肝臓

お酒を飲む前に柿、りんご、いちご、みかんを食べると悪酔いしない

投稿日:

熟した柿や夏みかん、牛乳などのこれらはいずれも、昔から民間に伝えられてきた悪酔い防止の伝統食品です。ほんとうに効くのか半信半疑のかたも多いと思いますが、確かにいわれるだけの根拠はあるのです。

というのも、これらの食品には、アルコールの代謝を促進させるビタミンB2やC 、果糖、ブドウ糖、またアルコールの吸収を遅らせるタンニン、カフェインなどが豊富に含まれているからです。

柿については、京都府立医科大学での研究報告があります。これはウサギを使った実験で、複数のウサギに体重1kgあたり10%の潰さのアルコールを10ml飲ませ、それらのウサギを3つの群に分けて、柿ジュースをそれぞれ飲酒30分前、飲酒30分後、そして60分後に与えました。

次に、同じ条件で柿ジュースのかわりに蒸留水を飲ませたウサギ群と砂糖水を飲ませたウサギ群をつくり、柿ジュースを飲ませた3つのウサギ群と比較してみたのです。

その結果、柿ジュースを飲酒30分前に与えたウサギ群は、30分後と60分後に柿ジュースを飲ませたウサギ群、それに蒸留水や砂糖水を飲ませたウサギ群にくらべて血中アルコール濃度の最高値が低く、しかも、その最高値のあらわれも遅れ、低下は速やかになり、また、血中アセトアルデヒド濃度もかなり低い値を示したのです。

このような結果が出た理由はいうまでもなく、柿にはタンニン、ビタミンB2やC、ブドウ糖などが含まれているからです。同様の成分を含む食品は柿以外にも、いちごやみかん、りんご、レモンなどがあります。アルコールの吸収抑制だけからいえば、コーヒーや紅茶、緑茶、牛乳、チョコレートなども効果があり、これらについても実験で確認されています。

ただ、これらの食品から効果を得るには、のウサギの実験でもわかるように、食べるタイミングがポイントになります。いちばんいいのはお酒を飲む直前で、飲酒中でも効きめはあります。

飲酒後もすぐなら少しは効果がありますが、時間がかなり経過してからではほとんど期待できません。肝臓を守るための方法ではありませんが、ご飲んだお酒をすばやく体外に排出させてしま助っ人として、悪酔い予防には一定の効果があります。
シジミの効果、口コミはこちら。

-肝臓

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

肝臓に負担をかける薬はお酒と一緒に飲まない

医師から何か薬を処方してもらい、それを飲んでいるときは、アルコールの飲み方について必ず医師の指示に従う必要があります。 それというのも、薬とお酒をいっしょに飲むと、肝聴で薬を処理する速度が著しく遅れて …

酒飲みは「食べながら飲む」を習慣化する

本格的な酒飲みの中には、えてして物を食べずにお酒だけ飲むのを粍だとする考え方があるようです。つまみは塩でいい!とかつまみを食べると酒がまずくなる!という酒豪もいます。 冷や酒を満たした升のすみに塩をひ …

悪酔いを防ぐのは適量を守りチャンポンしないこと

種類の違うお酒を、いわゆるチャンボンで飲むと、悪酔いするとよくいわれます。この第一の理由は、飲む場所をかえる際の移動による疲労や、お酒の種類(濃度)の変化によってアルコールの絶対量がふえてしまうという …

肝臓を労る生活習慣の基本は食べ過ぎ・飲み過ぎに注意して肥満を防ぐ

腹八分目の食事が基本 肥満の原因の多くは、食べ過ぎによる栄養過剰。食生活の習慣はだいたい20歳ぐらいまでにできあがります。年をとると若いときほどエネルギーを必要としなくなりますが、年齢に合わせて食習慣 …

日本人が肝臓の心配をせずに飲める量は日本酒換算で1日2合以内

「酒は百薬の長」といわれますが、それもほどほどの量での話。過ぎれば二日酔いや悪酔いたいを招き、ついには肝臓を傷める元凶と化します。 お酒は「百薬の長」か?[本当] そこで気になるのが、具体的にどのくら …