肝臓

お酒もカロリー計算をすれば肥満や糖尿病は防げる

投稿日:2017/02/11 更新日:

一般的には、肝臓に対するお酒の影響にばかり気をとられがちですが、健康のためには、お酒のエネルギー(=カロリー)についても注意する必要があります。

というのは、アルコールは、もともと高エネルギーで、肥満の元凶になりかねないからです。

ビール大びん1本のエネルギー量は247kcalで日本酒1合だと193kcalもあります。ご飯茶わんl杯(150g)が220kcalですから、どちらも、ほぼそれに匹敵するエネルギーがあるといえます。

「お酒を飲んだ分、ご飯を食べなければいい」と酒飲みはえてして考えがちですが、これは誤りです。アルコールはエネルギー源になるだけで、ほかの栄養素はほとんど含まれません。

そこで、体に必要な栄養素はほかの食品から補う必要が出てきます。また、アルコールはほかのエネルギー源よりも燃えやすいため、本来のエネルギー源である脂肪や糖質は使われずに、体の脂肪組織に貯蔵されてしまいます。

これが肥満や糖尿病の一因となるのです。健康を維持するには、体に必要な栄養素は食事からきちんととることが基本です。アルコールはあくまでも噂好品、食事がわりにはならないことを頭に入れておかなければいけません。
アルコールのカロリーの目安は、以下のとおりです。

  • ビール 大びん(247kcal)
  • ビール 小びん(135kcal)
  • 日本酒 1合(193kcal)
  • ウィスキー ポケットビン(403kcal)
  • ウィスキー ダブル(134kcal)
  • ウィスキー シングル(67kcal)
  • ワイン 1杯(92kcal)
  • 焼酎(252kcal)

飲み過ぎの肝臓にはシジミのサプリ

-肝臓

執筆者:


  1. […] お酒を毎日飲む習慣があり、なかなか酒量が減らない現役世代は、お酒もカロリー計算をすれば肥満や糖尿病は防げるなども要チェックです。たとえば、毎日の食事で私募分の少ない食 […]

  2. […] お酒もカロリー計算をすれば肥満や糖尿病は防げる […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

酒飲みは「食べながら飲む」を習慣化する

本格的な酒飲みの中には、えてして物を食べずにお酒だけ飲むのを粍だとする考え方があるようです。つまみは塩でいい!とかつまみを食べると酒がまずくなる!という酒豪もいます。 冷や酒を満たした升のすみに塩をひ …

悪酔いを防ぐのは適量を守りチャンポンしないこと

種類の違うお酒を、いわゆるチャンボンで飲むと、悪酔いするとよくいわれます。この第一の理由は、飲む場所をかえる際の移動による疲労や、お酒の種類(濃度)の変化によってアルコールの絶対量がふえてしまうという …

肝臓に負担をかける薬はお酒と一緒に飲まない

医師から何か薬を処方してもらい、それを飲んでいるときは、アルコールの飲み方について必ず医師の指示に従う必要があります。 それというのも、薬とお酒をいっしょに飲むと、肝聴で薬を処理する速度が著しく遅れて …

肝臓を労るに週2日の休肝日が必須

体にとって最もよいお酒の飲み方は、1回の飲酒量を適量にし、しかも1週間の飲酒回数を少なくすることです。 アルコールを毎日飲んでいると、肝臓はそれになれてきてアルコールを速く処理するようになります。俗に …

日本人が肝臓の心配をせずに飲める量は日本酒換算で1日2合以内

「酒は百薬の長」といわれますが、それもほどほどの量での話。過ぎれば二日酔いや悪酔いたいを招き、ついには肝臓を傷める元凶と化します。 お酒は「百薬の長」か?[本当] そこで気になるのが、具体的にどのくら …