肝臓

飲酒を夜9時までにすることで不快な二日酔いが予防できる

投稿日:2017/02/16 更新日:

不快でツライ二日酔いを完全に防ぐ、とっておきの方法があります。それは、夜寝ている間に、飲んだアルコールが血液中から完全になくなるような飲み方をすることです。

では、その飲み方とはどんなものなのか、日本酒の場合を例にとってお話ししましょう。体重60kgの人が1時間に処理できるアルコールの量は6~12 gです。日本酒を仮に3合飲んだとすると、それに含まれるアルコール分は約65gですから、弱い人で10時間、強い人で5時間ほどでアルコールはほとんど分解されてしまいます。

普通の人であれば、7~8時間でアルコールが抜けると考えてよいでしょう。この計算でいけば、日本酒3合を午後10時に飲み終えると、翌朝の5時か6時にはアルコールの処理が終わっていることになります。

逆に同じ日本酒3合でも、深夜の2時、3時まで飲んでいるようでは、翌日の午前中になってもアルコールが抜けず、二日酔いは避けられません。

つまり、お酒の量もさることながら、切り上げる時刻を早めにすることが二日酔いを防ぐ飲み方なのです。具体的には、できれば午後9時に酒席を離れるようにしましょう。一番盛り上がる時間帯に席を離れるのはツライかもしれませんが、二日酔いを避ける飲み方です。

しじみの特効成分タウリンが疲れた肝臓に効く

-肝臓

執筆者:


  1. […] しなければならないという事態は確実に避けることができます。 飲酒を夜9時までにすることで不快な二日酔いが予防できる では、「純アルコールにして約20グラム」という量は、実際に […]

適量をしっかり守り週に2日連続の休肝日 | 尿酸値を下げて痛風を治すための知識と習慣 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

悪酔いを防ぐのは適量を守りチャンポンしないこと

種類の違うお酒を、いわゆるチャンボンで飲むと、悪酔いするとよくいわれます。この第一の理由は、飲む場所をかえる際の移動による疲労や、お酒の種類(濃度)の変化によってアルコールの絶対量がふえてしまうという …

お酒もカロリー計算をすれば肥満や糖尿病は防げる

一般的には、肝臓に対するお酒の影響にばかり気をとられがちですが、健康のためには、お酒のエネルギー(=カロリー)についても注意する必要があります。 というのは、アルコールは、もともと高エネルギーで、肥満 …

日本人が肝臓の心配をせずに飲める量は日本酒換算で1日2合以内

「酒は百薬の長」といわれますが、それもほどほどの量での話。過ぎれば二日酔いや悪酔いたいを招き、ついには肝臓を傷める元凶と化します。 お酒は「百薬の長」か?[本当] そこで気になるのが、具体的にどのくら …

肝臓を労るに週2日の休肝日が必須

体にとって最もよいお酒の飲み方は、1回の飲酒量を適量にし、しかも1週間の飲酒回数を少なくすることです。 アルコールを毎日飲んでいると、肝臓はそれになれてきてアルコールを速く処理するようになります。俗に …

ゆっくり適量飲むことが百薬の長にする

少し前に、若者たちの間で「一気飲み」がはやったことがありました。大衆酒場などで、周りの人たちに「一気!一気!」とはやしたてられながら、ジョッキになみなみと注がれたビールやチューハイなどを息もつかずに飲 …