うつ

うつを引き起こすきっかけ

投稿日:2017/03/27 更新日:

うつ病にも「誘因やきっかけ」のようなものがいくつかあります。けれども、これといって思い当たるきっかけがないままにうつ状態を強めたリスする人もいます。

よく聞かれる質問のひとつに「うつ病になりやすいのはどんなときですか? 」という質問があります。たしかに、うつ病やうつ状態につながりやすいきっかけのようなものは、いくつかあげることができます。

けれども最初にいっておきたいのは、きっかけがないままにうつ病になる人もいるということです。ときどき、「どう考えてもうつ病になるような原因も理由もないので、自分はうつ病ではない」という人がいますが、とくに誘因がないうつ病というのも、めずらしくはありません。

うつになりやすいきっかけとしては、まず人間関係があります。とくに、たいせつな人との別れです。とても好きあっていた恋人と別れなけなればならなくなつた。ずっといっしょに暮らしてきた人が亡くなってしまった。そんなときにはだれでも非常に落ち込んだ気持ちになります。

絶対に失いたくないという気持ちにこだわる人もいますし、一生懸命忘れようとする人もいます。相手の欠点ばかりを数えあげて自分を慰めたり、楽しかったことを思い出してはまた悲しくなる人もいるでしょう。

いずれにしても、かけがえのない人を失ってしまったという気持ちから、うつ状態になることがあります。たいせつな相手とのコミュニケーションギャップも、うつ状態への誘因のひとつです。

自分のことを理解してくれていると思っていた夫の気持ちがわからなくなった。信頼していた上司から思いがけない批判を受けた。

たとえばそんなときです。マリッジブルー、マタニティーブルー、昇進うつ病、引っ越しうつ病ということばがあるように、結婚、出産、昇進、引っ越しなど、おめでたいはずのできごとがうつのきっかけになることもあります。

自分の役割や環境の大きな変化と関係がありそうです。自分の行動に積極的な意味が見いだせなかったり、目に見える成果がなかなか上がらなかったり、よい評価が得られない状態が続いたりしたときにも、うつ状態が起こりがちです。

気分の落ち込みに気づいたときには、最近なにかストレスになるような仕事や生活の変化がなかったか、ちょっと振り返って考えてみてください。重い病気やケガ、離塘、死別、退職、結婚、妊娠、出産、昇進など、自身の環境を大きく変化させる人生の重大なできごとをきっかけとして、うつ状態になるケースが多くみられます。

「ヌーススピリッツ」 はこちら。

-うつ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

病気と気づかれにくい うつ病は誰でもかかりうる病気

体の病気と違ってうつ病は見過ごしやすい病気です。その人の「気分」に関わることなので、「気のせいかもしれない」と思われてしまうこともしばしばです。 うつ病という病気の大きな特徴として、気づかれにくい、病 …

うつ状態とうつ病

普段の生活で私たちが感じる軽い気分の落ち込みと病気としてのうつは本質的には区別することができません。 このことには非常に大事な意味が含まれています。 うつ病、うつ状態、抑うつ状態、抑うつ感、うつ的な気 …

うつ病は心の病か?

うつ病は、必ずしもわかいにく病気ではなく日常的に使っている言葉やイメージによってきちんと理解を求めていくことができます。 うつ病は心の病気です。心も体と同じように、病気になることがあります 「うつ病は …

うつは生活や仕事に多大な影響を及ぼす

うつ病の症状がすすむと、仕事や家事、勉強が手につかなくなるなど、本人だけでなく周囲の人の生活にも大きなしわ寄せが出てきます。 うつ病になって困るのは、やる気がなくなってしかたがない、なにもおもしろく感 …

女性特有のうつの症状

一般に、男性よりも女性のほうがうつ病になりやすいといわれます。出産や更年期にうつ病がみられることから、女性ホルモンが関係していると考えられています。 女性ホルモンの影響がうつ病を招く なぜ女性のほうが …