

栄養分の不足は脳の働きにも影響を及ぼすことがある もう少しやせたら? 足太いな という、夫や恋人、あこがれの人からのなにげない一言でダイエットに挑戦した経験はありませんか? そこそこのダイエットなら問 …

うつ病は心の病か?

うつ病は、必ずしもわかいにく病気ではなく日常的に使っている言葉やイメージによってきちんと理解を求めていくことができます。 うつ病は心の病気です。心も体と同じように、病気になることがあります 「うつ病は …

女性と男性を比べると女性の方がうつになりやすい

うつ病は男性よりも女性に多くみられます。これには女性がかていでも職場においても孤立しやすいという環境面の影響が大きいと考えられています。 うつ病にかかっている人の割合を男女別に比べてみると、統計でも、 …

うつを引き起こすきっかけ

うつ病にも「誘因やきっかけ」のようなものがいくつかあります。けれども、これといって思い当たるきっかけがないままにうつ状態を強めたリスする人もいます。 よく聞かれる質問のひとつに「うつ病になりやすいのは …

女性特有のうつの症状

一般に、男性よりも女性のほうがうつ病になりやすいといわれます。出産や更年期にうつ病がみられることから、女性ホルモンが関係していると考えられています。 女性ホルモンの影響がうつ病を招く なぜ女性のほうが …