肝臓

飲み会、宴会の前には少し体を横にすることで二日酔いや悪酔いを防ぐ

投稿日:

悪酔いや二日酔いを予防するには、飲酒の際に体調を万全に整えておくことが大事なポイントです。特に空腹での飲酒は二日酔いを最も起こしやすいので、「今日は、飲み会がある、宴会がある、接待がある」というようなときは、その日の昼食はしっかりとっておかなければなりません。

加えて、宴会などの直前にたとえ10分でも20分でも、横になることをおすすめします。たったこれだけのことで、体調が驚くほどよくなるものです。
横になるのがなぜよいかというと、体を休めるだけでなく、肝臓への血流量が数10% もふえるからです。肝臓の疲れがとれ、活力を高めることになるのです。なお、酔いが回ってからも、横になったほうが肝臓に負担をかけません。

GOT、GPTが高い、さらに値が不安定ならシジミ(シジミの使用感、口コミ)
https://memodiary.wp.xdomain.jp/archives/320

-肝臓

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

悪酔いを防ぐのは適量を守りチャンポンしないこと

種類の違うお酒を、いわゆるチャンボンで飲むと、悪酔いするとよくいわれます。この第一の理由は、飲む場所をかえる際の移動による疲労や、お酒の種類(濃度)の変化によってアルコールの絶対量がふえてしまうという …

リアルメイトのしじみエキスWのオルニチンで肝臓のぶつぶつ脂肪が全快

甘いものとお酒に目がない 昔からデザートは別腹で、とにかく甘いものが大好きで、満腹になるまで食べないと気が済みません。それでも体は太らずに、体重はずっと不思議と46kgを維持してきました。メタポリック …

肝臓を労るに週2日の休肝日が必須

体にとって最もよいお酒の飲み方は、1回の飲酒量を適量にし、しかも1週間の飲酒回数を少なくすることです。 アルコールを毎日飲んでいると、肝臓はそれになれてきてアルコールを速く処理するようになります。俗に …

肝臓を労る生活習慣の基本は食べ過ぎ・飲み過ぎに注意して肥満を防ぐ

腹八分目の食事が基本 肥満の原因の多くは、食べ過ぎによる栄養過剰。食生活の習慣はだいたい20歳ぐらいまでにできあがります。年をとると若いときほどエネルギーを必要としなくなりますが、年齢に合わせて食習慣 …

お酒もカロリー計算をすれば肥満や糖尿病は防げる

一般的には、肝臓に対するお酒の影響にばかり気をとられがちですが、健康のためには、お酒のエネルギー(=カロリー)についても注意する必要があります。 というのは、アルコールは、もともと高エネルギーで、肥満 …