肝臓

飲み会、宴会の前には少し体を横にすることで二日酔いや悪酔いを防ぐ

投稿日:

悪酔いや二日酔いを予防するには、飲酒の際に体調を万全に整えておくことが大事なポイントです。特に空腹での飲酒は二日酔いを最も起こしやすいので、「今日は、飲み会がある、宴会がある、接待がある」というようなときは、その日の昼食はしっかりとっておかなければなりません。

加えて、宴会などの直前にたとえ10分でも20分でも、横になることをおすすめします。たったこれだけのことで、体調が驚くほどよくなるものです。
横になるのがなぜよいかというと、体を休めるだけでなく、肝臓への血流量が数10% もふえるからです。肝臓の疲れがとれ、活力を高めることになるのです。なお、酔いが回ってからも、横になったほうが肝臓に負担をかけません。

GOT、GPTが高い、さらに値が不安定ならシジミ(シジミの使用感、口コミ)
https://memodiary.wp.xdomain.jp/archives/320

-肝臓

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

酒飲みは「食べながら飲む」を習慣化する

本格的な酒飲みの中には、えてして物を食べずにお酒だけ飲むのを粍だとする考え方があるようです。つまみは塩でいい!とかつまみを食べると酒がまずくなる!という酒豪もいます。 冷や酒を満たした升のすみに塩をひ …

悪酔いを防ぐのは適量を守りチャンポンしないこと

種類の違うお酒を、いわゆるチャンボンで飲むと、悪酔いするとよくいわれます。この第一の理由は、飲む場所をかえる際の移動による疲労や、お酒の種類(濃度)の変化によってアルコールの絶対量がふえてしまうという …

お酒を飲む前に柿、りんご、いちご、みかんを食べると悪酔いしない

熟した柿や夏みかん、牛乳などのこれらはいずれも、昔から民間に伝えられてきた悪酔い防止の伝統食品です。ほんとうに効くのか半信半疑のかたも多いと思いますが、確かにいわれるだけの根拠はあるのです。 というの …

肝臓を労る生活習慣の基本は食べ過ぎ・飲み過ぎに注意して肥満を防ぐ

腹八分目の食事が基本 肥満の原因の多くは、食べ過ぎによる栄養過剰。食生活の習慣はだいたい20歳ぐらいまでにできあがります。年をとると若いときほどエネルギーを必要としなくなりますが、年齢に合わせて食習慣 …

ゆっくり適量飲むことが百薬の長にする

少し前に、若者たちの間で「一気飲み」がはやったことがありました。大衆酒場などで、周りの人たちに「一気!一気!」とはやしたてられながら、ジョッキになみなみと注がれたビールやチューハイなどを息もつかずに飲 …