うつ

うつ病が急増中 うつ病は誰でもかかりうる病気

投稿日:

うつ病は誰でもかかる可能性がある病気ですが、広く知られている効果的な治療法が確立しています。気になるときは早めに専門医を相談します。

簡単にいうと、うつ病とは、気力が低下したり、落ち込んだり、楽しいとかうれしいという気持ちが持てなくなったりして、それを自力で回復するのが難しくなってしまう病気です。

本人がとてもつらいと感じたり、日常生活に支障が出るような状態になっているときには、精神科や心療内科の専門医による治療が必要であると考えられています。

うつ病という病名は聞いたことがあっても、自分には関係のない病気だと考える人もいると思いますが、それは大きな誤解です。うつ病は、だれでもかかる可能性があり、実際にたいへん多くの人がかかっている病気です。

現在、世界的に使われている「DSW-Ⅳ=TR」という精神疾患の診断と統計についての詳細データがあります。

そこに収録されているデータによれば、うつ病のなかでも大うつ病と呼ばれる症状の強い病気に、一生のうちで一度以上かかる割合は、男性で5~12% 、女性では10~25% とされています。
25% といえば4人に1人の割合です。「だれでもかかる可能性がある」といういい方が、けっして大げさなものではないことがおわかりいただけるでしょう。

日本ではまだ、うつ病に関するこのような大規模な調査は行われていすいません。ただ、厚生労働省 の患者調査をもとにした堆け計では、医療機関を受診して、うつ病その他の「気分の障害」があると診断された患者さんの数は、1984年に約10万人、1994年で約20こ万人だったのに対して、1998年には43万人を超えています。

うつ病ふに対する理解が広がり、以前よりも気軽に病院に来る人が増えたということもあると思いますが、日本でも、うつ病がより多くの人にとっての問題になつてきていることがわかります。

うつ病の症状や、治療法の解明は着実に進んでいます。気分が落ち込んだり、これまで好きでやっていたことが楽しめなくなったり、気力がなかなか上向かないような状態が続くときには、自分だけのがんばりでなんとかしようとせずに、ヒントやアドバイスを求めるくらいの軽い気持ちで、精神科や心療内科の専門医に相談してみることがたいせつです。

水溶性低分子キトサン「ヌーススピリッツ」を使ってみての感想

-うつ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

遺伝や家族との関係性

うつ病と遺伝の関係ははっきりとわかっていませんが、家族にうつ病を発症した人がいる時には、精神的な距離を保ちながら見守りましょう。 うつと遺伝や家族との関係性についても、関心が集まる話題のひとつです。た …

うつを引き起こすきっかけ

うつ病にも「誘因やきっかけ」のようなものがいくつかあります。けれども、これといって思い当たるきっかけがないままにうつ状態を強めたリスする人もいます。 よく聞かれる質問のひとつに「うつ病になりやすいのは …

うつは生活や仕事に多大な影響を及ぼす

うつ病の症状がすすむと、仕事や家事、勉強が手につかなくなるなど、本人だけでなく周囲の人の生活にも大きなしわ寄せが出てきます。 うつ病になって困るのは、やる気がなくなってしかたがない、なにもおもしろく感 …

玄米などに多く含まれるギャバが50倍の発酵トマトには脳のリラックス作用が確認(大学の試験)された

脳の異常な興奮を鎮めるギャバ 不況や震災、原発問題、自然災害、電力不足など、現在の私たちを取り巻く環境は、厳しさを増すばかりです。雇用に関しても不安が募るばかりです。日本人の多くが深刻なストレスの中で …

職場におけるうつ病

企業で働く人たちのうつ病も増えています。個人の心がけだけで解決する問題ではなく、精神的な健康に配慮する、職場としての取り組みが必要です。 会社におけるうつ病の調査で次のような数字が明らかになりました。 …